☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2010年02月16日

帰納と演繹 〜速さと強さ〜

帰納的に物事を見ていくことも大事なことです。


数学だったら「数学的帰納法」なんていう証明法を高校生で習うけど、通常の生活や仕事においても、過去の事例から予測して、今後も成り立つであろうことを見極めていきます。

でも、帰納の難しいところは、たとえ99個の例で成り立つことがわかったとしても、100個目もそうであるかどうかはわからない…ということです。

「過去の99個の例からこういうことが言えるよね」

「確かに、99個はそうだけど100個目がそうであると言えるのはなぜ?」

なんてことが世の中、沢山あります。


だから、演繹的に導いていくことも求められるんだけど、演繹的に導いていくのは、時間がかかります。



帰納的にみて、素早い意思決定を重視して、弱いロジックで進めていくのか、それとも演繹的にみて、遅い意思決定だけど、強いロジックで進めていくのか。


どちらが良いのか、その場・その場に応じた判断が大事。



って、文章にするとあっけないけど、現場はこんな簡単じゃないから。。。



複雑に絡みあう条件下で進めていくのってホント大変!



そんなことをひしひしと感じる日々です。





p.s.
あっ、全然話が違いますが、今日からLFLもネット広告をがっつり出し始めました。


あるキーワードでなのですが…

yahoo検索で年間2,000万インプレッションって相当の検索数だよな(^^;)
↑2,000万回検索されるようなキーワードです。

たくさんの人に、LFLの存在を知ってもらえたらいいな。


そして、私たちがやろうとしていることに共感して頂ける方に、精一杯の応援をしていきたいと思ってますよ(^^)/

ではでは、これからもよろしくお願いします☆




posted by yuichi_saito at 10:50| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。