☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2015年04月26日

6名の方に。メッセージありがとうございます!

いつもメッセージありがとうございます。

今日はメッセージをご紹介しますね。


すべてに目を通しています。

一部お返事をしますね。

ここから↓

------------------------------------------------------------------------------------------

中学2年生の子は、成績がだんだん少しずつですが、落ちてきています。

小学6年の子は、算数がとても苦手でいつも泣きながら問題を解いています。

どちらも努力しているように思いますが、

勉強方法が間違っているのでしょうか?

------------------------------------------------------------------------------------------

教員OBです。

現職時代に坂元昂先生の講演を聴いたこともあります。

現職の教員と話すとき貴殿の優れた教育方法を話題にして

勉強するように勧めています。

教育方法の最適化を追求するこのマガジンを勧めています。

沖縄在の者です。

旅行で沖縄に来られる機会があって都合が付けばお会いしたいです。

------------------------------------------------------------------------------------------

とても興味がわくタイトルなので、よろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------------------------------------------

現在高校2年生で、個別指導の塾か家庭教師か迷っています。

今の自分の勉強法で希望の学校に行けるか不安です。

------------------------------------------------------------------------------------------

御社の指導方法を、ぜひ学ばせていただきたいと思います。

------------------------------------------------------------------------------------------

いつもコラムを参考にさせていただいております。

ありがとうございます。

まだまだ寒い日が続くかと思います、

斎藤様始め講師の方々、ご自愛くださいますよう。

悩める保護者の為にも頑張ってください。

------------------------------------------------------------------------------------------


以上、6名です。


一部、お返事したいと思います。

------------------------------------------------------------------------------------------
>中学2年生の子は、成績がだんだん少しずつですが、落ちてきています。
>小学6年の子は、算数がとても苦手でいつも泣きながら問題を解いています。
>どちらも努力しているように思いますが、
>勉強方法が間違っているのでしょうか?
------------------------------------------------------------------------------------------

うーん、そうですね。

状況がわからないのではっきりと申し上げられないですが、

努力してるのに成績がだんたん落ちてきている…と言いますが、

成績の評価方法はどうなっていますでしょうか。

絶対評価であっても、相対評価的な成績評価の学校もあります。


相対評価なら単純に周りのお子さんと比べての比較なので、

お子さん自身の学力の伸びよりも周りのお子さんの方が伸びてます。

一個人の前後比較で見たら伸びてるはずですよ。



小6のお子さんは泣きながら問題解いてるのですね。

あまりよい傾向ではないですね。

勉強はそもそもイヤイヤやるものではないので、

長い目で見たときにはそのうち勉強から離れていくでしょう。

あくまでも勉強は楽しくするものです。

そう思えるようにならないと、

5年、10年、20年が心配ですね。。。



------------------------------------------------------------------------------------------
>現職時代に坂元昂先生の講演を聴いたこともあります。
------------------------------------------------------------------------------------------

坂元先生は、私の大学院の恩師の恩師ですよ。

もちろん私も坂元先生とお会いさせていただいたことあります。

お酒の席ですが…(笑)



------------------------------------------------------------------------------------------
>現職の教員と話すとき貴殿の優れた教育方法を話題にして
>勉強するように勧めています。
>教育方法の最適化を追求するこのマガジンを勧めています。
------------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございます。

教育方法の最適化…ですか(笑)

子どもたちの学力を伸ばそうと思って常に理想を追い求めてます。

本当にいろんな子がいるので私もいつも四苦八苦してます。



------------------------------------------------------------------------------------------
>現在高校2年生で、個別指導の塾か家庭教師か迷っています。
>今の自分の勉強法で希望の学校に行けるか不安です。
------------------------------------------------------------------------------------------

もしお力になれそうならお声かけ下さいね。

私のほうでも尽力させていただきます。



------------------------------------------------------------------------------------------
>御社の指導方法を、ぜひ学ばせていただきたいと思います。
------------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございます。

コラムは複雑にならないようにいつもシンプルな論理展開にしてます。

保護者の方へ明確にメッセージをお届けするためです。


プロ目線から見ても驚く視点が多いようですが、

参考になる点があれば参考にしていただけたらと思います。







ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



追伸:

お子さんの「勉強」でお困りでしたら

私齋藤までお気軽にご相談いただけたらと思います。

▼ご相談はこちらから。
http://www.lfl.jp/contact/



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

メッセージありがとうございます。お返事しますね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 12:07| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

5名の方に。メッセージありがとうございます。

勉強法を学習したいお子さんはぜひ!

本業プロ家庭教師らが徹底サポートします。

表参道駅徒歩30秒!短期受講もOKです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



新年度が始まって3週間ですね。

お子さんも少しずつ新しい生活に慣れてきましたでしょうか。


私は昨年度は本当に忙しく慌ただしい毎日でした。。。

ようやく生徒指導も落ち着いてきてブログ更新してます。


全国から沢山のメッセージをいただいていたのですが、

お返事が滞っている状態で申し訳ありませんでした。


いただいたメッセージにはすべて目を通していますよ。

少しずつお返事していきますね。



今日は5名の方からいただいたメッセージをご紹介します。

一部、お返事しますね。


--------------------------------------------------

いつも良いお話をありがとうございます。

とても参考になります。

これからも益々のご活躍をなさいますよう、陰ながら応援させて頂きます。

--------------------------------------------------

褒めることの難しさを痛感しています。

私も9まで褒めないタイプです。

褒め基準と言われて興味を持ちました。

褒め達的な講義を受けたこともありますが、

何かワザとらしくて普段と変わりなくなってしまいました。

昔の人間なので叱って育てる的な方が合点がいく感じですが

時代が変化しているので頭を切り替えなければと思い応募致します

--------------------------------------------------

資格試験が年々難しくなってきています。

それに対して対応していきたいのですが

--------------------------------------------------

家庭教師を数人担当している国公立理系大学に通う学生です。

最近担当しはじめた小学生の子が伸び悩んでおり、

悩んでいるときにここにたどり着きました。

ガイドブックを読んで参考にさせていただきたいです。

--------------------------------------------------

50歳を過ぎてから無性に勉強をやりたくなりました。

ぜひ、参考にさせていただきたいので応募します。

--------------------------------------------------


以上、5名です。


--------------------------------------------------
>いつも良いお話をありがとうございます。
>とても参考になります。
--------------------------------------------------

ありがとうございます。

参考にしていただけて光栄です。

今後ともよろしくお願いいたします。



--------------------------------------------------
>褒めることの難しさを痛感しています。
>私も9まで褒めないタイプです。
--------------------------------------------------

多いですね…(笑)

自分基準で考えるほめ基準…。

褒め言葉ばかり勉強してもその言葉が出なければ

使う頻度が少なくなります。


お子さんにあわせた「ほめ基準」を設定してくださいね。


そんなの当たり前でしょ…とつい言いたくなりますが、

そう思える自分になったのはそういう教育があったからです。

そう思えるように育ててもらったことに感謝しなきゃですよね。


お子さんにとってはまだまだその基準まで到達してません。

だから褒めない・・・のではなくて、

その基準まで導くべく褒めてあげてくださいね。



--------------------------------------------------
>家庭教師を数人担当している国公立理系大学に通う学生です。
>最近担当しはじめた小学生の子が伸び悩んでおり、
>悩んでいるときにここにたどり着きました。
--------------------------------------------------

伸び悩む原因はいろいろあります。

単純に勉強方法で解決するならいいですね。

試行錯誤してがんばってください。



--------------------------------------------------
>50歳を過ぎてから無性に勉強をやりたくなりました。
>ぜひ、参考にさせていただきたいので応募します。
--------------------------------------------------

素晴らしいですね。

人間、一生涯勉強ですから。

年齢は関係ないですもん。

勉強していきましょ!!

私も日々新しいことを勉強してます。






ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



追伸:

お子さんの「勉強」でお困りでしたら

私齋藤までお気軽にご相談いただけたらと思います。

▼ご相談はこちらから。
http://www.lfl.jp/contact/



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

メッセージありがとうございます。お返事しますね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 15:17| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。