☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2014年08月28日

ついに、代ゼミが大幅縮小します。

勉強法を学習したいお子さんはぜひ!

本業プロ家庭教師らが徹底サポートします。

表参道駅徒歩30秒!短期受講もOKです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


すでにご存じの方も多いと思いますが、

予備校業界で衝撃のニュースが報道されてます。


大手予備校 代々木ゼミナールが全国27校舎あるうち、

20校を閉鎖。閉鎖校は生徒募集停止するとのこと。

代ゼミのセンター模試やセンターリサーチも今年度で最後とのことです。


●参照URL:http://goo.gl/Bi6Tt1


実はこれ・・・業界では有名なお話です。


私がこの事実を知ったのは大学院生のときです。

なので、今から7年〜8年前からずっと知ってました。


その時代から代ゼミ講師には通達が行っていたそうで、

クビ切りにあう可能性のある講師は自発的に他予備校に移ってました。

当時の情報だと、全国に残す講師は100名ほど。

生授業ではなく映像授業中心になるとのこと、でした。


↑大手予備校のK塾の現役講師からの情報です。


ちなみに・・・

「代ゼミは不動産で儲けてる」

とのことです。

↑この話をするとびっくりする方が多いです。


実際に業態転換を目指すようですね。

ホテルとかレンタル会議室とかに変わるみたい。


時代の移り変わり・・・ですね。


おそらく原因は・・・

代ゼミの主要層の減少と志向変化かもしれません。


・子どもの人数の減少

・浪人よりも現役志向に

・私立大よりも国公立大志向に

・文系よりも理系志向に

といったところかなと思います。




ちなみに・・・

私は大手予備校のようなマス向け受験教育をするつもりはありません。

あくまでもひとり一人の子に向けた個別具体的な教育をしたいです。


個々のご家庭にご希望が全然違いますから。

できる限りご家庭の希望を叶えていきたいですもん。



私はマンツーマン指導にこだわっています。

そうすると指導できる人数にどうしても限りが生まれますが、

ご家庭のご希望に添えないまま自己満足で大人数を教えるよりも、

とにかくひとり一人の現状にあわせて少人数でも徹底的に指導したいです。


たくさんの子どもたちに浅く関わるよりも

少ない人数の子どもたちであっても深く関わりたいな、と。


そう思って活動してます。

ひとり一人のための教育ですからね。


引き続き、がんばりますね。



ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



追伸:

お子さんの「勉強」でお困りでしたら

私齋藤までお気軽にご相談いただけたらと思います。

▼ご相談はこちらから。
http://www.lfl.jp/contact/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

ついに、代ゼミが大幅縮小します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告





posted by yuichi_saito at 20:42| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

第3弾!メッセありがとうございます。お返事します。

勉強法を学習したいお子さんはぜひ!

本業プロ家庭教師らが徹底サポートします。

表参道駅徒歩30秒!短期受講もOKです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



たくさんのメッセージをいただいています。


今日もメッセージのお返事しますね。

今日は4名です。

いつもありがとうございます。


個人的にお返事させていただいた方もいますが、

一部、こちらでもお返事をさせていただきますね。


ここから↓

--------------------------------------------------

参考になる配信、ありがとうございます!

勉強になります^^

--------------------------------------------------

いつも読ませていただいております。

為になる内容が多く、感謝しております。

--------------------------------------------------

息子が発達障害のグレーゾーンです。高校一年です。

中学ではオール2。中には、偏差値55以上の教科も

いくつかありましたが、提出物、態度の点で2でした。

其の後、オール2で入れる学校にはいり、

入学あとすぐの試験で学年一桁になるも、期末では、

まったく勉強せず40人クラスで半分以下。

態度点では、cがついてしまいました。

--------------------------------------------------

教員をしています

いつも拝読させていただいています

とても参考になっています

これからもいろいろとお教えください

よろしくお願いします

--------------------------------------------------

以上、4名です。

一部お返事させていただきますね。


--------------------------------------------------
>息子が発達障害のグレーゾーンです。高校一年です。
--------------------------------------------------

お子さんはグレーゾーンなんですね。

態度で成績が悪くなってしまう状態なのですね。

態度を改善させるのは難しい、ということでしょうか。

・・・そうするともっと先の将来が心配ですね。。。


たとえば就職試験の筆記試験は突破できたとしても、

その後の面接試験で落とされる可能性も大きいですから。


今、LFLでもグレーゾーンと言われている

お子さん(中3生)を指導してます。

どうも落ち着きがないお子さんです^^;

ただ指導中の態度は特に問題ありません。


基本方針は・・・

一つ武器を作ろう!という発想で指導してます。


昔から英語が好きで中1の段階で英検3級取得してました。

ですので私も高校は英語教育に力を入れてるところを勧めてます。


どのような教育方針で伸ばすのか・・・は親御さん次第ですが、

オールマイティにというよりも何かひとつ秀でたところを伸ばすのが

いいかな、というのが私の基本的な考え方です。


--------------------------------------------------
>教員をしています
>いつも拝読させていただいています
--------------------------------------------------

学校の先生ですねー。

ありがとうございます。

学校教育にお役に立てたら幸いです。





ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

メッセージありがとうございます。お返事します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 23:48| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

第2弾!4名の方にお返事します。

今日もメッセージのお返事しますね。

たくさんのメッセージをいただいています。

いつもありがとうございます。


個人的にお返事させていただいた方もいますが、

一部お返事させていただきますね。


--------------------------------------------------

教育コラムは、楽しみに拝見させていただいています。

さわやかで、適切なアドバイスには、いつも感銘いたします。

今後のご活躍を期待しています。

--------------------------------------------------

中学三年生ですが、一学期の成績が酷くて、

夏休みは一生懸命勉強して、偏差値10を上げると言っていましたが、

もうサボり始めて・・・

たぶん、夏季講習はいっていて、

自習室で自分がどんな勉強をしていいのか、

わからないと思います。、

--------------------------------------------------

娘はまだ保育園生ですがメルマガとてもためになります。 

よろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------

初めまして。大阪で学習塾を経営しております、○○と申します。

メルマガを購読していた中で、

「より良い勉強法を見つけるには?」の記事から興味がわき、

ガイドブックのプレゼントに申し込みました。

よろしくお願いします。

--------------------------------------------------

以上、4名です。


一部お返事しますね。

--------------------------------------------------
>教育コラムは、楽しみに拝見させていただいています。
>さわやかで、適切なアドバイスには、いつも感銘いたします。
--------------------------------------------------

お褒めのお言葉、ありがとうございます。

さわやか・・・ですか^^;

たぶん、はじめて言われた言葉かもしれません。

コラムやかなり時間をかけて1本ずつ丁寧に製作してます。

お褒めいただけると本当にうれしいです。

ありがとうございます。


今、現場の生徒指導に手いっぱいになってる状況で、

新しいコラム製作がストップしている状態で申し訳ありません。

今公開してる100本で終わりではなく、

今後もずっと書き続ける方向で考えています。

お伝えたいことは山ほどあります^^


--------------------------------------------------
>中学三年生ですが、一学期の成績が酷くて、
>夏休みは一生懸命勉強して、偏差値10を上げると言っていましたが、
>もうサボり始めて・・・
--------------------------------------------------

こういうお子さん多いですよね。

ひとつの原因は目標設定にあるんですが、、、

本人は気づいていません。笑


偏差値10上げるっていうのは簡単です。

じゃあ具体的に何をすれば10上がるのでしょうか?

もちろん数値目標も大事なのですが、

その数字を達成するための具体的な行動目標はありますか。

その具体的な行動目標があったとしても、

それを実際に行動に移すことで本当に10上がるのですか?

偏差値10上げたことのないお子さんだったら、

きっとどれだけのことをすると10上がるのがわからないでしょう。


結果的にお題目としての目標になっているケースが目立ちます。

やぱりこのあたりを一緒に考えてくれる先生を見つけるのが一番です。


だからこそ私はプロ家庭教師という仕事に魅力を感じてます。

お子さんのことを一番よくわかってくれる身近な存在・・・

としてのプロ家庭教師はお子さんの強い味方ですから^^



参考程度ですが・・・

トップダウンで数値目標から具体的な行動目標を考えるアプローチ。

ボトプアップで行動目標から数字目標が達成可能かを考えるアプローチ。

と両方の視点から考えてみてくださいね。

私はよくやってますよ^^



--------------------------------------------------
>娘はまだ保育園生ですがメルマガとてもためになります。 
--------------------------------------------------

ありがとうございます。

最近、小学生に上がる前のお子さんをお持ちの

若いお母様方もご覧になっているケースが増えてるようです。

最初はちょっと想定外な出来事でビックリしました。

まぁでも参考にしていただけたらうれしいです。


--------------------------------------------------
>大阪で学習塾を経営しております、○○と申します。
--------------------------------------------------

ありがとうございます。

学習塾を経営されてらっしゃるんですね。

プロの方にご参考にしていただき大変光栄です。

教育関係者の目線からみても参考としていただける

情報をお届けできるようにブログを書いていきますね。






ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



追伸:

お子さんの「勉強」でお困りでしたら

私齋藤までお気軽にご相談いただけたらと思います。

▼ご相談はこちらから。
http://www.lfl.jp/contact/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

メッセージありがとうございます。お返事します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 15:12| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

ひさしぶりのブログ更新です。

勉強法を学習したいお子さんはぜひ!

本業プロ家庭教師らが徹底サポートします。

表参道駅徒歩30秒!短期受講もOKです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



久しぶりのブログ更新です。


約2か月ほどブランクが空いてしまいました。。。


すみません。

たぶんここまで期間が空いたのははじめです。笑。


言い訳になってしまうのですが・・・

相変わらずとても忙しい状況が続いています。



私は現場第一主義の人間です。


目の前の子どもたちへの指導を優先しているので、

忙しすぎるとブログ更新の優先順位が落ちていくんですよね。

申し訳ありません。

特に楽しみにされてる方がいらっしゃるのに本当にすみません。


なかなか安定して書き続けられないのですが、、、

できる限り継続してお届けしていきたいとは思っています。

よろしくお願いいたします。



さてさて。

頂いてるメッセージが溜まってきてます。

個人的にお返事させていただいた方もいらっしゃいますが、

シェア&一部お返事しますね。

↓ここから。


--------------------------------------------------

自分は、点が取れない子供でしたので、

自分の孫には、そういう思いをさせたくなくて、

読ませていただいてます。

--------------------------------------------------

プロの勉強法に興味を持ちました。

よろしくお願いします。

--------------------------------------------------

毎回、参考にさせていただいております

--------------------------------------------------

以前より読ませていただいております。

息子が中一になり、毎日の生活を見ていると、

部活オンリーになっていて、非常に不安を感じています。

--------------------------------------------------

お願いします

--------------------------------------------------

10月に昇任試験で論文があります。

教育関係の仕事をしています。論理力がありません。

課題文が与えられ1500字くらいで書きます。

勉強法アドバイス下さい。

国語力も鍛えないといけないですか?

--------------------------------------------------

以上、6名です。


メッセージはすべて拝読させていただいてます。

他の方のメッセージはまた後日お返事させていただきます。



--------------------------------------------------
>自分は、点が取れない子供でしたので、
>自分の孫には、そういう思いをさせたくなくて、
>読ませていただいてます。
--------------------------------------------------

なるほど。

ご自身は点数の取れない子どもだったのですね。

単純に勉強そのものが嫌いだったのでしょうか。

勉強は好きだけど点数に結びつく勉強はできなかったですか。


点数が取れない・・・という結果は一緒ですが、

その原因はお子さんごとにまちまちです。

原因が何にあるのか考えることはとても大切です。


今、私は、2回目の高校2年生(留年した子)を指導してますが、

彼は雑学的な知識は豊富です。

私よりもよっぽど色々なことを知ってます。

だけど、学校の成績はよくありません。

原因は自分の興味のあることだけ勉強してるからかな?と思ってます。

学ぶことそのものに抵抗はないので本当にもったいない。。。


教科への興味をもっともっと引き出せれば、

点数も取れるようになるだろうな・・・と思っています。

最初の私の私の役目はそんな彼の思考の方向修正からです^^


原因がどこにあるのか、ちゃんと考えてくださいね。




--------------------------------------------------
>以前より読ませていただいております。
>息子が中一になり、毎日の生活を見ていると、
>部活オンリーになっていて、非常に不安を感じています。
--------------------------------------------------

なるほど。

よくいる典型例ですね。

部活のための学校になってる子をたまに見かけます。

総じて学校の成績はよくない傾向にあるようです。

文武両道・・・は理想だと思うのですが、

「えっ?こんなに部活時間が長いの?」

と思う子もいます。

通常の部活に朝練+土日は練習試合付け・・・の状態です。

いろいろ問題になってるみたいですね。

たまに部活関連の教育ニュースも目にしますし。


部活オンリーはよくありません。

それによって、学校授業中に寝る・・・とか。

夜帰ってから疲れすぎていて勉強時間ゼロで寝る・・・とか。

テスト前なのに試合があって特例で部活やる・・・とか。

そういう状態なら考えモノです。


あとから取り戻すのは大変ですので、

基本的は・・・今学習すべきことは今学習する、

という方針で考えてくださいね。

それが部活の影響でできていないのなら、

考え直すことも検討したほうがよいと思いますよ。


--------------------------------------------------
>10月に昇任試験で論文があります。
>教育関係の仕事をしています。論理力がありません。
>課題文が与えられ1500字くらいで書きます。
>勉強法アドバイス下さい。
>国語力も鍛えないといけないですか?
--------------------------------------------------

教育関係者の方からのメッセージですね。

ありがとうございます。

よく学校や塾の先生からもご相談いただいてます。

私はプロから認められるプロ・・・こそが、

本物のプロだと思っているので、本当に光栄です。

ありがとうございます。


勉強法の無料アドバイスにつきましては、

以下をご参考にしていただけたらと思います。

○小論文の必須条件
http://www.lfl.jp/know/knowhow123.html

○理系小論文、正しく対策できていますか?
http://www.lfl.jp/know/colum201.html

○一文を短くしよう。
http://www.lfl.jp/know/knowhow416.html

○意見をストックする。
http://www.lfl.jp/know/knowhow417.html


小論文の勉強はプロに添削いただくことが必須条件です。

過去問など入手いただき実際に書いたものをプロの先生に見せて、

添削してもらいながら勉強されるのが効果的かと思います。


人に指摘してもらわないと同じような過ちを繰り返すだけですから。


当グループでも小論文の添削指導をしています。

ご興味ございましたらご相談ください。


もちろんAO入試や推薦入試や一般受験の小論文対策もしてます。

「小論文試験があってどうしたらいいかわからない」

とお悩みでしたらお気軽にご相談いただけたらと思います。



ということで今日は以上です。


ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



追伸:

お子さんの「勉強」でお困りでしたら

私齋藤までお気軽にご相談いただけたらと思います。

▼ご相談はこちらから。
http://www.lfl.jp/contact/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

メッセージありがとうございます。お返事します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 22:55| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。