☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2013年04月29日

なぜ勉強のやり方だけではダメなのか。 ⇒ 矛盾してます。

いつもメッセージありがとうございます!

最近はご紹介が追いつかないペースでいただいてます^^



みなさんからいただいている

メッセージが私にとっての唯一の情報源なのですが、

最近、気になったことがあります。



「孫のために・・・」と祖父・祖母の方から

メッセージをいただくことがちらほらと増え始めました。

これは本当にここ最近の話です。



今年の4月1日から、孫の教育資金目的なら、

非課税で一括贈与できる制度が施行されました。

もしかしたらその影響なのかなとも思っています。



「財産よりも教育を残したい」

と考える祖父母の方が強い関心を寄せているそうです。


きっと相続税か、教育資金か、で考えたときに、

孫の教育資金にと考える人が多いのだと思います。


下記は関連ニュース記事です。

●習い事から海外留学まで 教育資金贈与こう使え(日本経済新聞)

http://goo.gl/L6bq1



LFL( http://www.lfl.jp/ )でもこの制度を利用して、

マンツーマン・プロ家庭教師の指導をさせていただいてるご家庭もあります。


うれしいですよね^^

ありがとうございます。


もしかしたら、父・母・祖父・祖母で

教育機関を選ぶ時代になるのかもしれません。


より本質的な選び方になりそうな気がします^^

ますます先生で選ぶ時代になりそうですね。

LFL( http://www.lfl.jp/ )にとっては有利かな。



それではメッセージをご紹介させていただきますね。


最近いただいた6名の方からのメッセージです。

短いものだけ、です(長いメッセージはまた後日でも^^)。

もちろんお返事します。


--------------------------------------------------------------------------------------------

保護者というより祖母です。

教育コラムを読ませていただき共感しましたので

ガイドブックを読んで孫に役立てたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------------------------

塾を経営しています。

生徒の成績を上げる方法を模索しています。

--------------------------------------------------------------------------------------------

少しでも良い学習法を紹介してあげたいです。

--------------------------------------------------------------------------------------------

今まで塾に通わせましたが、一向に成績が伸びず

行かせている意味がありませんでしたので、興味があります。

--------------------------------------------------------------------------------------------

いつも読ませていただいております。

今年、勉強が大嫌いな息子が希望の県立高校に1期で入ってしまいました。

部活のおかげで合格できたと思いますが、

結局受験を経験しないまま、本人の実力以上の学校への入学に

不安に感じております。

部活で入学できても、赤点があれば大会や錬成会には出場できません。

部活の為に、これから大嫌いな勉強も

がんばらなければいけない事に親のほうがハラハラしております。

--------------------------------------------------------------------------------------------

いつも楽しみにしています。これからも、よろしくお願いします。

--------------------------------------------------------------------------------------------


メッセージありがとうございました!


やっぱり成績アップに皆さん興味があるんですね。。。

というよりも、成績が上がらず困っている、ということかと思います。


↑本当は成績がよくても困ることは大事なことだと思いますが。

 目標と現状とのギャップがあるからこそ困るのであって、

 成績の善し悪しは本来は関係ないです。

 本質的には、目標設定によって変わるものですから。




これは先日の

「LFL式 4時間・教育ディスカッション」

でもあった話なのですが、というか私が話したのですが、

●勉強のやり方を紹介しても結局子どもたちはできない。

という現実があります。


ノウハウ集を提示することはできます。

でもきっと5%くらいの子しかできないんじゃないかと思います。


偏差値70が上位2%くらいです。

偏差値65が上位7%くらいです。


これぐらいの学力がないと、

勉強法の話は厳しいと思います。


「こうやりましょう!」

とか

「こうやったほうがいいです!」

と言うことは簡単です。


ですが、

・ノウハウを適切に理解する力

・ノウハウを適切に実行する力

に乏しいケースが本当に多いです。



そもそもよく考えてみてください。


成績がよくない、ということは、つまるところ、

・教科書に書いてることの理解が乏しい状況です。

・教科書に書いてある公式が適切に使えない状況です。


ということは、裏を返せば、

勉強のやり方をご紹介させていただいても、

・勉強のやり方そのものへの理解が乏しい状況になります。

・勉強のやり方を適切に使えない状況になります。

そう考えるのは自然ではないでしょうか。


これは現場でずーっと活動してきた感じてきた感想です。



きっとお子さんに勉強を教えた経験のある方なら

この話をよーくわかっていただけるのではないかと思います。


「勉強のやり方がわかりません」

とただ漠然と思ってしまう保護者の方は、

もしかしたら教育業界の広告に毒されてるかも。



結局は、イチから指導しなければりません。

マンツーマンでみっちり鍛えないと伸びないです。


先生の指導方法が大事なのであって、

勉強法そのものはどちらかというその後ではないかと。


そもそも勉強法を教えるにしても、

指導法がなければ教えられません。


「勉強のやり方」の教え方が必要になります。

勉強法を教えるための指導法が当然あるわけです。


だけど、なぜか勉強法ばかりを追い求めてる人が本当に多い。

それだと結局伸びないのに、と憤りを感じることがよくあります。



勉強法と指導法は別モノです。

勉強ノウハウのコレクターにならないでほしいです。


勉強法よりも指導法をよく考えてみてください。

「どうやってこちらの狙い通りに導いていくのか?」

を考えてください。


そっちを考える方が目標達成できる確率は高いと思います。


そもそも勉強のやり方だって目標達成したいからこそ、

その方法を知りたい、ということで勉強法に注目しているわけです。


現実的にはそっちのアプローチから考えていくよりも、

どうやって導いていくのか指導法を考えたほうが目標達成しやすいです。

これは1000名以上のお子さんをみてきた率直な感想です。


LFL( http://www.lfl.jp/ )はそういうところを強く意識しています。


何かのヒントになれれば!



ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

勉強法を教えるための指導法が必要。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■2万人超えました!ブログではちょっと書きにくいこともメルマガでは書いてます。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 14:51| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ