☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2010年03月15日

◎重視すると軽視する

よく色んな文章を読んでいると次の文言を目にします。

「重視しましょう」

それと比べて、逆の文言はあまり目にしないような気がします。

「軽視しましょう」


重視すると軽視するは、反対の意味を持つ語だし、同じくらいの比率で登場してもよいような気もするんだけど、重視する…ということのほうが多いのはなぜだろう??




・何を大事にするのか?
ということが大切なのであって、
・何を大事にしないのか?
ということはそれに比べて大切ではないのかもしれません。。。



先生が

「ポイントはここです!」

と言うことはあっても、

「ポイントはここではありません!」

と言うことはあんまりない(よく間違えるところとかはよく言うけど)。


子どもたちに要点を探す訓練はさせるのに、要点じゃないところを探す訓練はさせないよね。。。





なんだか、ちょっとそんなことが気になりました。


みんなも気になったことありませんか???







posted by yuichi_saito at 17:10| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ