☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2008年08月18日

3日間を振り返る

3日連続で集まりがありました。

私はあまりお酒が強くないので、2杯くらいで十分なんだけど(安上がりな人です…笑)、たぶん生まれて初めて3日連続飲んでみました(この年齢ではかなり珍しいかも…です)。

いろんな刺激があって、いいものですね!!

会話の内容がそれぞれ異なっていてやっぱり面白いというかなんというか…


私のイメージの中では、この3連ちゃんの集まりは、「横⇒縦⇒横」というそれぞれのつながりの印象です。(横は同年代、縦は年齢層に幅があり…)

で…


話題はいろいろあるわけだけど、この3日間でもっとも実感したのは、自分が特殊な道を歩んでいるのか…ということを再認識するきっかけになりました。


大学院を出てからすぐ会社を作る人って、アメリカのほうでは日本よりも盛んだけど、日本ではまだまだやっぱり少ないのかな?

ある方は次のような趣旨のことを言っていた。


「みんなやるやる言ってるけど、本当にやってる人がいない」


なんというか私の場合は、もういたって普通の感覚でやっていて、あまり自分が特殊のように思ってないけど、どうも大手企業に就職してる方からするとやっぱり特殊なのかもしれません…


私はわが道をいきます。

自分の本当に目指している教育をもがきながらも実現させたいだけです。それには自分で作ったほうがより実現できるでしょ?

ただそれだけなので…


私はマーケットがうんぬんとか、あまりそういうことを考えてない。きっと経営者失格なんだろうなぁ…と思いつつも、私は私の考えに賛同してくださる方々に対して、目一杯のことをするだけです。

学校教育は万人受けしないとダメだけど、民間教育の場合はそういうことを考えなくてよいですし…



それと、経営者というと、どうもある一定の割合で、

「ベンツに乗りたいの?」

といった疑問が出てくるみたい。


私のスタンスは、ベンツに乗るくらいのお金があったら、人に投資して人を育てたい…という思いのほうがよっぽど強いです。



でも、ある人はこの意見に対して、

「社長なんだから、ベンツに乗って箔をつけないと」

といったような意味合いのコメントをすることがあるわけだけど、私が思うのは、仮にもし従業員に社長というステータスを見せたくて、ベンツに乗るとすれば、それは、社員のモチベーションがそういう部分を中心に維持することになってしまって、結局、そういう社員しか集まらないし残らないんじゃないかって思ってしまう。

それが狙いでそうするんだったら別に構わないとは思います。

もちろん趣味という意味合いもあるだろうから、それはそれで構わないとは思います…


君たちも私のようにベンツに乗りたいならがんばりなさい的な感じでも…




でも、それって私が目指しているものではない。


別にベンツに乗って、何になるのかよくわからないし、大きな豪邸に住んで何になるのかもよくわからない。

それだったら、そのお金をもっと自己投資して自分の勉強代にしたり、人を育てるお金にしたりして、みんなでより能力を高めていきたいと思ってしまう…

それこそ、人生の幸福というか何というか…




お金をどう使うかってたぶん人間性がめちゃくちゃ出ると思います。私の場合は、自己投資に回す割合が飛躍的に大きいです。人を育てるために指導して得た対価を、人を育てるために使ってます。


つまり、お金を媒介変数として、

人を育てる⇒お金を得る⇒人を育てる

という流れになってます。


ある本には稼いだお金の5%を目安に自己投資を…と書いてあったけど、わざわざ本でそういうことを書くくらいだから、もしかしたらたった5%すらも自己投資に回していない人が大半なのかな…と思うとビックリするもん…


その数字って、わざわざ目指すべき数字なのかよって…





まだまだわからないことだらけで、自分の力が全然足りないことを日々実感してます。


もっともっと能力がほしいです…

頭がよくなりたい。



いろいろ失敗しながら日々実践していきます。







posted by yuichi_saito at 01:19| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ