☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2010年08月09日

昨日、友人の結婚式に行ってきましたー(^^)/

昨日、友人の結婚式に行ってきましたー(^^)/

中学時代を一番一緒に過ごした友人です。
昨日、その彼のお母様にもお話させて頂いたのですが・・・

実は、もし彼との出会いがなければ、今私はきっと教育業界にいることも、このブログを書いてることもありませんでした。そしてもちろん、このブログを読んでいるあなたとの出会いももちろんありませんでした。



私は中学時代にお世話になった塾の先生の影響が色濃く残っています。

その塾を紹介してくれたのが彼でした。



だから、彼との出会いがなければきっとこの業界にはいなかったです。




人生って面白いもので、過去を振り返ると必ずある線になってるんですよね。点ではなくて線になってる。


あることをキッカケにこちらに進み、そしてまたあることをキッカケにこっちに進む。

そんなことを繰り返してる。



もちろん、違う道に進んでいたとしても、人生を振り返ればそれは線にはなってます。違った線に・・・ね。

そして、その線の描き方は、無限通りもの世界になるんだ。




過去に辿ってきた線は、決して変わらないし、消えることはない。でも、未来の線はこれから自由に決めることができる。

未来への線は、自分の意志にかかってるんだよ。


自分自身がどういう線を描きたいのかによって、その線をある程度は自分自身でコントロールできるんだ。


だから、
「夢はありません」
「目標はありません」
と言われてしまうと、本当に悲しくなって。。。


そういうのがないとその人の線は、周りからより大きな影響を受けることになってしまうんだ。

もちろん後悔するのも自分です。大人なら・・・


なんというか。。。


うまく伝わるかどうかわからないけど、線の描き方は自分の意志にかかってるんだけど、その意志そのものも過去の自分に依存しててね。

じゃあ、過去の自分を形作るものは?ってなると、やっぱり父親と母親の影響力が計り知れないんだよ。


お母さんのお腹の中から、生まれて、父親と母親に出会って。
両親のもとから、あらゆることを学び続けていくのが子どもで。

子どもは親の影響をモロに受けまくって。。。





家庭教師って、当り前だけど、学校の先生よりも、塾の先生よりも、予備校の先生よりも、どんな先生よりも一番家庭に近い存在なんだ。


だから・・・

「この親で、この環境だから、この子なのか」

ってすっごく見えるのね。





教育の原点は、家庭教育。


私はずっとそう思ってます。



話が飛び飛びで申し訳ないのですが。。。
(日記だから許してください。)


昨日、新婦側の代表挨拶されてた方がこんなこと言ってた。

「新郎もぜひ子育てに参画していただいて」

って。


これには私も心底そう思います。


子育てって、母親だけの役目じゃない。
父親だってもっと積極的に関わっていこうよって思うことがいっぱいあってさ。


ただ、現実はすんごく厳しくて、昨日のスピーチ聞いてるだけでもそう思った。。。

新郎側の上司の方は、

「ますます仕事が忙しくなり責任ある仕事を任せようと・・・」
「新婦の○○さんはぜひ支えてほしい」

と釘をさされ(^^;)



つまりは、新郎側の上司は、家庭よりも仕事を優先させろ…ということでプレッシャーをかけていて。。。

その直後の、新婦側の代表スピーチはたぶんそれに対抗するかのように、子育ての話を持ち出して・・・


(あとで、新婦側は新郎側の上司にもうこれ以上は・・・と相当頭を下げてたみたい。。。)


たった数分の短い挨拶を聞いてるだけでも、仕事と家庭の両立の難しさを感じざるを得なかったです。。。



仕事で優秀な人ほど、めちゃくちゃ忙しいだろうから、家庭がおろそかになっていく傾向はやっぱりどうしてあって。

そうすると、家庭内でいろんな問題が勃発する。


父親と母親とのバランスを保たせるかのように、コミュニケーションを充実させるかのように、子どもが犠牲になって色々な問題を起こして。。。



下記の本は仕事と家庭についての関係性について述べた小説なんだけど、もしよかったら。

成功者の告白 (講談社プラスアルファ文庫)


結構、お気に入りです^^






まぁ、とにかく結婚おめでとー!だね!


幸せな家庭に・充実した仕事に、どちらにも妥協せずにがんばってほしいと陰ながら応援してます!

































posted by yuichi_saito at 18:29| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。