☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2011年09月15日

【LFLの家庭教師:大金払って勉強嫌いにされた!】⇒父親の怒り[指導報告 Vol.105]

ということでメルマガを書きました。

塾業界の関係者の皆様には本当に大変な失礼なことをしているのかもしれない・・・と思うことがあります。

でも、これが私の等身大なんです。

そう思うからそうしている、、、それだけなんです。

でも本当にごめんなさい。

もちろん一生懸命にがんばっている方々がたくさんいらっしゃっているのは知ってます。

だからこれがすべてでない、ということを理解した上で、少しでも業界がよくなればと思って書いてます。


以下、大手塾に対して信用できなくなっているお母様からいただいてメッセージです。

このメッセージに対して、メルマガで答えました。

こういった現実が回避されるように、現実的なアドバイスもさせていただいてます。


せめてご縁させていただいた方にだけはそうならないようになれば・・・と思っています。

↑でもこれは本質的な解決にはならないのですが。。。


こういったノウハウを知らない方にシワ寄せがいくだけなので。。。




--------------------------------------------------------------------------------------------------

地方都市に住む小6の母親です。
以前からこちらのメルマガを拝見いたしておりましたが、
本当に先生のご意見に感動しました。
私のような者が先生にメール差し上げて、失礼ではないかと思いましたが、
ついファンレター?を差し上げてしまいました。

私自身は学生時代ずっと家庭教師をしておりまして、
算数の苦手だった中学生をあっという間に得意にさせて、
親御さんにびっくりされた事を覚えています。

本当に口コミだけだったのですが、
その方のご兄弟やお友達など、アルバイト先に事欠かなかったです(^^)
その奥の深さに心惹かれつつも、医療職に就きました。

しかし出産、子育てで、習い事に付き添うようになり、
また今受験にて勉強に付き添うようになり、
いわゆる塾の先生方の指導に疑問を持つことが多くなりました。

自分で指導した方が絶対にマシ!!と思わせるような先生が少なくないのです。
何でなのかとずっと不思議に思ってきました。

バイオリンの先生は、バイオリンが上手なだけで、教え方を勉強してきたわけではありません。
それは何となくわかります。でも、塾でもそうなんです。
いや、教え方を勉強してこられたのかもわかりませんが、それよりも利益を優先されています。

LFLの指導方針を見て、これだ!!と思いました。



私自身、医師として働いている中で、日々実感することが多いですが、
「xx先生は厳しいから、こっちに来ました」と言われる方が多いです。
たとえば糖尿病の血糖値にしろヘモグロビンA1cにしろ、
はじめから正常値を目標にして、頭ごなしにしかられたら、ついてくる患者さんはいません。

はじめの状態をきちんと認識して、そしてそれをきちんと説明し、
自分の問題だと認識していただく。それから放っておいたらどういうことになるのか、
そうならないためには目標はどこに置いたらいいのか、そのためにはまずはじめにこういう努力をしていきましょう、
という具体的な説明をきちんとする。

次にこられたときはまず今までの状況を確認し、データに反映されていないからといって頭ごなしに否定しない。
努力されたことを評価する。そして少しでもデータが改善していればほめる。
ある程度の人間関係が構築され、データが改善されればもう少し高い目標を設置する。
こういった細かいフォローが患者さんのドロップアウトを防ぐ意味で必要だと認識しています。

勉強でも同じですよね。

はじめから高すぎる目標を設置されて、できないからと責められるのでは、
よほど負けん気のある子供でなければ無理でしょう。
目標点数を低く設定するのはよくある手法だとは思いますが、
この問題が解ければオーケーとはっきり指定する事は思いつきませんでしたね。

コロンブスの卵です。
そういったノウハウをきちんと言葉にして伝えることで、いい先生が次々と育ってていくのでしょうね。

我が子は、割によくできる方だったので、公立小学校のカリキュラムでは物足りないかと思い、近所の学習塾に通わせていました。
楽しく通っていたのですが、9月に入り、平日週3に加え土日も朝9時から6時までと、サラリーマンでも大変な日程になっています。
算数の得意なひらめき派だったのですが、疲れ切って、今まで解けていた簡単な問題も解けなくなってしまいました。
それなのにやめないといってまだ通っています。負けのような気がしていやなのでしょう。でも親は本当にやめさせようと思って今転塾活動中です。

結局大手の塾って、テキストを売って、子供の時間を拘束して、お金が入れば、子供の成績とか健康とか、どうでもいいのかなって思うようになりました。
子供に合わせてテキストの種類や拘束時間を調節すればいいのに、営業優先で、それをしてくれないのです。高いお金を払って子供を壊す訳にはいきません。

もうすこし都会に住んでいれば先生のところにお願いするのに、残念です。

それではこれからもメルマガを楽しみにしております。

--------------------------------------------------------------------------------------------------


もしよかったらメルマガにご登録くださいね。


読者の皆さんと双方向で色んな"知"を共有してきたいと思っています。






■■ もうすぐ1万人に!ブログではちょっと書きにくいこともメルマガでは書いてます。 ■■


●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ メルマガ広告(号外・ヘッダー・フッター)



応援いただけるとうれしいです^^
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村続きを読む
posted by yuichi_saito at 16:40| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ