☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2010年08月25日

◎自分事をまるで他人事のように思う子どもたち

現場で子どもたちとお話していると、ある傾向があることに気付く。

自分の成績とか進学のことなのに、どうにも他人事のように思ってる節が見受けられて…(^^;)


基本的には、人間は、他人のことよりも自分のことのほうをよく考える傾向にあると思うんだけど、自分事をまるで他人事のようにとらえてるせいなのか、全然真剣身がないのね。。。

「あ〜、はいぃぃ。」
「どっちでも・・・」

とか、大事な場面なのにこっちが拍子抜けしてしまう。。。

照れ隠しならいいんだけど、そういう場面になりえないときですらそうだから(^^;)



カウンセリングしてるときに…
「おいおいっ」
って、つい突っ込みを入れたくなっちゃったりするんだけど、これってなんでこんな現象が起きてるのか未だによくわからなくて。。。



今のところ思うのは、これをすぐに解決するのって難しくて、小さいころからの積み重ねしていかなきゃだよなって思うんだ。


たぶんだけど、まるで他人事のように思ってる子は、自分のことを親の意志で意思決定され続けたのが原因なんじゃないかと思って

今までずっとそれが習慣になってしまっているから、大事なことを決めるときにも自分事ではなくて他人事のようになってしまうのかもしれない。



◎自分で決める

ってすごく大事なことだと思うんだ。


誰かに言われたからそうするのではなくて、自分で考えて自分で決めてきっちり自分で責任を持ってもらう…ということを小さい頃から積み重ねていくことで、自主性だったり責任感が養われていくと思うんだけど、それが親が子どもに変わって意思決定をし続けたために、自分で決められなくなってるのかなって。

だから進路決定をする大事な意志決定場面になっても、自分で決められないという現象が起きてるような気がするんだ。


本来は、もっと小さなそんなに大事でない場面のときから、意志決定を本人に訓練をさせとかないと、いざ大事なときになったときに意志決定できなくなっちゃいます


だから、大人の目からみて失敗しそうだなと思うことであっても、子どもの意志を尊重して、失敗させてあげるべきだと思うんだよ。もちろん、その失敗したあとのフォローは大人がしっかりしないとです。

そうしないと、たとえば、
「どうせ自分はダメなんだ」
とか、その失敗をヘンな解釈でもって、子どもが理解しちゃう可能性があるのから。

そもそも失敗することはダメなことでも何でもないです。むしろ大事なことはそこから何を学ぶのかが大事であって、特にその失敗に対するフォローの善し悪しによって子どもが何を学ぶかが異なるので、その部分については大人がガッチリ入っていかなきゃです


大人のほうが、子どもよりも色々なことを見聞きしているし、経験も豊富だから、より適切な判断だったり意思決定できるのは当り前です。だからといって、子どもに本来させるべき部分を大人がしてしまったら、その経験ができず学ぶ機会を子どもが失ってしまって、子どもがより無能な子に育ってしまう。

だから、失敗してしまうとわかっていてもそれは子どもの意志を尊重すべきじゃないかと。大人はその分フォローを充実させれば大丈夫だと思うんだけどな。



そうすることによって、自分事をまるで他人事のように思うなんてことはなくなると思うんだ。

自分のことは自分で決めてきたわけだし…(^^)




今日はちょいと書きなぐり気味だけど。。。


何かの参考になったらうれしいです。


特に小さい子をお持ちの保護者の方とか、10年以内に親になるであろう学生さんとか、そういう方々の参考になってもらえたら。

(ちなみに、私が学生さんに教育について考えてほしい…思ってるのは、彼らはまだ子どもを授かっていないからです。子どもへの教育は教育学を専門に学んだ人だけの話じゃすまないから、特に教育とは無縁のことを専門に学んだ学生さんに教育について考えてほしいと思ってます。そうすれば、ある種の負のスパイラルが切れるはず。だからこそ、私は塾だったり家庭教師を運営していたりします。動機はもちろんこれだけじゃないですが、これも大事な動機のひとつです。)


そんなこんなで、LFLは教育命でがんばってます(^^)

ではでは、がんばろー!






















posted by yuichi_saito at 13:08| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。