☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2008年11月07日

家庭教師業界の全体像を把握する

家庭教師業界の全体像把握を行ってます(^^)/

現在のところ、私が認知しているだけで250業者くらいです。私の調べ方で行けば、たぶん300業者くらいになるかと思われます。


もちろんすべての業者を隅から隅まで知ることは当然できなくて、少なくともHPを持ってないところはまず認知できません…(^^;)

こればっかりは仕方ないです…


家庭教師業界の場合は、たぶんロングテール現象が起きてると思うんだけど(他の業界も同じか?)、あまりにも小さすぎる業者だったりネット世界に登場していないところは、そこまで気にしすぎても仕方ないかな…と。


だからネットを使った調査方法を採用していて、以下の手順で調べてます。


@googleおよびyahooの「家庭教師」の検索順位10ページ目までの業者を把握
A各業者の相互リンク先の業者を把握


この2ステップでほぼ目的は達成できるんじゃないかな(^^;)


10ページ目までに絞ってるのは、これ以上やると効率が落ちると思うんですよ。極端な話100ページ目まで調べてもいいんだけど、そうすると同じ業者の違うページが出てきたり、余計な情報ばっかりを目にすることになると思うから、その部分をカットしたい…

かと言って、出てきたばかりの勢いのある新興勢力にも注目したいと思ってます。ただ、新しいところはネットを使うのは当たり前だと思うから、おそらく10ページ目までに出てる業者への相互リンク申請もしてるんじゃないかと。



完全に全体把握を行うことはできないのは事実です。これはどの業界でも同じことが言えると思います(だからこそ、統計学が生きてくるんだとは思いますが)。

ただ、時間・労力との兼ね合いを考えたりすると、全体把握を行うことそのものが目的なわけではないので、どこかで調整しなくちゃですね(^^)

ということで、今回のような形での調査にしました!!



全国の方々にご挨拶にいかなきゃだー(^^)/
よろしくお願いします☆



そうそう。
最近、こっちもはじめました!

さぁ、どうなることやら…(^^;)









posted by yuichi_saito at 11:02| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。