☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2009年06月16日

人間は時として誤った類推をする。もしくは誤った類推をされる。

悲しいかな、人間は時として誤った類推をする。もしくは誤った類推をされる。


そして何を基準として類推するのか?というと、自分の知ってる部分においてそれを判断し、自分の知らない未知の世界でもそうであろうと勝手に想像し、類推してしまうことで誤る…


判断可能領域と判断不可能領域.bmp


自分の判断可能領域を基準として、判断不可能領域を勝手に類推してしまうことは、日常茶飯事に起きている出来事で、私が気をつけていることのひとつです。


これはほんとに厄介です…(^^;)


子どもたちへの教育でも上記の現象が起きまくってます。

親が子どもを自分の見える範囲内で評価したことを、そのまま自分の見えない範囲においても、そうであろう…と勝手に判断してしまう誤りです。。。


もちろんある程度はその傾向はあるのかもしれないけど…




なんだか、たまに複雑な気持ちになるときがあります。

今日は独り言でした…









posted by yuichi_saito at 09:30| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。