☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2013年08月04日

勉強そのものだけに視点をとらわれすぎないように ⇒ 原因は勉強そのものにないことも。

メルマガ読者さん、ブログ読者さんから、

フェイスブック友達の申請をいただいています。


友達申請、大歓迎です!

よかったらどうぞ^^

https://www.facebook.com/yuichi.saitou



さてさて。

今日もメッセージにお返事しますね。

毎日のようにいろいろとメッセージいただいてます。


------------------------------------------------------------

いつも、メルマガを楽しみにしています。

毎日の配信、ありがとうございます。

高校生の長女、小学生の長男次男が、勉強を楽しく

してくれるよう、アドバイスできればと思っております。

レポートも、楽しみにしております。

今後とも、よろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------------

お世話になっております。

現在、夏休みで生徒たちが授業や自習に通塾しておりますが、

いまいちやる気が見られないので、

ぜひ勉強法ガイドブックを活用させて頂きたいです。

よろしくお願い致します。

------------------------------------------------------------

勉強法ガイドブック!無料プレゼント希望。

------------------------------------------------------------

よろしくお願い申し上げます。

------------------------------------------------------------


以上4名の方です。


共通しそうなところにお返事をしますね。

------------------------------------------------------------
>高校生の長女、小学生の長男次男が、勉強を楽しくしてくれるよう、
------------------------------------------------------------

勉強の楽しさはそれぞれありますが、

代表的な2つの楽しさの比較についてコラムを書いてます。

「正解する楽しさ」と「考える楽しさ」の2つです。


特に言いたいのは、

「正解することばかりを強要しないように。」

というものです。

↑たまにものすごく偏っている方がいらっしゃるので。


それと、これも上記と近いですが、

「考える楽しさを味わおうとするときは、

 正解することだけを強要しないようにしてください。」

というものあります。


正解することだけを目的としない、

自由な考えを許容するような勉強も大事です。

それが結果として考えるのが好きな子に育つ原動力になります

詳細は下記をどうぞ。

http://www.lfl.jp/know/colum308.html



------------------------------------------------------------
>いまいちやる気が見られないので、
>ぜひ勉強法ガイドブックを活用させて頂きたいです。
------------------------------------------------------------

これも何度も書いてますが、

やる気が見られないから勉強法・・・

という発想自体がおかしい気がするんですよね。

少なくとも私の教育観ではそうなりませんから。


やる気が見られないのは勉強法が誤っているからなのですか。


それなら勉強法を勉強すればいいのかもしれないですが、

私が見てきた子らがそうでないケースのほうが圧倒的多数です。


どちらかというと親子関係に問題があったり・・・。

心の面でのトラブルを抱えているケースのほうが圧倒的に多いんです。


一般論ですが、子どもたちが、

勉強に対してやる気が見られないからといって

勉強そのものだけに視点をとらわれすぎないほうがいいですよ。


結果として勉強に打ち込めないだけであって、

原因は勉強そのものにないケースもいくらでもあります。


むしろ勉強のことだけで悩める子は幸せですよ。


たとえば、ゲーム中毒になっているお子さんも多いですが、

ゲームにはまる原因や環境を作っているのが根本原因が親にあるケースも。


塾講師の方は親子関係にまで思考が及ばないケースが多いので、

(親子関係の情報量がまずないので)ある程度はしかたないとは思います。

↑大手学習塾の講師時代は私もそうでした。


ちなみに・・・

私がプロフェッショナル家庭教師の世界が大好きなのは

学習環境を含めた総合的な視点からプロデュースできるからです。

それと保護者の方へ毎回のように細かなアドバイスができるからです。


正直、勉強方法の限界を何度も感じてます。

これだけでは解決できない問題が山ほどあります。


このガイドブックはほんの一部だけですが、

どこか一文でもお役に立てたらうれしく思います。

http://www.lfl.jp/service/guidebook.html




以上です。

どこか一文でも参考になれば。



ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

メッセージありがとうございます!お返事します!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





■読者数3万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 21:27| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ