☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2009年07月24日

フレームワーク活用の誤り

昨日に続いて、神田昌典さんの全脳思考ネタで…

著書の中に、こんな一節があります。

>どういう場合に活用すべきなのか、逆に、どういう場合に活用すべきでないのか

フレームワークを活用する際の前提条件を満たしているかどうかを知っている上で使っていますか?ということを問うてるわけだけど、これは意外に見落としがちです。


著書の中には、
・PDCAサイクル
・PPM分析
・マーケティングの4P
・SWOT分析
・組織の7S
・戦略の3C
・バリューチェーン
・MECE
とフレームワークが簡単に紹介されてるけど、それぞれのフレームワークの目的と合致した目的で活用しなくちゃ…ですね。



大学院の研究でも、このあたりを誤って使っている方がいて、ビックリするくらいつっこまれてた…(^^;)

あれは相当ヘコムぞ…



修士論文発表でボコボコになっていて、確かもともと人間の思考を鍛えるために開発されたフレームワークじゃないものを使って、実験しちゃって、人間の思考の変化をデータとして収集してたんだよね。


その上で、分析して研究成果としてたんだけど、そもそもそのフレームワークを使ったところから誤ってたわけだから、その後のデータは意味をなさないものになります…(^^;)
↑大変です!



フレームワークもそうだし、各種ツールもそうだけど、使えば良いわけじゃないです。



◎目的にあわせたフレームワークを使っているのかどうか?



ここを見誤るとその後がホントに怖い…(^^;)



気をつけなきゃなー…と再認識しました。



私もまだまだですが、ひとつずつ訓練してマスターしていきたいと思います。









































posted by yuichi_saito at 09:27| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ