☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2009年11月26日

マインドマップ化・勉強・必要性・タイヘン!

最近になってようやくマインドマップの価値がわかるようになってきた。


「マインドマップ?」
「なんじゃそりゃ…」
「何の役に立つんだ?」

ずっとそんな状態でした。


色々な本を読んでいるなかで、マインドマップの有効性について書かれてはいて、その存在を知ってはいたんだけど、どうにもその価値を見いだせなかったんですよね。。。

"役に立つと知ってること"と"役に立つと実感していること"は全然違うからまだまだ知識レベルで終わっていました。


でもようやく
「なるほど!」
の世界がやってきました。

「そうか!だから価値があるのか!」
と…


これは、子どもたちの勉強にも同じことが言えます。

「なんでこんなことやるんだよ」
「こんなのやったって意味ねーし」

そんな気持ちを多くの子が持ってます。


そして、
「とりあえず受験だからやらなきゃ…」
「塾の先生にやれって言われたから」
とか、そんなことでしぶしぶやることも。。。


そんな現状があるので、先生としては、子どもたちにその必要性を実感させてあげられるかどうか?というのが先生としての力の指標のひとつになります。


「入試で合格するためにやるんだ!」
というのは本質的ではありません。


「入試が終わったらその子はどうするのですか?」
という答えに詰まってしまいます。

塾の先生がそう言って子どもたちに動機を与える場合は、塾都合の説明だったりするんですよね…(^^;)

塾はその子をその範囲内でしか面倒みないから。


塾のとっての最終ゴールは、合格です。
だからその最終ゴールである合格に向かって頑張れ!というのはある意味では当たり前。

だからそういう説明になります。


でも、その子にとってのゴールは入試ではありません。
それは一通過地点にすぎず、その子にとってはさらなる未来が待ってます。






…あぁ。

すみません。


マイドマップの話だったのにそれ過ぎました。。。

すぐそれていくクセは昔からなおっていません(泣)

必要性を感じさせるお話しでしたね。

話を戻します。



必要性を感じさせるためには、それがないと都合が悪いことを実感させてあげればいいのです

大事なことは本人が実感すること、です。

ちなみに、ただ先生が「これは必要だ!」ということとは全く違います!



だからそうなるように、問題を起こしたりすることはよくやります。


勉強という大きなくくりじゃないけど、数学の話だったら公式の導入とかはよい例かもしれません。



なぜこの公式が必要なのか?という必要性を実感させるには、面倒で遠回りな方法を体験させることが何よりも大事

そうすることで、
「こんなに楽チンにできるんだな…」
「ありがたいな」
ということを体験させることで必要性を実感できます。


細かなひと言単位におけるテクニックもあるけど、それは置いておいて…(^^;)


先生が必要だと言ってるらしいから必要…ではなく、子ども本人の実感として感じれるように授業展開することはとっても大事ですよね!

私もまだまだな部分があるのでもっとがんばらなきゃですが。。。



えっと…

ちなみに、マインドマップが有効であると感じ始めたのには、それがないと大変だ!という状態になった…という背景があります。

そんなこんなで日々勉強です。


使いこなせるように、がんばります。



p.s.
アクセス数が上がってきました!
ありがとうございます。



posted by yuichi_saito at 13:29| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事の何たるか・マズローの欲求段階・業界ガラリ

最近、仕事の何たるかが少しずつ見えてきたように思います。


何か霧に包まれていたことが、またほんの少しだけ見えてきたイメージでしょうか。


みんなは私にこんなことを言います。

「26歳なのにすごいね」
「26歳なのにエライね」


別にすごいことがしたいわけじゃない。
別にエライ人になりたいわけじゃない。


褒められるためにやっているわけじゃないんですよ。



褒められたい欲求はもうありません。

褒められないとできないのって、レベルが低いよ。。。


マズローの欲求段階を出すまでもないけど…

1.生理的欲求(physiological need)
生命維持のための食欲・性欲・睡眠欲等の本能的・根源的な欲求。この欲求が満たされない場合、人間は生きていくことができなくなる。


2.安全の欲求(safety need)
安全性・経済的安定性・良い健康状態・良い暮らしの水準など、予測可能で、秩序だった状態を得ようとする欲求。病気や不慮の事故などに対するセーフティ・ネットなども、これを満たす要因に含まれる。
この欲求を満たすために一生涯を費やす人が、世界にはたくさんいる。


3.所属と愛の欲求(social need/love and belonging)
情緒的な人間関係・他者に受け入れられている、どこかに所属しているという感覚。この欲求が満たされない時、人は孤独感や社会的不安を感じやすくなり、鬱状態になりやすくなる。
この欲求が十分に満たされている場合、生理的欲求や安全の欲求を克服することがある。


4.承認(尊重)の欲求(esteem)
自分が集団から価値ある存在と認められ、尊重されることを求める欲求。 尊重のレベルには二つある。低いレベルの尊重欲求は、他者からの尊敬、地位への渇望、名声、利権、注目などを得ることによって満たすことができる。マズローは、この低い尊重のレベルにとどまり続けることは危険だとしている。高いレベルの尊重欲求は、自己尊重感、技術や能力の習得、自己信頼感、自立性などを得ることで満たされ、他人からの評価よりも、自分自身の評価が重視される。


5.自己実現の欲求(self-actualization)
自分の持つ能力や可能性を最大限発揮し、具現化したいと思う欲求。すべての行動の動機が、この欲求に帰結されるようになる。


出典:Wiki




4の承認の欲求を通し越して、私は5の自己実現の欲求に突っ走ってます(笑)




業界をガラリと変える。

そのために、私はあらゆる経験を積んで自分の能力向上に日々努めます。







posted by yuichi_saito at 01:10| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ