☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2019年06月24日

教育研究論文を読んでます。

こんにちは、齋藤裕一です。

先日の教授の祝賀会で頂いた最近の教育研究論文を読んでます。

ずっと試験学力ばかりを追求してきた自分を省みるキッカケになったのは間違いなくこの研究室の影響です。

実生活・実社会における活用を念頭に置いた指導方法に意識が向くようになったのは間違いないです。

大学で就活筆記試験講座を行うときも、大学のご意向である試験における得点アップを最重視した講座にする一方で、

「キミたちが社会に出たときに、こういうときは〜この推論の問題で考える〇〇を使って…。」

といった実社会と関連する話を自然な流れで取り入れるようにしてます。


私がガッツリと入り込んでいる理系単科大学さんの講座では、毎回、大手上場企業を退職されてから教授になられた方々が私の講座を見学されているのですが、この教授らにこの手の話が響いているからこそ、私の講座をもっともっと増やすように毎年のように大学理事長に掛け合ってく下さってるのかもしれません。


私は、プロ家庭教師として個々人のつまづきを熟知した指導ノウハウを取り入れた講座を色んな大学で行っています。

結局、算数・数学の苦手な大学生のほとんどは、小中高で苦手になってます。

その小中高校生の苦手な部分を横断的に熟知した上で筆記試験講座を行えるのは私のような立場の人間だけ、かもしれません。


私の強みが生きます。


あー、それにしても喉を傷めすぎ。

日常生活ではあまりしゃべらないようにしてる日々です^^;

今日も大学講座がんばらないと。

ではでは!

今日はこの辺で。
またお会いしましょう。

齋籐裕一



追伸:
お子さんの「勉強」についてお困りでしたら
私齋藤までお気軽にご相談いただけたらと思います。

▼ご相談はこちらから。
http://www.lfl.jp/contact/





■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 14:22| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ