☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2013年10月05日

「将来どうなりたいの?」と尋ねると困ってしまう子。

「何したいの?」

「将来どうなりたいの?」

と尋ねても、困ってしまうお子さんがいます。

自分の将来について考える時間や回数が少ない子ですね。


もしくは、

保護者の方が今まで意思決定しすぎてしまって、

お子さんにどうしたいのかを考えさせなかったケースに多いようです。


大学進学するとき、理系・文系はもちろんのこと、

大学卒業後の就職まで考えてから進路選択する必要があります。

だから、単純に教科の得意・不得意だけで決めるのはよくありません。


で。


私が主に使っているアプローチは2つ。

まずは、この2つから考えさせ始めて学科を決めます。


1.学部・学科を比較しながら選ぶ

2.お子さんが持っている興味を深堀できる学科を探す


1.は網羅的です。

「何したいかわかりません」という子には、

とりあえずどんな学部・学科があるのか網羅的に見てもらいます。

その上で、興味を示した学部・学科について掘り下げていく流れです。

最終的には、研究室レベルまで調べます。

↑これ、大事。

・学部・学科 ⇒ 大学 ⇒ 研究室(教授の専門分野)

まで一通りのことを調べた上で決めるパターンです。



2.は今ある興味から入ります。

今まで生きてきた人生の中で何も興味がありません・・・

なんて子は普通はいません。何かしらに興味を持ってます。

で、

「その興味を持っと深く掘り下げることのできる学科はどこだ?」

というアプローチで考えてきます。


お子さんが興味のある分野があって、

その分野について誰も研究してない・・・

なんてことは通常はありません。


もし誰も先行研究してないのであれば、

きっとお子さんが先駆者になります。将来の教授ですね。


ある大学には、マンガ学科、すらあります。

何かしら興味があればそれを専門に、

勉強・研究できるとこがあるのでそこを探すことになります。



私のお勧めの流れは、

2から入って1まで考えるのが理想だと思ってます。


最低ラインは2だけ。

余裕があれば1まで扱う。

という感じでしょうか。


時間的な都合で1まで考える余裕のない子も結構います。

学部・学科を網羅的に見ていくのはとても時間がかかりますから。

高校1年生から指導できる子なら1についてもやってますよ。


目標設定はとても大切です。

ただなんとなーく勉強をするのは難しいです。


強い動機を持たせる必要があります。

もしお子さんにやる気が見られないのなら、

このあたりの問題を抱えていることはないですか。


動機をしっかり持たせるためにも、

何度も将来イメージを考えさせてください。

1回や2回だけではダメです。

3回や4回だけでもダメです。


お子さんが自分の将来像をイメージできるまで、

繰り返し、繰り返し、何度もあきらめずに考えさせます。


反抗期が重なると保護者の方ができないこともありますが、

そんなときのために私たちがいるようなものですからー^^


ぜひお気軽にご相談ください。


目標設定、動機づけ、をはじめ、

一つずつ丁寧に教科指導をしながら、

最終的にはお子さんの自己実現に貢献しますね。



ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



追伸:

もしお子さんの「勉強」でお困りでしたら

私齋藤までお気軽にご相談いただけたらと思います。

▼ご相談はこちらから。
http://www.lfl.jp/contact/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

お子さんの自己実現に貢献します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数3万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告





posted by yuichi_saito at 12:53| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

3か月ほどで2冊終了。

勉強法を学習させたい方はぜひ!

あと2名で初回の募集を終了します。

追加募集は今のところ未定です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今日はいつもと違った時間帯で。笑。

たまには変則的なものもいいんじゃないかなーと。

↑というのは、こじつけです。笑。

 間に合いませんでした。すみません。



3か月ほどで2冊終了。


来年度、東大レベル受験を目指して、

高校中退したお子さんに指導してます。


↑このメルマガ読者のプロ家庭教師の先生から

 元生徒さんとお母様をご紹介いただきました。

 私が先陣を切って担当させていただいてます!


で。

中1の教科書から全部総復習してるんですよ。

2年近くノー勉強だったためブランクがあります。


そのブランクを埋めるためにも、

中1数学からすべてをやり直し中です。


3か月くらいで2冊しました。

中学内容の約2年分くらいですね。

・3か月だと、12回×2時間=24時間。

くらいの時間です。


中学の数学の授業時間が、

・週4〜5コマ×年間40週=160〜200コマ

あるとします。

学校の授業時間を少なく見積もって年間160時間。

2年間で320時間あります。

この320時間をたった24時間で終了させてます。


簡単に計算すると13倍速です。


私たちのようなベテラン本業プロ家庭教師が

なぜ逆転合格させることができるのかというと・・・

学校授業や予備校授業や学生家庭教師よりも、

お子さんにあわせて何倍速ものスピードで授業展開が可能だからです。


お子さんのできないところだけにポイント絞って、

その場で重要箇所だけを絞ってぱっぱっと勧められます。


本業プロ家庭教師をなぜか割高に考えるが方いますが、

はっきり言い切れますが、、、効果を考えれば超割安です。



完全オーダーメイド。


このあたりの感覚をお持ちの方は、

本業プロの家庭教師しか考えてないことは多いです。


予備校業界の先生方のように、

私たちはあまり表に出てこないのですが、

実は予備校や塾の裏側で支援してるのは私たちだったりします。



いよいよ10月に入りました。

受験生は最後の最後の追い込みですね。


「あともう少しで合格できそうだけど・・・」

というお子さんがいらっしゃいましたらぜひご相談ください。


毎年のことですが、最後の後押しを支援しますね。

それこそ学校や塾の10倍速でお子さんを指導していきます。



ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

10倍速で指導できるのは本業プロだけ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数3万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 15:01| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

教育書籍のコラムを執筆しました。

今日は教育書籍をご紹介します。


『学習者とともに取り組む授業改善
 〜授業設計・教育の方法および技術・学習評価〜』

http://inf.to/2yj


東工大院時代の恩師が教育書籍を執筆されました。


私も1ページ執筆させていただきましたよー。

書籍の中のコラム執筆を担当させていただいてます^^

↑まだ中身を拝見してないですけど。笑。


大学の教職関係のテキストとしても使われるとのこと。

だから後期授業がはじまるこのタイミングでの発売なんだとか。


「教育工学って何?」

って人はもちろんのこと、

教育現場に携わる方はぜひご一読を。


以下、アマゾンからの引用です。

---------------------------------------------------------------

教育工学とは、問題に対する特定の解を示すものではなく、

問題に遭遇したときにどのように解決すればよいかという方法を提供する学問である。

本書は、教育現場で授業を行う際に発生する諸問題を、

そうした教育工学的アプローチで考え、問題解決することをめざす。

前半で授業設計・学習評価、後半で情報活用・新しい教育手法について、

各章冒頭でクリティカル・クエスチョンをあげ、

それぞれ検討・考察を行うかたちで問題を解決に導く。

---------------------------------------------------------------

・教職を目指す学生さん

・現場の学校教育に携わる方

はぜひ。

基礎理論から学べます。

もちろん塾や予備校の先生方もぜひ一読してみてください。

教育熱心な親御さんも参考になるかもしれません。


きっと目からウロコの新しい発想が山盛りのはず、、、です。


少なくとも私には・・・衝撃的な学問でした。


当時、

「教育学って抽象的すぎて現場で使えるの?」

と疑問をいただいていた私ですが、

教育工学と出会ってからはその考えが一変しましたから。


教育理論はもちろん教育現場を大切にする方に読んでほしいです。

きっと新しい発想や考え方にたくさん出会えるはずです。


『学習者とともに取り組む授業改善
 〜授業設計・教育の方法および技術・学習評価〜』

http://inf.to/2yj




ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

教育工学を学んでみよう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





■読者数3万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 17:47| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

「うちの子は興味のあることしかやりません」を再考する。

勉強法を学習したい子はぜひ!

あと2名で初回の募集を終了します。

追加募集は今のところ未定です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お問い合わせありがとうございます。


昨日、3件ほどお問い合わせいただきました。

・1件は、小4生の中学受験対策のお問い合わせ。

・1件は、岐阜県にお住まいのご家庭からのお問い合わせ。

・1件は、某音楽大学から筆記試験対策のご相談。

です。


岐阜県のご家庭につきましては申し訳ありません。。。


お母様がとても残念がっておられました。


「どこかいいところをご存知ですか?」

と尋ねられたのですが、

「私からは・・・申し上げられません。」

と答えるしかなく。本当にすみません。


業者がありすぎて正直わからないようです。


本当はLFLを全国区にすべきかもしれませんが、

今の私にはその力がないのです。本当にごめんなさい。


あと、もし私にできることとしたら・・・

信頼できる他社さんを私が見極め業務提携することくらいでしょうか。

そうすれば、スピード感を持って全国網羅することができるとは思います。

うーん。。。


お断りしてしまうのが本当に申し訳なくて。


今、私の一番の悩みのタネです。



さてさて。

今日はいただいたメッセージにお返事しますね。

3名の方からいただいたメッセージをご紹介します。

ではどうぞ。

----------------------------------------------------------------

今だに、勉強の仕方が、分からなく 時間ばかり掛かって

全くと言っていいほど出来ていません。

毎日の宿題がそういう状態です。

----------------------------------------------------------------

学生、生徒たちへの教えるためのポイントを知りたい。

どうやったら興味を持ってもらえるか、

もっと勉強したいと思ってもらえることが大事だと考えるので、

何か参考になる情報を少しでも知りたい。

----------------------------------------------------------------

小5になる息子ですが、

小4から進学塾に通い、中学受験をめざしています。

まだ幼いのか、学校の友達といっしょに塾に通っていることもあり、

授業態度に落ち着きが無く、なかなか成績が上がってきません。

塾の先生からも、もう少し落ち着きがほしいと言われます。

当然、塾では一番下のいクラスです。

家でも、少しずつ家庭学習を習慣化させようとしてはいるのですが、

自主的ではないからか、やった感で満足していて、理解までいっていない感じです。

結果として、月例テストでは、いい結果がでません。

現在、算数については家庭教師をつけました。

少しでも本人にやる気を出してもらいたいのですが、

このようなケースの場合、親としては、

どのような対処の方法がありますでしょうか?

息子は甘えん坊で、ちょっと幼いところがあります。

ただ、娘の中学受験の勉強も間近で見ていて、

中学受験を決めたので、どのようなものか、なんとなくはわかっていると思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


----------------------------------------------------------------


以上、3名です。

メッセージありがとうございました。

最後の方はお返事する機会を逃してしまい、

お返事が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。


----------------------------------------------------------------
>今だに、勉強の仕方が、分からなく 時間ばかり掛かって
>全くと言っていいほど出来ていません。
----------------------------------------------------------------

わからないの度合がどのくらいなのか知りたいところです。

このくらいの情報だと可能性がありすぎてアドバイスが難しいです。

メッセージを書いてる方のバイアスも考慮する必要があるので、

それらを総合すると、どんな状態なのかな・・・難しいです^^;


時間ばかり掛かって、とのことなので、

真面目に勉強はしているのだと思います。

あとはチェックの問題でしょうか。

やってことが頭に残らないんですよね。

頭に残るような勉強方法に変えましょ。


よかったら、ご相談くださいね。


----------------------------------------------------------------
>どうやったら興味を持ってもらえるか、
>もっと勉強したいと思ってもらえることが大事だと考えるので、
----------------------------------------------------------------

勉強の定義・・・の話もあります。

人によって何を勉強とするのかが違うので。

机の上だけで行う勉強以外も勉強と考えてのメッセージだとすれば、

比較的簡単に興味を持ってもらえます。


身近なモノへの興味からはじめるのがよいです。

大きく言うと、

・身近なモノへの興味 → 机の上での勉強

・机の上での勉強 → 身近なモノへの興味

という2方向の流れがあります。


後者も大事ですが、前者も大事です。

机の上での勉強に興味を示さない子でも、

身の回りの身近なモノに対する何かしらの興味はあるはず。

そこから範囲を広げていくことを考えます。


よく、

「うちの子は興味のあることしかやりません」

という相談をいただきます。


勉強嫌いの子でも興味のあることは前のめりで取り組みます。

勉強してるつもりはなくても勝手にどんどん吸収してしまいます。


だから、"今持ってるその興味"からスタートさせます。

興味の範囲を少しずつ少しずつ広げていくイメージです。


たとえば、私の場合で言うと、

・大手塾授業 → 学校教育 →人材育成・能力開発

という流れで興味の対象が広がっていきました。


トコトン極めようと思うと、

結局その周辺に関する情報も必要です。

それがキッカケになって広範囲になっていきます。


よく、

「うちの子は興味のあることしかやりません」

ということを、

マイナスなこととして話される方がいるのですが、

そうじゃなくて・・・この興味をぜひ大切にしてください。


トコトン追求させることによって、

どんどん興味の対象が広がるはずですよ。


これはテスト対策の話ではないです。

もっと大きな視点で捉えた場合の話です。



----------------------------------------------------------------
>現在、算数については家庭教師をつけました。
>少しでも本人にやる気を出してもらいたいのですが、
>このようなケースの場合、親としては、
>どのような対処の方法がありますでしょうか?
----------------------------------------------------------------

うーん。

LFLへぜひご依頼ください。笑。

まずはその先生に相談されるのが一番だと思います。

もしくはその業者さんの担当者の方と相談をしてみるとか。

先生とご家庭で二人三脚で進めていくのがベターです。

より詳しいお子さんの現状ありきの対策や方法が大事ですから。

そのための家庭教師の先生だと私は考えていますよ。


ということで、以上3名です。

どこか一文でも参考になりましたら。



ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

メッセージありがとうございます!お返事します!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数3万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 13:57| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

過去の「4か月」を使って未来の「4か月」を想像させる。

勉強法を学習したい子はぜひ!

あと2名で初回の募集を終了します。

追加募集は今のところ未定です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



さてさて。

今日から10月です。

あっという間・・・すぎると思うのは、私だけでしょうか。


中学入試、高校入試、大学入試で細かな違いはあるものの、

入試まであと4か月ほどですね。


受験勉強は順調に進んでいますでしょうか。


今日は受験生に話す小ネタをひとつ。

私は受験生にこんな話をすることがあります。


「あと4か月で本番だね」

「4か月前の6月って何してた??」

「6月から10月まであっという間だったね」

「それと同じくらいあっという間に本番なんだよ」


受験本番までの期間にピンとこない子にする話です。

4か月と漠然と言われても想像できない子もいます。

だから、

・あえて過去の4か月を引き合いに出す

ことをします。

未来の4か月は想像しにくいとしても、

過去の4か月は経験済みの4か月なのでイメージが湧きやすいです。


だから、4か月前の出来事や直近の4か月の経緯を考えさせた上で、

これからの4か月における時間の長さが一緒であることを伝えます。


こういうアプローチで話すことで、漠然と

「あと4か月で本番だ!」

というよりも説得力が増すわけです。


ひとつのアプローチ手法です。

よかったらお子さんにも使ってみてください。


何事も話の持って行き方が大事です!




ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

過去の「4か月」を使って未来の「4か月」を想像させる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数3万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 12:23| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。