☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2019年07月13日

サピックス小5冬マンスリーテスト算数0点から指導スタートして算数が最も成績のよい教科になりました。

こんにちは、齋藤裕一です。

現在、サピックスの小5冬マンスリーテスト算数0点だったお子さんの指導を引き受けてます。

最初、お母様から、

「なんとかなりますでしょうか?」

とご相談いただいたのを今もよく覚えています。


彼女は、最初、以下のような計算間違いをしてましたから。

1+2×3=9

そりゃ…0点になります。

四則演算すら身についてないのですから。。。



で、彼女はこれまでは国語が一番の得意教科でしたが、今では算数の成績が一番よくなってます。

月3回指導という変則的な指導ペースで、算数だけをガンガンやってるわけじゃないです。

それでも今ではこれまでの人生でずっと得意だった国語よりも算数のほうが偏差値が高く出ています。


中学受験は、大学受験に比べれば問題難易度が易しいです。

↑当たり前か。

一部のトップレベル中学を目指さないのであれば、四則演算が怪しいレベルからでも1年未満で準トップレベル中学の合格圏の得点を取らせることができます。

私が教えてるお子さんは大抵のケースで算数&数学が一番の得意教科になるんですよね。


東工大院の教育工学研究室の後輩であり、算数の教材制作のプロの方からは、

「齋藤マジック」

と言われます(笑)


ずーっと身近で何年間も何度もありえない成績上昇を聞いてますので(笑)

私が教えたときの成績の伸び方が常識外れなので、まるでマジックのように思えるみたいです。


私は数学教育が本業です。

小学生・中学生・高校生・大学生・社会人に、塾・予備校・家庭教師・大学・短大・専門学校で教えたり。

数学の専修免許状取得、東工大院での数学指導法の研究、過去問解説の編集、問題集制作の経験もあります。

学習障がいをお持ちのお子さんの指導や、重度のダウン症のお子さんの指導や、うつ病のお子さんの指導経験もあります。

北京在住の方の指導経験や、アメリカSAT対策(現在進行中)の指導経験もあります。


ありとあらゆる指導経験を積んでますので^^;

ある意味で当たり前ですね。


これからも「齋藤マジック」やっちゃいます。(笑)

私は子どもたちの夢を応援するこのお仕事が大好きです。


ではでは!

今日はこの辺で。
またお会いしましょう。

齋籐裕一

追伸:
お子さんの「勉強」についてお困りでしたら
私齋藤までお気軽にご相談いただけたらと思います。

▼ご相談はこちらから。
http://www.lfl.jp/contact/





■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告






posted by yuichi_saito at 21:59| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。