☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2012年12月19日

受験対策だけは足りない?⇒どうすればとりやすいか?

今日もはじめにメッセージをご紹介しますね!


3名の方からいただきましたー^^


一部コメントをつけてお返事したいと思います。


-----------------------------------------------------------

いつもメルマガ拝見させていただいてます。

日本の将来のためには、

子どもへの教育が一番大切だと思っていますので、

心から応援しています。

これからも子どもたちのために、

そして日本の将来のためにがんばってください。

-----------------------------------------------------------

いつもメルマガで新しい気づきがあります。

特に考え方、仕事にも役立ちます。

ありがとうございます。

-----------------------------------------------------------

小4の娘の中学受験を控えています。

勉強させてください^^

-----------------------------------------------------------

メッセージありがとうございました!

今日もうれしいメッセージありがとうございました。


いろいろな方々から頂くメッセージが

何よりも私のモチベーションや原動力になります^^

本当にありがとうございます。


特にこのメッセージはとてもうれしいです。

-----------------------------------------------------------
>特に考え方、仕事にも役立ちます。
-----------------------------------------------------------

基本的には保護者の方向けにメッセージを書いています。

またできる限り汎用性のある考え方を中心にしているのですが、、、


"仕事にも役立つ"

というのは本当にうれしいです。


私はもともと受験対策だけの教育では全然足りないと思っています。


ときとして受験教育が必要な場面もあるのですが、

それ以上に"生きる力"としての学力のほうがもっと重要です。


そのためにも、

"どうやって考えていくのか?"

という考え方を大切にしています。



・生きる力≒問題解決能力

です。

私たちはたえず新しい壁にぶち当たります。

それをどうやって乗り越えていくのか、が大事ですよね。



たとえば、、、

身近な例をあげると、

私は大学生時代から、

UFOキャッチャーが趣味でした。


はじめは、

「彼女にあれとってー!」

と言われて、

「はい。取れたよ」

って言えたらカッコイイな、という

不純?(笑)な動機でUFOキャッチャーをはじめました。



そうすると、

どうすればとりやすいのか、を考えるわけです。

はじめは全然取れませんので、


ここに現実と理想のギャップが生まれます。

そして、

"問題"

が発生するわけです。



それから私は、

普段使っている考え方を応用することで、

かなりの高確率で取れるようになっていきました。



このケースでいえば、

私にとっては、

・テストで点数を取ること



・UFOキャッチャーでぬいぐるみを取ること

は同じ考え方を使います。


考え方は同じだけど、

全く別のことに応用する、

という発想が大切なんですよね。



学んだことを違う対象に用いることで、

↑学力の転移、と言います。

新しいことに対してもよりよく問題解決することが可能になります。



何も考えずにやみくもにぬいぐるみを取ろうとしても取れないです。


もちろん、

「あぁ、取れそうでとれないー!」

という楽しさ?を買っているのではあれば構いませんが、

ぬいぐるみを取ることを目的とするなら、

そのためにきちんと考えなければなりません。


・試行錯誤すること

はもちろん必要です。


「あぁ、でもない。」

「こうでもない。」

はやる必要はあります。


ですが、それと同時に、

・どう試行錯誤するのか

を考えるときに、考え方を用います。


切り口として活きてくるのが考え方です。



クリスマスシーズンですね。

カップルで、もしくは子どもにせがまれたお父さんが、

UFOキャッチャーにトライするケースも増えるのかな?



ただ100円を入れてやるだけでは取れないです。

それはただ勉強してるだけでは点数が取れないのと一緒です。


大きな考え方を通じてチャレンジすると、

より高い確率で取れるようになると思いますよ^^


下記のコラムで考え方について書きました。

もしよかったらどうぞ^^
---------------------------------------

●なぜ、考え方を指導するのか?

http://www.lfl.jp/know/colum2.html

---------------------------------------


UFOキャッチャーで使う考え方も紹介しています。



何かの参考になればー^^



今日はこの辺で。


ではではー!

また次回お会いしましょう^^

齋藤裕一




■2万人超えました!ブログではちょっと書きにくいこともメルマガでは書いてます。■


●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告




posted by yuichi_saito at 14:54| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ