☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2019年07月04日

古い年度の過去問の購入をお勧めします。

こんにちは、齋藤裕一です。

過去問を攻略することが受験合格の鉄則です。

私が指導しているお子さんは他の受験生よりも圧倒的に過去問演習量と過去問分析に時間を割いてます

今年も逆転合格を狙う高校3年生の指導をしています。
今の偏差値とのギャップでだいたいプラス20くらい上位校合格を狙います。


このくらいのギャップがあると、世間で言われるような普通?の勉強方法では合格できません。

たとえば、もっとも効率の悪い時間の使い方が模試の受験です^^;

ほぼ意味がないです。

しかも通っている予備校の模試なんてまず意味がない。

学校で強制的に受験させられる模試だけで十分です。

それ以外は時間の無駄なのでまず受験しないように話してます。

そんな時間があるくらいなら、勉強時間の確保をしましょう。


もうすぐ夏休みです。

まず過去に発売された赤本も用意しましょう。

たとえば、3年分掲載であれば、以下の年度を用意します。

・2020年度版
・2017年度版
・2014年度版
・2011年度版
・2008年度版

これだけで3年×5冊=15年分の用意ができます。

東大・東工大や早稲田大・慶応大だったら50年分掲載の問題集があるのですが、まとまった年数分の過去問集がない学校を受験する場合は、古い年度の過去問をそろえてくださいね。

ただし、古い年度の過去問は中古のため売り切れる可能性があります。

売り切れると受験勉強に支障が出るので、早めに入手するように指示してます。


過去問の話はここのコラムでも書いてます。

自分の学力よりも上位校(模試偏差値上の話ですが)を狙っているお子さんは徹底的な過去問分析と対策が必要です。

「6か月間だけでどうにか合格したい!」という方はご相談下さいね。


ではでは!

今日はこの辺で。
またお会いしましょう。

齋籐裕一



追伸:
お子さんの「勉強」についてお困りでしたら
私齋藤までお気軽にご相談いただけたらと思います。

▼ご相談はこちらから。
http://www.lfl.jp/contact/





■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告





posted by yuichi_saito at 11:17| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ