☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2013年02月08日

目標は最低でも2段階で考えるべし! ⇒ 背景にある教育理論は教育工学です。

メッセージありがとうございました。

今日もご感想をいただいてます^^



「教育・学習アドバイス365」

http://os7.biz/u/aHFmK


を購読されているお母様からです。


今回はいただいた感想のなかに、

アドバイス内容が入っているので

ネタばれしてしまう方もいらっしゃるのですが・・・


それでもいいよ、という方は以下、どうぞ^^

----------------------------------------------------------------------------------

いつもメルマガの送信をありがとうございます。

限られた時間故常にじっくり...

とはいきませんが継続して読ませて頂いています。

今日のキーワード「目標は最低でも2段階」、

は私にとっては抜け落ちていた視点でした。

書き留めておこうと思います。

----------------------------------------------------------------------------------


ご感想ありがとうございました!

こうやって感想をいただけるとうれしいですね。



●目標は最低でも2段階で考える

ということもとても大切です。



こちらのお母様にとっては、

新しい視点ということですが、、、


実は新しい視点なのは当たり前だったりします。


なぜならこのメッセージは、

誰かが考えたものではないですから。


完全に私自身のオリジナルのメッセージです。



背景にある根本的な教育理論としては、

教育工学的な考え方を採用しています。

----------------------------------------------------------------------------------
教育工学をご存じない方はこちらをどうぞ。
http://goo.gl/HxGYJ (赤堀先生の最新刊です。)
----------------------------------------------------------------------------------


そういう意味ではオリジナルではありません。


確かに教育工学は

教育現場を重視して考えられているのですが、

私にとっての最先端の現場(家庭内教育やプロ家庭教師経験)

から考えると、このままでは使いづらいんですよね。



そこで、現場でも活用できるように

シンプルにメッセージ化したものがこちらです。


●目標は最低でも2段階で考える


なぜ2段階なのか、というと・・・


目標を持っている真面目な子でもひとつしかないケースが多いんですよ。


たとえば、今受験シーズンですが・・・


「○○に合格する!」

それしか目標がないわけです。


そうするとどうなると思いますか?

合格したあとにどうなると思いますか?



その目標が達成されたあとに、

方向性を失ってしまうことになります。


要は・・・いっさい勉強しなくなるわけです。


"受験合格のために勉強する"

という考えしかない子はだから伸び悩むんですよ。


勉強する意義が合格しかないわけですから。当然です。




だから、

「合格したあとの目標も考えなさい」

ということを何度も強調して話していきます。


そうすればその目標が達成されたあとにも、

次の目標があるので、そのまま引き続きがんばれます。


合格は一通過地点に過ぎないんですから。




この話は受験に限定して考えるものではなくて、

もっと広く一般的に考えても当然によいものだと思います。


●目標は最低でも2段階で考える

ことが大事。


ひとつ達成されても、次の目標がある状態が理想です。

次の目標があればそれに向かってがんばっているうちに、

またその先の目標を見つけだすことだってできるようになります。




ちなみに・・・


教育工学の場合は、

目標は構造化していきます。


"目標構造図"というのを考えます。

詳しくは、下記で話をしていきますが、

http://os7.biz/u/aHFmK


ひとつだけしか目標がないなんてことはないです。


ざっくり簡単に言うと、、、

目標⇒目標⇒目標⇒目標⇒・・・⇒目標⇒目標

と、どんどん構造化をしていきます。



ひとつの目標を達成するために、

複数の目標があるほうが普通です。


目標間の関係性を考えながら、

最終的な大きな目標を達成できるように考えていきます。

*目標の記述形式も通常のものと違います。



興味のある方はこちらでお話しますね^^

http://os7.biz/u/aHFmK




ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう!

齋籐裕一

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

目標は最低でも2段階で考えておこう。

それが、あなたの Learning For Life になります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■2万人超えました!ブログではちょっと書きにくいこともメルマガでは書いてます。■


●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 13:34| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ