☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2008年12月14日

「家庭教師」という単語をほんとに使いたくない…

昨日はカウンセリングがありました(^^)/

LFLは、基本的にご家庭のための家庭教師を目指しているので、カウンセリング実施を行う機会を設けていますよ。




もちろん普段から、その子の学習状態の"全体像"をチェックできる人ってそうそういないから、LFLで教えている先生がチェック機能の役目を果たしてます(^^)

塾は塾。学校は学校など、それぞれの部分については相談できても、塾と学校とのバランス状況、子どもの部屋状況、普段の生活習慣、保護者さまの教育スタンスまでを考慮してアドバイスをできる人ってそうそういないじゃない?

だから真の意味で、その子にまつわるすべての環境を考慮した上でのアドバイスができたらいいなと思ってます。





でもね、普段から接している先生からのアドバイスだと少しずつ甘えの部分とか、見えない部分がたくさん出てきてしまうんですよね…

それがまた問題になります。



だからこそ、私がカウンセリングに入る意義があります。

普段は、それぞれの先生から報告をもらっているけど、先生視点での報告ではなくてご家庭視点でどんな状態になっているのかを私に教えてもらえれば、私にとってはまた違った情報が手に入るので、問題発見&問題解決のための提案をご家庭および先生に行うことができます。


勉強法を変化させて、さらなる前進につながってくれればいいなと願ってます(^^)/




えっと…
LFLが現在、どんな構造になっているのかを一般の方々にも知っていただきたいのですが、ネット上での公開はまだできていません…(泣)






いつも思うんだけど、「家庭教師」という単語をほんとに使いたくない(^^;)

この廃れた単語はもう死語にして、新しい単語にしたんだけど、無理かなぁ??


他の単語案もあるんだけど、私がやりたい単語が既に商標登録されてるし…(泣)しかも、その単語は使われていないという…


まじめに商標登録で儲けようとするのやめてほしいわ。

社会のためにならないんだからさ…





商標登録以外にも、もちろん問題があって、一般に認知させるのに莫大な費用がかかるからできない、ということもあります。



どうにかここら辺の問題解決ができないものでしょうか…



まだまだ試行錯誤は続きます。


今日も1クリックお願いします(^^)/
人気ブログランキーーーーング☆
人気ブログランキーーーーング☆
人気ブログランキーーーーング☆






posted by yuichi_saito at 15:41| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ