☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2013年04月16日

丸暗記では積みあがらない ⇒ 共感と否定

今日は最初にお知らせから。


「プチ速読」で有名や池江俊博先生が、

新生活応援キャンペーンを行っています。


4月22日まで。先着777名限定です。

http://inf.to/49g



私も毎日、いろいろな本を読んでいるのですが、

「読書スピード」が「もっと本を読みたい!」に追いつかず、

結局どんどん本ばかりが溜まっていく状況に悩みを抱えています^^;


で、速読術を身に付けたいなぁ、と漠然と思うわけです。


ただ、一般的な速読術だと本格的に時間を割いて、

身につけるまでにそれ相応の訓練が必要になると思うんです。


速読のためだけにそこまで時間とお金を投資をできない・・・

というジレンマがありました。


で、たまたま池江俊博先生のプチ速読を目にしたんですよ。

おぉ!これならと思ってチャレンジしてみました。


自宅学習するタイプです。

たった60分。DVDを見ながらエクササイズするだけ。

結果、本当に早くなりました。笑。

ウソじゃないです。


テスト点数の取り方もコツがあるのですが、

速読にもコツがあるんだなぁとあらためて実感。


以前よりもあきらかにスピードアップしました。


もし私と同じように悩んでる方がいらっしゃったらオススメします。


4月22日まで。先着777名限定です。

今なら21%オフで速読にチャレンジできます。

http://inf.to/49g


読書スキルの向上は一生ものです。

チャレンジしてみる価値は十分あると思います^^

池江先生に感謝・感謝です。




さてさて。

本題に入りますね。


毎日たくさんメッセージいただいています。

ありがとうございます!


今日もいくつかをご紹介しますね。

他の読者さんがどんなことを思いながら、

このメルマガをご覧いただいているのかわかると思います。


もう一種のコミュニティみたいになってますから^^



--------------------------------------------------------------------

齋藤先生

いつもメルマガを拝読させていただいております。
本日のメルマガの「成績の伸びない子」、
まさに我が家の長女(中3)のことだと思います。

中学受験をして公立中高一貫校に通っていますが、
成績(特に数学・理科)が伸び悩んでいます。

問題の解き方を見ていると、
「なぜそう考えてしまうのか」
不思議な時が多々あります。

授業は聞いているようなのですが...。
解決の糸口になればと思い、
登録させていただきました。

どうぞよろしくお願いいたします。
いつもありがとうございます。
これからも頑張ってください!

--------------------------------------------------------------------

自分は指導をする際に、
興味を持たせるようにしています。
そのための第一歩として、
共感すること・共感させることが重要だと感じています。

もちろん、解決方法だけを教えることもできますが、
すぐに忘れたり使えなかったりする生徒が多い。
記憶に留めるために、感情も揺さぶっておくと効果的だと思います。
その子の感情を放置してはダメですが。

--------------------------------------------------------------------

いつも楽しく読ませて頂いております。
これからもよろしくお願いいたします!

--------------------------------------------------------------------

教育について色々考えさせられ勉強になります。
よろしくお願い致します。

--------------------------------------------------------------------

資格試験の受験勉強を始めて6年が経ちます。
1発合格を目指してましたが、1年目は、
合格点の半分も取れず…
3年目から今まで合格点にあと少しでうろうろ。
5科目あるため、毎年良い科目悪い科目が変わっています。
勉強範囲が多く、すでに遅れていると実感しています。
助けて欲しい気分でガイドブックをお願いします。

--------------------------------------------------------------------


ということで5名の方からいただいてます。

メッセージありがとうございました!


------------------------------------------------
>問題の解き方を見ていると、
>「なぜそう考えてしまうのか」
>不思議な時が多々あります。
------------------------------------------------

そうですねー。

それを修正していくのが、

LFL( http://www.lfl.jp/ )の役割のひとつかなと思ってます。

同じ”解けた”でも、

適切な解釈のもとで解けたかどうかが大切です。

適切な解釈のもとでないとその先で確実につまづきます。

よくある丸暗記なんて言語道断です。

これは伸びない子の典型的な勉強法と言えます。



------------------------------------------------
>授業は聞いているようなのですが...。
>解決の糸口になればと思い、
>登録させていただきました。
------------------------------------------------

ありがとうございます!

「LFL式教育・学習アドバイス365」
http://os7.biz/u/aHFmK

はいろいろな方面からのアドバイスを織り交ぜてます。

上記からご質問いただければ無料アドバイスもできます^^

アドバイス項目のひとつとして取り入れていますよ。

よかったらぜひご質問ください。


------------------------------------------------
>共感すること・共感させることが重要だと感じています。
------------------------------------------------

共感についてはちょっとした持論があります。

子どもたちに変なことろで共感してしまうと、

負の強化がされる可能性があってあとが大変になります。


特に、否定され慣れてない子。


こういった子はやたらと共感することを求めてきます。

そして共感してくれる人の言うことだけを聞くんです。


共感してくれる ≒ 自分の考えを認めてくれる

ということは、その子に、

別の考え方が入りづらくなるということです。

どんどん自分の考えが強くなっていきます。

最後、それが思い込み、になっていくように思うんですよね。


他の人からのアドバイスに聞く耳持たずになりますから。

誰も手におえない状態までなったらかなり大変です。



だから、共感する一方で、

違うところはズバッ言わないと。


わざわざ違うと思うところまで、

共感しようとする必要はないと思ってます。

そうしないとその後の方向修正がどんどん難しくなります。

私はここのバランスがいつも難しいなと思ってます。



--------------------------------------
勉強範囲が多く、すでに遅れていると実感しています。
助けて欲しい気分でガイドブックをお願いします。
--------------------------------------

ガイドブックがお役に立てたらうれしいです。

http://www.lfl.jp/service/guidebook.html

試験に対する考え方は資格試験でも応用できると思います。


私は、3〜4か月くらい勉強時間かかると言われる

IT系資格試験を3日前から勉強して合格したことがあります。


事前知識があったわけでもないです。

3日前に過去問を解いたら1割しかできませんでしたから。笑。


それでも、1日10時間×3日だけで合格できました。

一気に知識を詰め込んで、一気に忘れましたが。^^;

↑大学院教授に、使えない資格だな、と言われました。。。


まぁ、そんなこともあって、個人的には、

資格のために無理やり覚え込んで勉強するのではなくて、

その先があるから勉強するという心づもりが大切じゃないかとは思います。


もっと言うと、

きっとその資格を取ることで、

将来、お客さんになる方がいるんですよね。


そのお客さんに、プロとして接するために、

今、時間をかけて勉強していると思えば手は引き続きがんばれるのではないしょうか。


ちなみに、私は1発で合格した人よりも

実は何回か挑戦されて合格した人からサービスを受けたいと思ってます。

そういう方(先生?)のほうが浅い専門知識ではなく深く知識を持ってることも多いですよ。

将来のお客さんのためにがんばってると思って引き続きがんばってくださいね!



以上です。

メッセージの紹介とお返事でした!




ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

いろいろな人の考えを知って自分をさらに高めよう!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



■2万人超えました!ブログではちょっと書きにくいこともメルマガでは書いてます。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 15:15| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ