☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2013年10月20日

【相談】数学が基礎から分かっていないため、どうしたらいいか悩んでいます。

勉強法を学習させたい方はぜひ!

本業プロ家庭教師らが徹底サポートします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


メッセージありがとうございます。

今日は最近いただいたメッセージをご紹介しますね。

一部、お返事します。


----------------------------------------------------------------------------------

中学3年生の息子は個別指導塾へ通っていますが、

全く成績が上がらず・・・。

特に数学が基礎から分かっていないため、

どうしたらいいか悩んでいます。

----------------------------------------------------------------------------------

いつも楽しみにメールを拝見しております。

ガイドブックぜひ参考にさせてください。

いつも、ためになる内容をありがとうございます。

----------------------------------------------------------------------------------

短時間で要点をつかめたら、

どんなによいことかと思います。

----------------------------------------------------------------------------------

メルマガいつも拝見しております。

ありがとうございます。

----------------------------------------------------------------------------------


以上、4名です。


メッセージありがとうございます。

すべてのメッセージを拝読させていただいてます。


以下お返事させていただきますね。

----------------------------------------------------------------------------------
>中学3年生の息子は個別指導塾へ通っていますが、
>全く成績が上がらず・・・。
>特に数学が基礎から分かっていないため、
>どうしたらいいか悩んでいます。
----------------------------------------------------------------------------------

数学が基礎からわかっていない・・・

ということですが、

いつからつまずいているでしょうか。


人によって「基礎」の具体的な意味合いが異なります。


いつも思うのですが、

保護者の方がどういう状態を指しているのか、

実際にお話してみないとわからないことばかりなんですよね。


ここでは一般論でアドバイスしますね。


基本的には、

・わかるところまで戻って学習し直す

ことが有効です。


今、私が担当している高校2年生(高校退学)のお子さんは、

約2年間学校教育の世界から遠ざかっていた期間がありました。

そのため、さっぱり忘れてしまっていることも多いのです。


だから、中学1年生の内容からやり直してます。

高校2年生ですが、中1数学からの再スタートです。


他の例だと、

MARCHクラスの大学院生への指導では、

小学校3年生の内容にさかのぼってスタートしてます。

・かけ算九九がスムーズに出てこない
・億のケタを言えない
・少数×整数のかけ算ができない
などから判断してです。


50歳代の女性へ指導したケースだと、

中1数学から指導しているケースもあります。


以前、都内にある女子大で行った

大学3年生への就活の筆記試験対策の講座では、

苦手な学生さんが多いので小3算数からスタートしています。



来月、私は音楽大学で音大生に数学を教えるのですが、

たぶんこの大学でも小学生の算数から戻って教える予定です。


と・・・


いくつか具体例を挙げました。

大事なことは本人のわかっていないところから教え直すことです。


中学3年生だからと言って、

中学3年生の内容を教えることが適切だとは限りません。


その前の内容が習得していないのだからそこまで戻りましょう。

結果的にそのほうが早く習得できることが多いです。


現在、中学3年生ということですが、

もし高校受験があるなら、早急に対応してくださいね。

高校入試でぼろぼろになってしまいかねません。


中高一貫校だとしても進度が早いでしょうから、

早急に対応しなければさらに取り残されていきます。

落ちこぼれるスピードが公立校よりも私立校のほうが早いです。


一番大切なことは、一つずつ確実に学習することです。


学校の定期テストがぼろぼろだとすると、

おそらく学校の授業が機能していない可能性があります。


要は、椅子に座ってるだけ、という状態です。


公立校なら週に3〜4コマ、私立校なら週に5〜7コマ

ある数学の授業がほとんど無駄になっている可能性があります。


学校の授業を有効活用するためにもサポートが必要です。

どんな個別指導塾に通っているのかわかららないですが、、、


一般的な個別指導塾はそこまで細かなサポートはありませんので、

ぜひ一度ご相談いただけたらと思います。


◎ご相談はこちらから。
http://www.lfl.jp/contact/


数学教育のプロとしてのアドバイスをしますね。

↑数学のプロじゃないです。数学教育のプロです!



ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

わかるところまで戻って学習し直すのが基本

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数3万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告





posted by yuichi_saito at 22:22| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。