☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2008年05月25日

ご連絡ありがとうございます。

6月2日にお会いできることを楽しみにしてまーす(^^)/
posted by yuichi_saito at 12:50| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルマガ優先受付開始します!!さらに同時スタートしちゃいます!

お待たせいたしました!
6月1日よりいよいよ「LFLの家庭教師」と「LFLの勉強会」が本格始動をはじめます(^^)/

現在、せっせかと準備しておりますがとにかく時間が足りなさすぎてびっくり…(^^;)

6月1日の本格始動になんとか向けてがんばります☆


で…

ちょっとだけ先にご紹介しちゃいます(^^)

●LFLの家庭教師
「LFLの家庭教師」は、先行受付としてメルマガご登録者の方のためだけに優先的に予約受付をいたします。

「LFLの家庭教師」は、規模の大小で評価されるのではなく、目の前の子どもたちが確実に力をつけられる組織として評価されたいと考えており、量的な実績および質的な実績を重視する新しい組織です。


また、ひとり一人の子供たちに対して代表の斉藤自らが面談やご相談を受け付けいたしますので、大きな組織にはできません。どの時点で定員となり、生徒募集の受け付け終了となるのかわからないことをあらかじめご了承ください。

ご興味ある方は、今からでも間に合いますので優先受付が可能なメルマガにご登録してくださいね(^^)/優先受付の案内情報はちょうど1週間前の24日(土)24時に配信予定です。よろしくお願いいたします。

(旧グループであるeducationalgroupのメルマガをご登録されている方はあらたにご登録の必要はありません。そのまま同MLを使用し、引き継ぎいたしますのでご安心ください)。


たぶん本日はじめてこのブログに遊びに来ていただいている方もいらっしゃるかと思いますので、代表の経歴を掲載します(^^)/

このブログの左サイドバーにある指導実績一覧という括り方ではなく、これまでどんな経験を通じて、ここまで来たのかのひとつの目安になるかと思いますので(^^)/


☆塾業界
1. 大手進学塾での集団塾講師(社員含め1位を獲得、4校舎で指導経験あり)
2. 大手進学塾での個別指導塾講師
3. 個人塾のゼロからの立ち上げアドバイス
4. 広告を一切出さないこの道30年以上の知る人ぞ知る名個人塾代表との対談
5. 数多くの塾室長および経営者との対談
6. 数多くの塾主任クラスの方々との対談

☆家庭教師業界
1. 家庭教師センターでの派遣指導(大手、地元密着ともに経験)
2. 元学校教師らが運営する家庭教師派遣センター代表のお子さまの指導
3. 家庭教師での個人契約指導
4. CMや雑誌に出演しているプロ家庭教師との切磋琢磨

☆予備校業界
1. 大手予備校の高卒医学部コースでの指導(トップクラスの生徒指導)
2. 大手予備校の現役高校生コースでの講師補助
3. 大学入試問題の作成経験者とのネットワーク
4. 大学入試問題の正解速報作成者とのネットワーク
5. 大手予備校の人気講師および事務さんとのネットワーク

☆出版業界
1. 中学入試の過去問題集の解答編集業務
2. 高校入試用問題集の執筆協力
3. 大手家庭教師派遣センターで用いられる模試問題編集チェック
4. インド式算数の問題集の執筆者とのネットワーク
5. プレジデントファミリーへの取材協力
6. ○○ゼミの教材作成者とのネットワーク
7. ○会の添削者とのネットワーク

☆学校業界
1. 東京工業大学大学院での教師教育・授業設計・数学教育に関する研究
2. 大学および大学院での教職課程(教員免許最高峰の専修免許状取得済)
3. 公立および私立の大学、高専、高校、中学の教員とのネットワーク
4. 高校の教頭先生との現場教員マネジメントのお話
5. 高校での補習授業
6. 大学の教育系サークルとのネットワーク
7. 藤原校長が率いる和田中への視察および土曜日寺子屋(ドテラ)見学

☆その他
1. 教材販売会社でのテレホンアポインター(営業会社を経験)
2. 有名企業トップクラスの方々とのお話(教育観をメインに)
3. 企業における人材教育コンサルティング担当者とのネットワーク
4. 東京都の教育庁に務める友人(大学院の同期)
5. 障害児童支援サークルでの水族館引率経験
6. 教育家庭新聞 学校経営者向けセミナーにて 初の大学院生が参加
7. 日本初の株式会社立学校(朝日塾中学)理事長との会話
8. 夜回り先生こと 水谷先生と交わした一言
9. カリスマ体育教師 原田先生の講演会への参加
10. ヤンキー先生こと 義家先生の講演会への参加
11. ほぼ毎日3年以上のブログ更新(goolge検索「家庭教師」「数学」にて1位)

上記は、Webページのごあいさつの一部にも書いたのですが、自分であらためて振り返ってみると、そうそう簡単にまねできるようなレベルの経験値を積んできてないんだな…と実感しました(^^;)

ですが、今もなお「もっと伸ばせるはずなのに…」という思いを持ち続けております。

・子供たちの能力を最大限に伸ばしてあげたい!!

上記の行動のすべての根本はこの思いから来ています。
より実現できるよう今後も取り組んで参ります。






●LFLの勉強会

6月1日の勉強会については、こちらをご参照ください。
第1回は開催告知10時間後の即日締め切りになってしまったので、ほんとビックリしてます(^^)/
皆さまからたくさんのご声援をいただきまして本当にありがとうございます。子供たちのためにも切磋琢磨できるようがんばりましょー(^^)/

参加者の皆さまにおかれましては、お会いできることを心より楽しみにしております。


で、次回以降のLFLの勉強会についてですが、基本的には次のような優先順位での受付となる予定です。


1.LFLの家庭教師関連の方とその友人
2.前回のLFL勉強会参加者とその友人
3.「LFLの勉強会情報」メルマガ購読者
4.ブログでの一般受け付け
5.その他、一般受け付け

*代表の斉藤が特別措置を講じている場合は上記順序は関係ないものとする


定員数などは各回によって、変化する可能性があります(できる限りご要望にお応えできるようにしたいと思っております)が、基本的には定員いっぱいの時点で受付を終了させていただくことになります。

たとえば、2の時点で定員となってしまい、受付終了となってしまう場合は3のメルマガ告知の時点ではすでに受付終了となっております。

また3の時点で定員となってしまい、受付終了となってしまう場合は、4のブログでの告知での時点ではすでに受付終了となります。

原則は、2の時点でいっぱいになってしまう場合には、別時間帯でも新しくクラスをご用意しようかと考えておりますが、3のメルマガの時点で定員いっぱいの場合には、クラスを増やすことはいたしません。


ですので、もしご興味ある方がいらっしゃいましたら、優先的に案内が届くメルマガのご購読をお勧めいたします。

なお、下記のバックナンバーはまぐまぐの審査用に仮作成したものです。7月度の正式なご案内は、6月上旬に配信予定です。よろしくお願い申し上げます。


メルマガ登録・解除


 





ではでは、がんばりましょー!!
posted by yuichi_saito at 00:00| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ