☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2013年08月16日

いただいたメッセージにお返事します! ⇒ 計7名の保護者の方に。

暑い日が続きますね。

お出かけする機会も多いと思いますが、

熱中症にはくれぐれも気を付けてくださいね。


さてさて。


今日はいただいたメッセージにお返事したいと思います。

計7名です。



いただいた全メッセージに目を通していますよ^^

これらのメッセージも参考にしながらメルマガ運営してます。


それとメッセージをいただけるからこそ、

メルマガ執筆のモチベーションを維持できるんです。

ありがとうございます。


では、どうぞ。

------------------------------------------------------------------------

いつもメルマガを読ませていただいております。

勉強の習慣を付けるさせることができず、親として恥かしいです。

本人は、勉強しないと進学できないことがわかっていますが、

モチベーションが上がらず、スイッチが入らない事

にモヤモヤしたり焦りを感じています。

親としてどんな風に後押ししてあげたらいいのか悩んでいます。

------------------------------------------------------------------------

なにをどうすることが効率がよく、また悪いのかさえも、

自分自身の経験値の中からは判断材料がありません。

なにかヒントが得られればと思いますので、よろしくお願い致します。

------------------------------------------------------------------------

ノートのとりかたはとても参考になりました。

------------------------------------------------------------------------

好きな科目しかしなくて 困ってます。

これで 何とかなるといいですが

------------------------------------------------------------------------

現在高校2年生の男の子ですが、

かつて高校受験の為に通塾中の中学2年生時、

思うように乗れていないと感じていた時に貴ブログに出会いました。

それでも縁有った高校に出会えたと信じ、

部活を優先した高校生活は本人には満足のようですが、

大学受験を視野に入れたら壊滅的な成績に親は焦り、

子供はストレス指数が上がる中、久しぶりにメールを開きました。

子供に当てはまる言葉を遠隔操作の如く伝達しながら

精神的受験生になって欲しいと願う日々です。

------------------------------------------------------------------------

小学1年と4年の娘がおります。

現在、効果的な勉強法を研究しながら、娘たちに

実践させているところです。

------------------------------------------------------------------------

まだ子供は小さいのですが、メルマガを拝見しています。

これからも、親としての意識の持ち方を勉強したいと思います

------------------------------------------------------------------------


以上、7名です。


一部お返事していきますね。

みんなに共通しそうなテーマにお返事していきます。


------------------------------------------------------------------------
>勉強の習慣を付けるさせることができず、親として恥かしいです。
------------------------------------------------------------------------

勉強の習慣づけは難しいですよね。。。


下記のコラムでアドバイスしていますよ。

よかったら参考にしてみてください。

●学習習慣のない子へのアドバイス。
http://www.lfl.jp/know/colum309.html



------------------------------------------------------------------------
>モチベーションが上がらず、スイッチが入らない事
>にモヤモヤしたり焦りを感じています。
------------------------------------------------------------------------

モチベーションが上がらない・・・とのこと。

学習する"環境づくり"は保護者の方にもできます。


やる気の促し方は、

お子さんごとにかなり違うのですが、

ここでは2つほどコラムをご紹介しますね。


●やる気を引き出す方法
http://www.lfl.jp/know/colum304.html

●勉強を続けるにはコツがあります
http://www.lfl.jp/know/colum20.html


もし東京・首都圏にお住まいでしたら、

LFL( http://www.lfl.jp/ )でも担当できるかもしれません。

↑できないときもあります。

一度、ご相談いただけたらと思います。



------------------------------------------------------------------------
>なにをどうすることが効率がよく、また悪いのかさえも、
>自分自身の経験値の中からは判断材料がありません。
------------------------------------------------------------------------

ご自身の経験値の中からは、

判断材料がないとのことですが、

むしろそのほうがよいことも多いですよ。


自身の受けてきた教育を軸に、

お子さんに教育しようとすることから

色々な弊害?を生んでいるように見えるケースが後を絶ちません。



「人によってここまで違うのか?」

と思うほどに教育環境は違うものです。


それこそ自分の経験で判断するんじゃなくて、

ゼロから勉強されるくらいのほうがいいんじゃないかと。

がんばってくださいー^^



------------------------------------------------------------------------
>好きな科目しかしなくて 困ってます。
>これで 何とかなるといいですが
------------------------------------------------------------------------

これは目的が違います・・・。

http://www.lfl.jp/service/guidebook.html


好きな科目しかしないのなら、方向性は2つ。

・嫌いな科目を好きな科目にする

・嫌いな科目のままでもやれるように促す


どちらにしてもやらなきゃですが、

知的好奇心から入ることをお勧めします。



------------------------------------------------------------------------
>現在高校2年生の男の子ですが、
>かつて高校受験の為に通塾中の中学2年生時、
>思うように乗れていないと感じていた時に貴ブログに出会いました。
------------------------------------------------------------------------

3年前からの読者さんですねー。

うれしいです。

ありがとうございます。

私が知ってる限りにおいてですが、

最長で7年前からの読者さんもいらっしゃいます。

参考にしていただけたらうれしいです。



------------------------------------------------------------------------
>まだ子供は小さいのですが、メルマガを拝見しています。
------------------------------------------------------------------------

ありがとうございます。

想定外で本当にビックリしたのですが、

お子さんが3歳とか4歳のお母様も読者さんです。


以前、LFL( http://www.lfl.jp/ )にも

「子どもが4歳ですが大丈夫でしょうか?」

といったお問い合わせをいただいたことがあります。


みなさん、とにかく教育熱心です^^

きっとそういう方々を私が引き寄せているのかなと。


私自身は幼児教育は専門外ですが、

参考になりそうなところがありましたらどうぞ。

どうぞ末永くよろしくお願いいたします。



以上です。


どこか一文でも参考になればー。




ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

メッセージありがとうございます!お返事します!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



■読者数3万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 22:28| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ