☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2008年07月15日

研修資料として当ブログを用いる場合について

ある方からご挨拶をいただきました。

その中で、少々気になったので、ここで明確にしておきたいと思います。

私のブログの記事に掲載されている指導法およびその他の記事は、塾などの団体での研修などで使用することを目的とする場合については、下記のように規定します。


■記事の印刷および配布はご遠慮ください。
■プレゼンで提示する場合は、必ず引用元もあわせて提示してください。また、引用する場合は、必ず前もって提示目的・提示内容・提示方法の3点をcontact@lfl.jpまでご連絡をください。

*本規定は、予告なく変更される場合があります


○引用元の提示例○
タイトル: 塾・家庭教師・予備校指導日記☆
URL   : http://educationalgroup.seesaa.net/
検索方法: google検索「家庭教師」「数学」の2単語にて1件目




今回は、首都圏にある超有名な大手塾の個別指導部門の塾での引用とのことですが、私個人としては、大手塾ではなく個人塾の方々のサポートをどんどんしていきたいと思ってます。


将来的には(20年後には)、LFLは教育業界の登竜門の立場を確立しています。

登竜門というからには、「LFLを出ている人はすごい!」「LFLなら教育業界できちんと独立できる!」「LFLならコンサル能力を磨ける!」というのが当たり前の状態にします。

LFLは新しい概念である【学習コンサルティングファーム】を形成し、子供たちの学習における問題解決のプロフェッショナル集団の確立を手段とし、目的である教育業界の登竜門の位置づけを目指します。


また、将来的に自分で個人塾を開き、子供たちのために指導していきたいと考えている方々のサポートを充実させていきます。

たとえば、LFLで一緒に活動して12年(目安)を一区切りで卒業とし、その後、独立開業資金1千万円をお貸しし、5年返済、売り上げの10%バック、などです(数字は参考。目的意識の高い意欲ある方であればLFLと協力関係のもと、子供たちの能力育成のために指導を続けていきます)。

大学1年生の18歳からLFLで活動をはじめれば、開業資金の援助付きで30歳に独立できます。







子供たちへの指導力を磨くには、先生自身の飛躍が何よりも欠かせないので、それらも全面アックアップしていきたいというのがLFLです。

よく勘違いされる方がいますが、教科そのものの力と指導そのものの力は別ものなので、指導そのものをLFLで学んでいってほしいと思ってます。





と…
話がブレタ…(^^;)


ブログ上に書いてあるものを引用する場合には、上記の規定を守ってくださいね!よろしくお願いします。



ついでに・・・
ネット上でのリンクはフリーですので、自由にリンクされて構いません(^^)/

相互リンクをご希望であれば、できる限り対応しますので、ご連絡をいただけば幸いです。


ではでは!











posted by yuichi_saito at 03:35| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。