☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2010年03月12日

情景を言語化する / 日常会話を数式化する

最近、個人的に流行ってることを2つ。

もし興味があれば、みんなもやってみませんか?



◎情景を言語化する
目に飛び込んできたことやその時の場面を言語化することを意識的に行ってます。

「今、この情景を言葉にするなら?」
「この映像のこの部分を切り取って言語にするなら?」
「この距離感覚を言葉で表現するなら?」
「このなんとも言えない形を言葉で表現するなら?」

なんてやってます(^^;)



◎日常会話を数式化する
数学の問題として出題された文章を数式化するのではなく、日常会話を数式化することをしてます。

だいたい数学の文章題は、数学の問題用に条件整理がされていて、数式化しやすいんだけど、日常で使う数学を使う場合は、条件設定から自分で考えないとダメですからね…

↑数学が使えないと言われてしまうゆえんです。


日常会話とか、日常目に触れる言葉を数式で表現しようとすると結構難しいです。

「今の会話を数式化すると?」
「この説明文を数式化すると?」
「このパンフレットにあることは数式化できるか?」

とか、どうでしょうか…(^^;)





先日、大学院の先生にご挨拶に行ったらこんなお話を頂きました。

「加速は2次関数以上だ。1次関数ではない」
「2次関数と指数関数の違いを問うと難しいが、せめて2次関数以上と1次関数くらいの違いがないと、加速とは言えない」


博士課程の方のドクター論文の発表会で上記のツッコミを入れたそうです。

おもわず、なるほど…と感動しました(^^)/

↑こういうので感動するのがやっぱり数学好きだからでしょうか…。身近に役立つ数学、大好きです。







ということで、というわけじゃないけど…


◎情景を言語化する

◎日常会話を数式化する


私も訓練していきたいと思います(^^)/




posted by yuichi_saito at 10:12| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。