☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2008年12月17日

360度評価システムを構築したい

あらゆる可能性を試みたい。

360度評価.jpg

業界変革を行うには、あらゆる可能性を試みていく必要がある。



360度評価は私にはちょっとハイレベルすぎるかもしれないけど、いろんな要素を取り入れて、お互いが成長できるような仕組みを設計していかなくちゃ(^^)/



家庭教師の世界への導入は、誰もやってないと思うんだけど、だからこそ挑戦する必要がある。


家庭教師版の360度評価システム。




一般的に、人は放置されてたら、成長しなくなります。
どんどんラクな方向へ行ってしまうものでしょ。



だからこそ、良質なフィードバックが必要になわけであって、このフィードバックによって成長を促すことができるようになる。



もともと子どもたちの学力低下の問題の背景には、教師の指導力不足の問題が潜んでいて、これはもっとつっこむと教師へのフィードバックシステムの欠如から来てます。


学校・塾・予備校・家庭教師とそれぞれの機関がいろんな試みをしているのかもしれないけど、もっともっというと、このフィードバックの欠如っぷりで史上最悪にひどいのが、この家庭教師業界です


これには、業界独特の指導形態などが潜んでたりもするんだけど、それはもうとっくに昔の時代です。

派遣システムが出来上がった50年前?にはまだ無理だったとしても今なら可能ですよ。


この問題解決のための土台は、インターネットの登場で、私はすでにできあがっていると思ってます。家庭教師というどうしても難しかった物理的距離空間をカバーできるようになってますので(^^)


現在の問題点は、それをどうにかしようと考える人がいなさすぎるのが問題…(というか問題として認識してないのが問題でしょ)


だからこそ、フィードバックシステムの構築がこの業界の明暗を分けることになると思っていて、私は何が何でも完成させたいと思ってます。

まだまだテストケースになっていて、本格的なものではないんだけど、さらなる挑戦は続きます。




現時点でも、LFLでは他がやっていない色々なフィードバックシステムを実施していて、ある東大生には「無給でもいいくらいですよ」とお話をもらえるくらいの学習環境が整ってたりはするけど、私はまだまだ全然ダメだと思ってるんだよね…(^^;)

大学院のフィードバックっぷりに比べたら、比べ物にならないもん…
(というか、やっぱり凄まじい勢いで成長できるようにフィードバックを徹底してる先生がすごすぎるよ)






こうやってブログ上に書くのも、どんどん同じ問題意識を持ってくれる人があらわれてほしいと願って書いてます。


1人、1人と増えていけば、業界そのものが変革していくのも時間の問題になります。




p.s.
最近、本を買うときは同じテーマについて、最低2冊以上を合わせて買うように意識してます。

1冊はミーハー系の本。もう1冊は学術系の本。


受験でも同じだと思うけど、同じテーマについて、感覚的に書いた軽い読みやすい本と、理論的に書いた固い本を同時に読むことで、より理解が深まりますよね



学習するときの大事な考え方として、よくわからない解説とかがあれば、別の参考書で調べてみることってやっぱり大事です。

1冊を軸にはするかもだけどそれに頼りすぎず、わからなければ適宜他のものも参照ししながら学習しましょー(^^)/


あと1ヶ月でセンターだけど、センターの過去問でわからないところがあれば躊躇せずに他の出版社から出ているものも参照してみてね!






今日も優しい応援クリックを(> <)/
人気ブログランキーーーーング☆
人気ブログランキーーーーング☆
人気ブログランキーーーーング☆










posted by yuichi_saito at 00:46| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ