☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2013年10月11日

中間テストで10点でもマルをあげる方法!

勉強法を学習させたい方はぜひ!

本業プロ家庭教師らが贈る少人数限定の教室です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今日はフェイスブック上に書いたコメントから。

https://www.facebook.com/yuichi.saitou

*お友達申請、フォロー大歓迎です!


一部引用しながらメルマガでもご紹介しますね。

「マル」をもらえるとモチベーションがあがる子がいます。

もしお子さんがそんな子ならいい方法があります。

簡単に「マル」をあげる方法です。


通常は、テスト難易度にあわせて指導して、

学力を伸ばして得点できるように導いていきます。

結果として「マル」がもらえます。

そして、お子さんのモチベーションが上がるわけです。


しかし、「マル」をもらう前に諦めてしまう子も多いです。

本当は「マル」がほしいけど、

そこまで苦労して「マル」をもらいたくないと言う子もいます。


そんな子には、この考え方と逆の考え方を使います。

テスト難易度をお子さん本人の今の実力にあわせて作ります。


新しく学習しなくても現状の力で「マル」になるわけです。

テスト作成の目的を変えることで簡単に「マル」をあげらます。


ただし、学校のテストはお子さんにあわせた難易度設定にはしません。

一個人のために学校はそこまで対応はしません。


しかしながら、私たちはひとりのお子さんのために指導してます。

私たちプロ家庭教師が個別にお子さんにテストを作成して実施するわけです。


今の力でも「マル」ばっかりがもらえるテストを作成します。

お子さんだけのオーダーメイドテストです。

そうすれば、すぐに満点を取れるようになります。


お子さんの周りにいる大人らが、

点数ばかりを意識させるような言葉かけをしているからこそ、

お子さん本人もそういう思考になっているわけだけど、

それを逆手にとった手法を用いて、モチベーションをあげる方法ですね。

比較的簡単にモチベーションをあげられます。


今回の中間テストで10点でも大丈夫です。


お子さんの学力にあわせたオーダーメイドテストなら、

お子さんに90点を簡単に取らせることができます。

そして、お子さんをやる気にさせることができるわけです。


徐々にオーダーメイドテストの難易度を上げていって、

最終的には学校のレベルまで引き上げたりそれ以上に設定します。

うまく気持ちを乗せ続けていくイメージですね。

結果として学校の成績も伸びていくでしょう。


テストの点数でやる気が左右される子ならこんなアプローチ手法もあります。


もちろん手間はかかりますが、、、

完全マンツーマンのプロ家庭教師ならではの手法です。


お子さんの性格にあわせた指導をするのがLFL( http://www.lfl.jp/ )の役目です。

それが保護者の方が教育投資するに値する付加価値のある指導だと考えてます。



上記の指導方法はほんの一例ですが、

テスト結果がよくない・・・という保護者の方いらっしゃいますかー。


お子さんにあわせた完全オーダーメイドの指導して伸ばしていきますね。

お気軽にご相談いただけたらと思います。



ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



追伸:

もしお子さんの「勉強」でお困りでしたら

私齋藤までお気軽にご相談いただけたらと思います。

▼ご相談はこちらから。
http://www.lfl.jp/contact/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

お子さんだけのオーダーメイドテストでやる気アップ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数3万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告





posted by yuichi_saito at 16:29| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。