☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2010年07月25日

まるで自分自身で気がついたかのように思っていることが、実は過去に誰かから言われていることだった・・・

たまにこんなことがある。

「そうか!○○だ」
「○○って、△△さんの言ってたことだった」

表面上だけを捉えれば、これだけでオシマイなんだけど、ちょっと違うように思えることがあるんですよ。


まるで自分自身で気がついたかのように思っていることが、実は過去に誰かから言われていることだった・・・のではないか、と。




もうちょっと細かく書いてみますね。

まず、最初は言われていたことが頭の中にずっとあるんだと思うんだ。最初はそのことが頭の中にあるから、その人から言われていることとして明確に意識されてると思うのね。

で、それがだんだんと明確に意識されない状態になっていって、いつのまにか忘れ去られたかのような状態になってる。


かなり多くの事柄が忘れ去られたかのような状態の世界へ入り込んでいくと思うんだよね。






で・・・


何かの拍子にまるで自分自身が考えだしたかのようにそれが生み出された際に、こんなことがおきる。

「○○って、△△さんの言ってたことだった」






もともと○○って、△△さんの言ってたことなのです。

その誰かから言われたことそのものが忘れ去られて、まるで自分が考えたかのようになって、あとから△△さんから言われたことだったとまるであと押しされるかのように後付けのようになってる。。。


う〜ん。


うまく伝わるかな(^^;)


最近、自分自身でそんな現象が起きたような気がしてて、自己分析中です。




まだうまく言えなくて、ダメダメなんだけど、もうちょっと明確になったらまた書きますね!



教育にも十分に応用できるはずだから。


今日はちょっと中途半端だな。。。


ではでは(^^)/









posted by yuichi_saito at 13:06| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。