☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2013年08月21日

今日はこれから「内見」をしてきます。

最近、大学院入試対策のご依頼をいただいています。

・東京大学大学院
・大阪大学大学院
・東京工業大学大学院

の3つはここ最近いただいた大学院名です。


国立理系大学の大学院入試ってハードル高いですから。。。

昨日、東京大学大学院の入試対策を正式にご依頼いただきました。


本日よりスタートします。

大学4年生の受験サポートします。

東大院生になるためにがんばれ!

ラストスパートですね。


院試は情報戦です。


●大学院入試問題・過去問解答作成サービス。
http://www.lfl.jp/service/inshi.html



さてさて。

今日はこれから「内見」をしてきます。


実は・・・まだ正式には未発表なのですが、

"オープン教室"

を開く予定です。

陰ながら動いています。


プロ家庭教師って通常はマンツーマンです。

お子さんの部屋で完全マンツーマン指導が基本です。


だけど、ちょっと敷居が高いかなぁ・・・とも思ってます。

以前から、もっとオープンな形でできないかずっと考えてました。



普通、プロ家庭教師の場合は、

先生がお子さんの部屋に行きます。

これはこれで色々なメリットがあるのですが・・・。

↑たとえば、、、

・勉強机での学習習慣が身につく
・部屋を片付ける習慣が身につく
・お母様にその場ですぐに今日の様子など近況報告&アドバイスができる
・移動時間のロスがない(特に受験生は大事)
・夜遅い時間まで指導ができる(22時すぎとかも)
・塾の雰囲気にのまれずに真の意味でお子さんのペースにあわせられる
とか、メリットをあげればキリがありません。


実は・・・逆のパターンもあって、

お子さんが先生の個人宅に来るケースもあります。

実際にLFLでもこの形で指導しているお子さんがいます。



で。

この逆パターンの延長線上を考えてます。


つまり、先生の個人宅に複数人の子が集まる形態ですね。

↑ちなみに整いすぎた塾っぽい雰囲気はプロ家庭教師にはあいません。


もっとゆるい感じで考えてます。


・他塾に通ってるお子さんのプラスアルファとして

・他業者様や個人家庭教師の先生で不安に感じてる方に


個人宅っぽいところでやれないかと思ってます。

↑それっぽい教室スペースをお借りしてやろうかと。
 ただし、駅近。都心でないとダメ。


で、いろいろあれこれ探しつつつ・・・

それっぽいことが実現できそうな場を見つけました。


今日、内見してきます。


もし・・・そこでやることになれば、

12名まで受け入れることが可能です。

早いモノ勝ちですね。


LFLもお陰様で5周年を迎えました。

記念企画です。


新しい形態での指導アプローチにチャレンジしたいと思います。

↑ちなみに結果重視ならプロ家庭教師によるマンツーマンが最強です。

 即効性が必要な赤点対策や受験対策はプロ家庭教師をお勧めします。


詳細が決まったらお知らせしますねー。




ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

5周年記念・特別企画を考えてます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数3万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 11:47| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ