☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2013年08月01日

「親もびっくりの変わりようです。」 ⇒「4時間でも、5時間でも足りないくらいでした」

LFL( http://www.lfl.jp/ )で担当させていただいている、

お子さんのお母様からうれしいメッセージをいただきましたー。


こういったメッセージをいただけるからこそ頑張れます。

私の活動力の原点です^^


---------------------------( こ こ か ら )--------------------------

いつも迅速なお返事ありがとうございます。

どうぞよろしくお願い致します。

○○も○○先生のご指導をものすごく楽しみにしております。

たった一度ご指導を受けただけで現代国語に対する見方が

変わったと言います。


驚いたことに昨夜も

「現国がこんなに楽しいとは思わなかった〜」

とうれしそうでした。


ちょうど先週から○○でも夏期講習で

GMARCHクラスの現代国語が始まりまして、

昨日で5日目、現国の夏季講習を終えたところでした。


「始まる前に○○先生に教えてもらっといてよかった」

問題文に対する考え方をご指導していただいてから受けたから

よりよく理解できたそうです。

立教の国語は難しかったけど

このレベルの他の大学ならいけそうだ、と言っておりました。


国語は嫌い(作文は好きなようですが)で

ほぼ勉強したことがなかったと思うので

親もびっくりの変わりようです。

気持ちの面で、ということですが。

大げさに言えば、ちょっと彼の人生が変わりましたね。

本も読むようになるかもしれません(スポーツ選手とハリポタ以外の本も)


○○先生を選んでくださった

齋藤先生の眼力には恐れ入りました。

ありがとうございます。


引き続きご指導賜りますよう

よろしくお願い申し上げます。

---------------------------( こ こ ま で )--------------------------

ありがとうございます。

そうおっしゃっていただけるだけでうれしいです。


東工大院での教師教育の研究がこのような形でご家庭のお役に立てるとは・・・。

まずこの領域で研究レベルを経験してる方ってあまりいらっしゃらないですから。


これからもがんばりますね。

どうぞよろしくお願いいたします。




さてさて。

メッセージありがとうございます。

今日もいただいたメッセージにお返事しますね。



ここからです。


----------------------------------------------------------------------------

中学受験生を持つ母親です。

受験の参考になればと思い、メルマガを拝読しております。

今回のガイドブックも無料でいただけるとのことなので希望致します。

----------------------------------------------------------------------------

どのように子供に自主的に勉強に向かってもらうか悩んでいます。

特に通常の会話での表現を豊かにして欲しいと望んでいます。

----------------------------------------------------------------------------

メール読ませて頂いております。

今後とも宜しくお願い致します。

----------------------------------------------------------------------------

高校生になっても勉強の仕方が解らない

と言って机の前に座っても全く進んでいない。

----------------------------------------------------------------------------

以上4名の方からのメッセージです。

シェアしたほうがよさそうなところにお返事しますね。

----------------------------------------------------------------------------
>どのように子供に自主的に勉強に向かってもらうか悩んでいます。
----------------------------------------------------------------------------

このメルマガでも何度も取り上げていますが、

自主性を引き出すお話は永遠のテーマですね。


細かなテクニックもいろいろとありますが、

「子どもが自主的に勉強をしてくれません…」

というご相談に対する回答の方向性を下記に書いてます。

よかったらどうぞ。

http://www.lfl.jp/know/consul.html



----------------------------------------------------------------------------
>高校生になっても勉強の仕方が解らない
>と言って机の前に座っても全く進んでいない。
----------------------------------------------------------------------------

勉強のしかたは年齢は関係ないです。

小学生でも中学生でも高校生でも大学生でも社会人でも、

「勉強のしかたがわからない」

と言っている方はいくらでもいらっしゃいます。


机の前に座っているとのこと。

ですのできっと勉強しているとは思うのですが、

いろいろと試されているでしょうか。


お子さんにあったスタイルを見つけましょ。

そのためにもあらゆることを試してみましょう。


それと勉強方法は変化し続けるものと考えてください。


小学生のときの勉強法のままで中学生で通用すると思わないほうがいいです。

中学生のときの勉強法のままで高校生で通用すると思わないほうがいいです。

高校生のときの勉強法のままで大学生で通用すると思わないほうがいいです。

大学生のときの勉強法のままで社会人で通用すると思わないほうがいいです。


よりよい方法は常に変化し続けます。

だからこそ試し続けることこそがとても大切です。


方法論のヒントは書籍やネットでたくさん出回っています。

ですのでそれらを参考にすればよいと思うのですが・・・


それらの中から自分にあったものを見つけ出すことが難しいんですよね。

そういう点でプロフェッショナルの力を借りるのはアリかなと思ってます。


たとえば、私は「合格戦略立案」はしょっちゅうやってます。

その子にあわせた受験勉強方法の方向性を見つけ示唆してます。


○お子さんごとに学校で何をやってるか違います

○お子さんごとにどの塾(予備校)で何をやっているのか違います

○お子さんごとに自由に使える勉強時間が違います

○お子さんごとに志望校が違います

○お子さんごとに適性や性格やこだわりが違います


要はこれらの違いを認識した上での最適化を目指すわけです。

こんなことをやっていると1回3時間くらい余裕でかかります。

とても人気がありますよ^^


先日は、お母様を含めて2.5時間やったのですが・・・

「4時間でも、5時間でも足りないくらいでした」

とご連絡をいただきましたから。


私は個々のお子さんごとの違いを考慮した、

目標達成へのアプローチの最適化が大事だと思ってます。


特に国立理系大学に進学したいと思っている方へ。

もしご興味がありましたらご連絡くださいね。


・・・下記は関連コラムです。

●より良い勉強法を見つけるには?
http://www.lfl.jp/know/colum3.html




ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

メッセージありがとうございました!お返事します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





■読者数3万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 19:48| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ