☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2010年07月07日

はじめからそういう子ではありません!

やる気の話はネタが尽きませんよね…(^^;)

昨日は、やる気をテストするための一つの方法をご紹介してみましたが、さっそくやってみた方いらっしゃいますか?


最近、私が担当している生徒さんが以前にもまして物凄くやる気があります。


以前は塾で蕁麻疹が出てしまうほどに、嫌いだったのですが(相当の塾嫌いになっています)、今ではとってもやる気があります。


「数検受けたいです」
「Z会の難しい問題やりたい!」
「数学オリンピックに出たい」

と言ってるんですよね(^^;)


実際に、数検は自分で申しこんで受けてきました。

そして数学オリンピック(学内のですが)も自分から申し込んで受けてます。そのための補習も自分から受けました。


Z会は私のほうで留めて(フィードバックのスピードは遅いので)、その代わりに偏差値70前後の子たちが使う問題集を選んできて、
「この中から自分のやりたい問題やっておいで」
と自由なゆるい宿題の出し方を採用して、出してます。


宿題のチェックのときに・・・
「えっ?なんでこれ選んだの?」
と聞いたら、
「だって先生が一番むずかしい高校だって言ってたから」
とわざわざ灘高校の入試問題を選んでやってきたりしてます…。


こんなことを言うと、
「はじめからそういう子なんでしょ?」
と思われるかもしれません。


最初に断っておきますが、全く違います。


塾の授業がいやでいやで蕁麻疹が出て、半ばドクターストップ?がかかるようなくらいまで嫌いになった子です。

でもこんな子でも上手にやる気を引き出すことはできるんですよ(^^)



どうやってやったかって???





テクニック的なお話はいくらでもあります。

それがプロだからね。


LFLの先生とはどんどん情報共有してます。


詳しいことはまた明日で〜♪




あっ、でもやっぱりやめようかな…

気分次第にしましょうか。。。(^^;)









posted by yuichi_saito at 16:42| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。