☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2008年05月11日

告知から10時間で5件のお申し込み

今日は朝からずーっと動き回ってました。
・9時〜13時:大手予備校で高卒医学部コース
・14時〜17時:塾
・18時〜24時:研究室OB会(大学理事、東工大の副学長、複数の学校の先生方、大手企業、教育心理学のエキスパート、項目反応理論のエキスパート(TOEICで採用されている採点方式です)…数えたら切りがないくらいのほんとにすごい面々のネットワークです。ほんとにすごい研究室を卒業したんだとビックリ…)


で…、先ほど帰宅しました。
そしたらあまりにもうれししぎるびっくりな現象が起きていました!!!


LFL勉強会の告知をブログしてから約10時間。
10時間であっというまに5件のご連絡をいただきました。あまりの予想外の数に少々戸惑っております。


今回は一般枠を3名までで考えておりましたので、2名の方はご参加できない…ということになってしまうのですが、先着といっても同じ日のそれにほとんど同時刻です…(^^;)


ですので、再度検討しなおし、次のようにいたしました。

注意書きにも書きました「LFLの関係者」には、別途時間帯でシークレット勉強会を実施し、本日ご連絡いただいた5名の方を勉強会へご招待いたします(^^)


以下のメンバーです。
記念すべき第1回となります。

簡単に受付時間とご挨拶を掲載いたしますね(^^)/


2:51 
増山さん、ありがとうございます。
大学院卒業のときやプレジデントファミリー掲載の際には、ご丁寧にメッセまでいただきました(^^)/

8:02
荻原さん、ありがとうございます。
公認会計士を目指してらっしゃるんですね!子供たちへの指導向けに開発をした問題集の使い方の構造化ですが、確かに大学生や若手社会人の方々にとっても応用可能かもしれません。
可能性を探っていただけるなんて私はこれ以上の喜びはありません(^^)/

8:23
市村さん、ありがとうございます。
特別な勉強とは何でしょうか。私も特別な勉強はしておりませんよ。絶えず向上心を持って取り組み続けることに意味があると私は思っています。一緒にがんばりましょう(^^)/

12:07
高木さん、ありがとうございます。
塾講師再開されたんですね!よい授業ができずに悩んでいるということですが、そもそも「良い」とは何でしょうか。良さの基準を明確することはとても大切です。評価基準の作成体験を通じて、少しでも良さとは何か明確になっていただけたらうれしく思っています(^^)/

12:53
菅野さん、ありがとうございます。
学習塾を経営されているんですね。目の前の子供たちの力をより多く伸ばしたいということですが、やはりそれには指導者自身の自己研鑽が何よりも大切なことと思います。一緒にがんばっていきましょう(^^)/



LFLの関係者は別途勉強会を実施いたしますので、参加人数ベースでは少なくなっております(アシスタントや発表者としているかもですが)。ご安心ください(^^)





6月1日(日)のLFL勉強会は即日定員数のため募集を締め切りました。


あらかじめご了承ください。



posted by yuichi_saito at 02:53| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

LFLの勉強会(指導にご興味ある方対象)

LFLでは毎月1回勉強会を実施いたします。

LFLでは子どもたちの学力低下の背景には、指導者の指導力不足の問題が隠れていると考えています。

仮に、年々子どもたちの学力が下がり続けていると仮定すれば、それはすなわち指導する側の指導力が年々下がり続けていることとほぼイコールです。


PISAをはじめ、日本の子どもたちの学力低下が叫ばれるなか、このような状況に歯止めをかけるべく、子供たちに指導する際のポイントなどを定期的に集まって、発表および討論を通じて、子供たちの学力向上をコンセプトとした勉強会を実施してまいります。


今回のテーマは以下です(予定)。
○効率よく点数に結びつける「問題集の使い方」の指導とは?
・そもそも学習とは何か?
・実績が証明する構造化された問題集の使い方

○評価基準の作成体験
・先生として、保護者さまおよび生徒にどう評価されたいか?

等々(他にもあり)…
を予定しております。


セミナーや講義のような一方通行ではなく、双方向のコミュニケーションをメインとした超小人数の勉強会を考えております。


ご興味のある方、ご都合のあう方がいらっしゃいましたらぜひご連絡ください。大学生、社会人などの年齢や、教育業界など業種は問いません。塾を経営されている方もぜひお話しましょう!

またお子様の指導で四苦八苦している学習意欲の高い保護者さまのご参加も大歓迎ですし、私と意見交換したいだけ…という方でも全然OKです(^^)/



以下、詳細となります。
○日時:6月1日(日)11時05分〜11時55分(約50分程度)
○お申込人数:先着限定3名のみ  *ただしLFL関係者を除く
(場所の都合や密なコミュニケーションを最優先させるため)
○参加資格:問いません
○場所:港区北青山2-10-20 井上産業ビル3階
    外苑前駅徒歩2分です

大きな地図で見る

外苑前駅3番出口より
1、目の前の横断歩道を渡り、右手(神宮球場方面)へ進む。
2、左手にファミリーマートを過ぎて、1本目の小路(熊野通り)を左折(角にリカーズ猪瀬)
3、ナチュラルローソンを過ぎて、すぐ右手。
4、緑の看板(青山プレップスクール)が目印。
5、ビルの3階へGO!

当日は、斉藤がビルの外でみなさまをお待ちいたしております。


○費用:4800円(税込5040円)
*場所代、飲み物代、印刷代、資料代などすべて込み
*私とお知り合いの方、優遇いたします。ご相談ください。
*継続参加(毎月第1日曜日の午前)をご希望の方、優遇いたします。ご相談ください。

なお、勉強会後、青山でランチタイムがあります(希望者のみ。費用別)ワイワイお話しましょう(^^)/



お問い合わせ・お申し込み・ご質問などはお気軽に saito@lfl.jp までお願いいたします。24時間以内にご返信いたします。


現状で満足することなく、ひとりでも多くの方々とより良い指導を実現できるように切磋琢磨できましたら幸いです。


私は今も「もっと伸ばせるはずなのに…」という信念を忘れてはいません。今後もがんばっていきたいと思います。




posted by yuichi_saito at 02:09| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

裁判、ぐだぐた

今日は3件回ってきた。
・銀行
・社会保険事務所
・東京労働局

その合間に買い物して、本を読んで、これからのことを考えて…


とにかくやることが減らん!!

それと…
やっぱりスピードがあがらない…
処理スピードが遅いのです。。。


慣れてることをしてるわけじゃないから仕方なんだけどさぁ(^^;)



でも一番初めよりは少しずつルーティーンが見えてきました。新しい生活リズムもようやく出来上がりつつあります。

スピードアップまでもう少しだー



で…

今日、東京労働局に行ってきた。
労災保険とか雇用保険とか保険のことで行ってきたんだけど、座って順番待っていたら、なんだかもめてるお方が…


「最悪、裁判になる可能性はありますよ。資本があるのに支払わない…(むにゃむにゃ)」


職員の方が説得してる。

ひとりの人が猛烈に説得していて、もう一人の職員の方が横で援護?してる??

そんな風景を見ました。



どんな状況なのかは知らないからなんとも言えないけど、裁判とか無縁な人生で生きたいものですね…

そんな争いごとは嫌ですから…
うん…





社会保険事務所も行ってきましたよ。

入ったらすぐに待合室みたいなところだったら、順番待ちのチケットとったらなぜか20人待ち!?

ありえねーと思ってしばらく椅子に座ったのは良かったもの…
周囲を見渡すと、どうも年齢層が高いのですよ。

どう考えても60歳以上の方々がメインな気がしておかしいことに1分後くらいに気付きました…

あたりを見渡すと…
年金受取?相談の窓口!?



普通に窓口を間違えました(^^;)
どおりでおかしいわけですよ。






最近はこんなヘマが多いのですが、きちんと現場に行ってお話きいてみたいと思ってあらゆる事務所に足を運んでます。

別にわざわざ行かなくても郵送とかネットとか代理人とかにお願いすればもっともっと楽になるんだろうけど、やっぱり現場は(も)大事だから。




教育の世界だってそうでしょ?

理論ばっかりじゃしゃーない。
(もちろん現場だけでもしゃーないです)

両方のバランスが大切。


理論ばっかりだと現場で細部の問題まで考慮することが難しくなってくる。現場ばっかりだとどうしてそうなっているのか理論的背景のことが見えなくなってくる。


数学で言ったら、そもそもどうして方程式が中学1年生から導入されてるのか…とか現場の先生で説明できる人はどれくらいいるんだろう?

と、ふと疑問に思ってみる。




と・・・
ぐだぐだな日記なのですが、どうかお許しください。

コツコツと準備を進めております。
同時に塾も予備校も面談も面接も指導も企画も構築も書類作成も運営も学習法コンテンツも書籍執筆コンサルティングも営業もやっております。


とにかく若いときは何でもやることが大事です。
あらゆることに挑戦しながら学んで学んで学んで成長していきます。




それがLFLの理念ですから(^^)/

トップが一番学ばなきゃねー☆


ではでは☆




p.s.
まずは1日の労働時間を15〜18時間くらいにしましょ。休日なんぞいらんし。それが普通で、大事なことはここからです…


そもそも効率…


って書こうかと思ったけど今日はちょいとやめます。また長くなってしまうので…

いつか書きますね…



あっ…

あと最近人気のある人材教育系の会社の社長が書いた本を読みました。3部作で…(って書くと知ってる方にはどの会社なのかばれるかも)

でもまぁ確かに売らないと生きていけないのが資本主義の世界だからしかたないとは思います。3部作にして、それぞれの本に他の2冊の事柄へのリンクを書いたりするのもこのお方にとっては売るための仕組み
なんだろうなぁきっと。


そんなことよりもっともショックなのが…

私にはさっぱり教育には思えませんでした。
それは洗脳でしょーと思うのは私だけでしょうか。


「教育と洗脳」

みなさんはこの違いをどう考えてますか?

posted by yuichi_saito at 01:07| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

同じOBでいいのかな

心理学の世界で市川伸一先生をご存じない方はいらっしゃらないと思う…


それだけすごい先生だと思うんだけど、実は同じOBというくくりになってしまうらしい…(^^;)

これまたビックリです。
ホントに同じOBということでいいのだろうか…



ということで、今週末に毎年恒例のOB会があります。



市川先生にお会いできるチャンスです(^^)/
でも、声かけられないよ…たぶん。。。


どぅしよ…

posted by yuichi_saito at 02:00| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

GWの略とは?

GWも終わりましたね!

今日もわたしはGWでした(^^)/

わーい、わーい!!
楽しかったです(^^)


って…
ところでGWって何の略のことでしょう?




Golden Weekが一般的ですが、私は違いますよー




私の場合はGolden Workのことです(^^)/



今年もとても楽しいGWでした。
来年も楽しいGWだといいな(^^)


それではー☆


p.s.
今年は、当然のことながら…
LFLロゴ3.JPG

↑こやつ関連のお仕事づくしです。

指導関係は当然のこととして、業界屈指の販売部数がすでに確約済みの数学問題集のコンサル業務に…




まさか自分がこんなことになるなんて思ってもみなかったです。教育業界に入って早8年目。

8年前の私には、その2年後に大手塾で成績上昇でトップになるなんて思ってもみなかった。ひたすら一生懸命目の前の子どもたちができるようになるためにがんばってただけだから。

6年前の私には、その2年後にまさか家庭教師のグループを作ろうなんて思ってもみなかった。ひたすらできない子供たちができるようになるためにがんばってきただけだから。

4年前の私には、その2年後にまさか大学院に入学してようなんて思ってもみなかった。ひたすらできない子供たちができるようになるためにがんばってきただけだから。

2年前の私には、その2年後にまさか会社を作ったり、業界でトップの販売部数がほとんど確約されたような問題集に携われるなんて思ってもみなかった。ひたすらできない子供たちができるようになるためにがんばってきただけだから。

そして…

これから2年後どうなるのでしょうか?

おおざっぱにみると私はどうやら2年単位で想像もしなかったようなことをしているようです(^^;)

また2年後が楽しみですね!!


posted by yuichi_saito at 00:43| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

極秘レポート2

昨日に続いて、極秘レポートを作成中…

一回目の改善が終わりました。
080505_2207~0001.jpg

ボリュームが一気に2倍以上になった(^^;)


これから3回目に突入します。

3回目の改善テーマは以下です。
・できる限り視覚でも訴えられるように図表化の検討と挿入
・挿絵などの検討と挿入



ちなみに、改善や改良をするときは、ある程度時間をおいて寝かしたほうが良いです。

ずーっと同じことをしていると、人間は同じ思考でものを見てしまったりするので、時間をおいて見直してみることで、最初に気付かなかったことに気づくことができたりします(^^)/

また、場所を変えることも大切です。
同じ場所でやっているとこれまた同じ思考になってしまったりします…



★改善・改良の際のポイント
1、時間をおく
・1日後
・1週間後
・朝、昼、夜、深夜など時間帯による違いも
など

2、場所を変える
・事務所で
・喫茶店で
・ファミレスで
・電車で
など


この2点を意識して改善・改良をしましょう(^^)

ちなみに、「1、時間をおく」というのは、試験における見直しをする作業のときも大切です。

あっそういえば…
試験のときの間違い直しについても手順化しているので、そっちのレポートも作成しなきゃだー(^^;)

間違い直しの手順については、私が中学生のとき手順化したものがあります。

私は、中学生のころ、変な間違いで20点分くらいいつも間違えていて、どうしたら勘違いや間違いを減らすことはできるのか?をずっと考えていました。

この間違い直しの手順化を考案したことによって、あきらかに自分よりも実力が上位の友人であっても、点数的には並ぶことが可能になりました(実力があるかどうかは、普段接していればわかります)。

この法則があるので、それもレポートにしますね…(一般公開するかどうかは検討してから、です。少なくともLFL関係の方にはお伝えします)






単に「見直ししなさい」というだけの無責任な先生にはなりたくないからね…(^^;)

教える以上はきちんと役立つ形で教えたいものです。





p.s.
大学院に行っていかなかったら、改善ということを意識することはなかったと思う。これはまさしく教授の教育効果です。

ありがとうございます。
尊敬してます。





p.s.のp.s.
レポートの文章チェックお願いしました。
ブログのように曖昧にしたくないのです(ブログの場合の目的は、毎日書くことなのである程度曖昧になっても仕方ないと思ってます)


できる限り意味を1通りにしか取れない(解釈によっては2通りの意味にとれない)ようにしたいのと、再現性あるものにしたいと思ってます(^^)/



東大院の博士課程の哲学関係方にお願いしました。
もちろん私のグループ関連の方です。

私は、哲学は、曖昧さを一切排除する傾向にあると思ってます(というが学問全般がそうか…)。そういう意味では数学と似ていますが、哲学は言葉を使って曖昧さを排除するので、そういうご専門の方に読んでいただいたほうが良いだろう…ということで(^^)


がんばります。

posted by yuichi_saito at 00:42| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

極秘レポート

極秘レポートを作成中…

たたき台が完成しました。
たたき台1.bmp


今、このたたき台をもとにして改善・改良を加えてバージョンアップをしています。



この極秘レポートはわたしがこれまでありえない実績を出してこれたもっとも根本にある「問題集の使い方」に関するものです。

LFLのメンバーでも全容を知っているのは一部の方のみ?のノウハウが凝縮されてます。


しかも超簡単で超効果抜群!


このノウハウを全くご存じでない方であっても、使えるように暗黙知から形式知に落とし込んでます(^^;)


LFLのメンバー全員で共有するのは当然として、LFLの家庭教師にご興味をもっていただいたご家庭に限定的に無料で贈呈するために作成してます。

最低でも4回程度バージョンアップしてから…と思っています。今は2回目です(^^)/



現在上記と合わせてWebサイトも構築中です…

とにかくやることがありすぎてビックリ仰天していますが、確実に結果を残し続けられるようにコツコツと自分なりに邁進していきます。



今後の方向性としては、私が作り上げてきた指導の仕組みをどんどん暗黙知から形式知に落としこんでいきます。それらについては、LFLのメンバーには無料で指導資料として使えるようにCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)に登録していきます(もちろん私以外のメンバーの方の指導法なども検索できるようになっており、現時点で単純に30〜40程度はあります。全員で指導法を構築しているのでどんどん増殖しています)。


これによってLFLに入ってくる方々はいつでも指導資料としてCMS内で検索して入手できるようになります。

また、一般にも公開する方向で考えていますが、一般公開する場合には販売する形でご提供しようと思ってます。

ちなみに、一般公開する場合は、ある程度値が張るかもしれません…。LFLで一緒にやっていきたいと思う方は別として、一般の方であればどうしても入手したいと考えている方のためだけに提供していきたいと思っています…




また、LFLでは毎月有料勉強会も実施します。
LFLのメンバーは無料です。外部の方は有料になります。

主な対象は下記です。
・教員になりたい人
・教育業界を目指す人
・本気で指導の質を向上させたいと考えている健全な塾経営者や講師陣


詳細はまた後日、ブログやWebページ、メルマガなどでご紹介させていただければ幸いです。




LFLは「学習×コンサルティング」を目指しています。

また将来的には、教育業界の登竜門としての位置づけになることを意識しています。



がんばります。




p.s.
LFLロゴ2.bmp
では、生徒指導について意欲ある方との出会いを求めています。

特に、将来コンサル系を目指している人にとっては良き訓練の場になることと思います。

このお仕事は、問題発見力・問題解決力を実際の生徒指導の場面で活用することで、自身のスキルアップに直につながります。

・子供たちが「なぜ」つまづいているのか?
・子供たちに「どう」教えたらよいのか?
・そもそもそれは問題なのか?
・それを考える必要はあるのか?
・それだけを教えれば十分に得点できるのか?
・学校の定期試験の予測はその分析法で正しいのか?
・もしかしたらここがまずいのか?
…他にもたくさんありますが、これらのような絶えず思考を必要とし、仮説検証をしながら、子どもたちの学習における問題を解決していくのがこのお仕事です。

単純にアルバイト感覚ではつとまりませんが、より高みを目指したい人はぜひLFLにいらしてください(^^)/

ご連絡はcontact@lfl.jpまで。
posted by yuichi_saito at 00:56| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

これぞ『先生』に選ばれました!!

びっくりした!!

これぞ『先生』の3名の中の一人に選ばれました(^^)/→こちら

とてもうれしいです(^^)
ありがとうございます。


○1人目
ワタミフードサービス社長であり郁文館夢学園の理事長でいらっしゃる渡辺美樹さん

○2人目
ヒキョーな化学の著者であり、塾ブロガーでアクセス数圧倒的1位を誇るみかみ塾のみかみ先生

○3人目
LFLの斉藤さん…(^^)/
↑ってお恥ずかしいですが、わたし自身です




お母様、ありがとうございます☆

私なんてお二人に比べればまだまだ未熟者ですが、これからも精一杯自分なりにがんばっていきます!!

よろしくお願いします(^^)




p.s.
お母様が作るオーダーメイドのブリザードフラワーはとても繊細でめちゃめちゃきれいなんですよ!!

私も指導などでお伺いしたときに見たことあるのですが、もらった方はとてもうれしいだろうなぁと感じてます。

よろしければみなさんもプレゼントにおひとついかがですか?


私自身も単純にほしくなっちゃいます…
大学院の卒業式でいただいたお花はもう枯れちゃいましたが、ブリザードフラワーなら数年持ちますしね(^^)

より長く記念に残しておきたいときは持ってこいです!!







posted by yuichi_saito at 03:03| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

LFL誕生!!生まれ変わりました!!

保護者さまやその他一部の方々、先生など関係者の方々には一般公開する前に先にご紹介しておりますが、この度これまで運営していたグループが新しく生まれ変わりました。

その名は…

LFLロゴ.bmp

「エル エフ エル」と読みます。

色々な名称で悩みました。
どれもしっくり来なくて・・・(^^:)


上記は、新しい家庭教師グループの名前でもあり、会社名でもあります。


正式名称は「LFL株式会社」となります。





少々長くなりますが、LFLの由来をご説明いたしますね。


Q、LFLって何の略?

会社ってたくさんあります。道を歩けば社長にあたる…。社長は紙を役所に出せばだれだってなれます。

一番大切なことは、会社を通じて何をしようとしているかではないでしょうか。

きっと一つひとつの社名に色々な想いが込められていると思いますが、LFLにも想いが込められています。

実は、この社名(グループ名)には他にはない2つの秘密があります…




*秘密1…LFLってそもそも何の略??

答え…LFLの正式名称は実は完全に決まりきったものではありません。

みなさまにしっくり来るほうを選択していただいております。具体的には、Learning(学び)とLife(人生)とがFor(目的)を軸として、それぞれ入れ替わります。
  

あなたはLFLを次のどちらの意味で捉えますか?



選択肢1…Learning For Life 〜人生のための学びを〜

LFLでは、人生というフィールドをより充実したものとするためには、日々の学びがもっとも重要であると考えております。LFLと関係をもった方々全員が人生という長いスパンを広い視野をもって学び続けることができるようにとの願いを込め、このような社名にしました。
 
人生をよりよく生きたいという目的意識を常に持ち続け、日々学び続ける組織でありたいと思っております。



選択肢2…Life For Learning 〜学びのための人生を〜
 
LFLでは、学びのために人生があると考えております。人は母親のお腹の中から生まれてから死ぬまで常に学び続けています。言い換えれば、学ぶことそのものが人生であるといっても決して過言ではないでしょう。

LFLと関係を持った方々全員が、日々学び続けるという目的意識を常に持ち続け、より良い人生を作り上げていきたいと思っております。




・Learning For Life 
・Life For Learning



あなたはどちらがお気に入りですか?



LFLをどのように意味づけするのか、決めるのははあなた次第です。






*秘密2…LFLを小文字にすると??

答え…会社を関数として捉えてます!?

意味…LFLを小文字にすると面白いことが起きます(^^)/
小文字にするとlflと表現されますね!

実は、小文字にすると数学世界では「絶対値f」と読めちゃうんです。fは数学世界では、ファンクションのf、つまり関数のことを指しています。
   

関数という言葉について、目の前にある辞書を引くと次のような記載があります。

「二つの変数 x と y があり、入力 x に対して、出力 y の値を決定する規則が与えられているとき、変数 y をx の関数という」


上記の内容をLFLなりの解釈として書き換えてみます。

「二つの変数 x と y があり、入力 x(初期状態) に対して、出力 y(卒業状態) の値を決定する規則(会社)が与えられているとき、変数 y をx の関数という」



入力をLFLに関わる前の初期状態、出力をLFLに関わった後の卒業状態、規則を会社になぞらえていますが、初期状態と卒業状態の差こそが、LFLの存在意義ととらえ、絶えず学び、全員が成長していってほしいと考えています。


生徒たち、先生たちをはじめ保護者さま共々、それこそ関係を持ったすべての方々がLFLを通じて、学習し、成長し、その後の人生を生きていく上での無限の可能性を切り開けるようになることを目指しています。

LFLの理念図ver1.bmp

また、絶対値がついていますね。
絶対値は数直線上の原点からの距離をあらわします。

これをLFLなりに解釈すると次のようになります。
原点とは、出発点です。
出発点とは、LFLに関わる最初の点を指します。
LFLと関わることで、たくさん学び成長し(絶対値を大きくし)てほしい、という思いを表現するためにこのような社名にしました。

LFL理念図ver2.bmp


以上がLFLの由来です。


LFLでは教育事業を柱としています。
既存の教育機関では成しえなかった新しいことをどんどん挑戦します!!

・学びに興味のある方!
・コンサルティングに興味ある方!
・問題発見&問題解決に興味ある方!
・リーダーに興味ある方!
・指導法に興味ある方!
・勉強法に興味ある方!
・組織に興味ある方!
・デザインに興味ある方!
・とにかく人に興味ある方!
・不可能を可能にすることに興味ある方!
・斉藤に興味ある方←(^^;)

どしどしご連絡ください!!

めちゃめちゃ人手不足なのです…
→contact@lfl.jpまで




p.s.
簡単に代表者の略歴をご紹介いたします☆
時系列にて自己紹介したいと思います。


○1982年
埼玉県岩槻市生まれ
岩槻小、岩槻中を経て

○2000年 
埼玉県立越谷北高校卒業
中学時代に塾でお世話になった数学の先生のようになりたい、という夢を描く

○2001年(18歳)
東京都立大学 理学部 数学科入学
・2001年6月(18歳)
 神奈川県最大手の集団指導塾にて、研修
・2002年(19歳)
 大手塾にて中1生約60名の学年主任を歴任 
 社員を含め、生徒の成績向上でNo.1を獲得(110教室中)
・2003年(20歳)
 授業以外に塾の運営面にも興味が沸く
 (授業だけでなく環境も用意する必要性を感じる)
・2004年(21歳)
 家庭教師にて「成績3」の子を半年で模擬試験満点(首都圏1位)まで導く
 自分の能力の限界を感じ理論的側面を学ぶことを決意し、大学院進学のための勉強を始める 
・2005年(22歳)
 学習における問題解決を専門とする家庭教師集団educationalgroup設立
 大手予備校の高卒医学部コースにて補助教員(現在も継続中)
 塾・家庭教師・予備校指導日記☆を書き始める
(ブログはgoogle検索「家庭教師」「数学」の2単語にて1件目を継続中)
       
○2006年4月(23歳)
東京工業大学大学院 社会理工学研究科 人間行動システム専攻入学
修士論文「数学的な考え方の実践的活用力を育成する授業のモデル化とその設計指導のシステム化」  
・2007年7月(24歳)
 青山プレップスクール 数学科主任&塾運営のアドバイザー
 (立ち上げから運営まで携わる)
・2008年3月(25歳)
 プレジデントファミリー5月号「信じていいの?塾講師の言葉」にて、最年少コメント者として引用される     
    
○2008年4月(25歳)
LFL株式会社 代表取締役 就任
・日本の教育業界をより良いものにするために、念願のスタート地点に立つ
・会社設立後24時間以内に最初の案件として、問題集執筆のコンサルティング業務が早朝4時に確定
(初版○万部の超大型で夏休み直前に発売予定。各書店で平積みされます、たぶん。現在、進行中)




これから一緒に教育産業の歴史を作っていきたいと思っている方々との出会いを求めています。

どうぞよろしくお願いします。

ご連絡は…
contact@lfl.jp まで
posted by yuichi_saito at 01:53| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

関係者入口

先日、幕張メッセで行われた吉本興業のほとんどの芸人が集う生お笑いライブに行ってきました→こちら

朝と夜に指導が入っていて、その間の2時間くらいだけすが…(^^;)



お笑いは好きなんだけど、ライブに出かけるほど好きというわけではない…


でも、今回ある方からチケットを頂いたので、行ってきましたよ。


しかも関係者用のチケットで…(^^;)

どうやらテレビ関係者の方からもらったチケットらしい…




…そうじゃなくて、芸人さんってほんとに頭がいいなぁって常々思う。あんなに頭良かったらどの世界に行ってもやっていけるんじゃないだろうか?


今田耕司とか山崎邦正とか。

あれだけの演技がどうしてできるんだろう?



徹底的なキャラ演出は凄すぎるとしか思えない。
自分が何者になるのかをきちんと把握できてるあらあれだけのものを提供できるんだろうけど…ってことはやっぱり、相当メタ認知能力が優れてるんだろな…


私はあそこまでできるんだろうか?と単純に思ってしまうんだけど、やっぱりできそうにないかも…(^^;)


作るキャラは好きじゃないし、性に合わないしなぁ。。。




自分はあくまでも自分でいきたいです。
何者でもなく、単なる自分です。

そう常々思う今日この頃でした。


p.s.
チケットありがとうございました。
当日券…8000円もするんですね(^^;)


それにしても…
・あーいう舞台を作り出す側の仕事もしてみたい!
・サポートできる企業になりたい!
と純粋に思いました(^^)





あっ…
お笑いと学習かぁ

・笑いながら学習できちゃう教材
・学習しながら笑っちゃう教材

なんてできませんでしょうか?
笑うことは身体にいいし、そんな教材ないかなぁ…


posted by yuichi_saito at 04:05| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

USBを洗いました

USBを洗ってしまった…

ワイシャツのポケットにUSBを入れたまま、洗たく…



大失態をしましたよ。。。




ということで、洗った以上は乾かしましょう…ということで、きちんと水分を飛ばして復活してくれるかなぁ。。。



携帯電話とかも水にぬれてもちゃんと乾かしてから電源入れれば復活するんだよね?確か…


濡れてる状態で電源入れてショートさせなければいいんだと思うんだけど、なんとかなるだろうか?



とりあえず干します(^^;)


はぁ…
データ飛んでしまったらどうしよう。。。



先日、バックアップとったばかりだから被害は数日分だけのデータですんだのが唯一助かった点でしょうか…



今度は洗わないように工夫しておくぞー(^^;)



p.s.
今日、新入社員の営業マンとおしゃべりしました。
営業しにきたわけではなかったらしいのですが、たまたま営業になってしまったという…(^^;)


単純に1年目の方に会えてうれしくなりました(^^)

同じ1年生ですね!
お仕事がんばりましょうー




posted by yuichi_saito at 02:13| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ