☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2010年04月29日

抽象的表現と一意性

いつからか抽象表現に要注意するようになりました。

たぶん大学院からかな?


抽象的な表現って、色んな解釈を可能とするんだよね。

だから、勝手に解釈をしてしまわないように、より正確に受け取るように、注意するようになった。


だから私はよく「わからない」…ということを言います。

抽象的な表現だと受け取り方が異なるわけだから、わからないわけで、だからわからない…と。


ユニークに一意的に定まるものであればわかるけど、一意的でない可能性を含むものは何を言っているのかわからないです。

1対1対応ならいいけど、1対2とか1対3とか1対Nの関係になるんだったら何を指してるかわからないからね…


自分で勝手な解釈をしてしまうのであれば、たぶんこういうことなんだろう…と思えるからわかるけど、でもそれってやっぱり勝手でしょ?

だからわからないと言ってあげることはより慎重に相手のことをわかろうとしている証拠じゃないかと思うんだ。


「わかるよ」
とか、適当に流す癖のある人いるけど、私の場合は印象がすっごい悪いんだよね(^^;)

「何がわかるんだ?」
と思っちゃう。

まあ、明示されてないわけだから、当たり前っちゃ当たり前かもだけど…


⇒⇒ぽちっと!お願いします☆












posted by yuichi_saito at 14:30| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ