☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2011年09月04日

大手塾はそうならないように、秋に保護者の方を交えた面談を組んでいます。

お問い合わせありがとうございます。

本日2件の新しいお問い合わせをいただきました。

また、明日は、新しいご家庭でのカウンセリングが確定しています。


秋は、この業界が盛り上がる時期です。


春先に塾に入って伸びなかった・・・

という生徒さんがこぞって塾をやめて違うところに行く時期だからです・・・^^;

だいたい6カ月くらいで見切りをつける方が多いようです。


私の個人的な見解でもありますが、最大でも1年程度の期間で区切って一度成果をチェックされることをオススメしています。

それまでに何も変化が見られないようであれば、何かしら変えたほうがよいです。


ちなみに、数字だけに偏らないようにしてくださいね。

意欲や態度など、数字ではあらわしにくいところでも変化があるかどうかをみてみてください。

結局、数字は最後に出てくるものですから。



それと・・・

あんまりこういうことを書いていいのかどうかわかりませんが、大手塾はそうならないように、秋に保護者の方を交えた面談を組んでいます。

↑退塾防止のためです。


面談を踏まえて、納得できるようであればいいと思いますが、そうでない場合は、お子さんのためにキッパリと辞めたほうがよいと私は思ってます。

↑念のため…大手塾がイヤでこういっているわけではないですよ。ご家庭が塾に求めるもともとの目的を達成できないからといって、塾側の都合で引き延ばしてしまうと(退会書類をしぶって渡さない塾もあります)、結局本人のためにならないので、私はこのようにお話ししています。


ではではー



■■ ココだけの話です。ブログではちょっと書きにくいこともメルマガでは書いてます。 ■■


パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)





応援いただけるとうれしいです^^
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


続きを読む
posted by yuichi_saito at 22:44| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ