☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2011年02月23日

保険証を子どもに投げつける親

ごめん・・・

またこういう事例を聞いてしまった。。。

保険証を子どもに投げつける親って、どんな親だよ。


こういう事例を聞けば聞くほどに、親になる資格なんてないだろって思ってしまうのは私だけでしょうか。。。




このブログでも何度も書いてることで、このブログの読者さんならそんなことありえないと思うけど、そもそも「教育」って教育に関して専門的な教育を受けた人だけが関わるものじゃないのね。

大学の教育学部卒だけが、教育を行うわけじゃないから。

中卒だろうが、高卒だろうが、大卒だろうが、大学院卒だろうが、そんなの全く関係ないし、工学部だって、理学部だって、文学部だって、社会学部だって、服飾系だろうが、なんだろうが教育について一切考えたことのない人もほとんど全員(少なくとも子どもを授かった人全員)が「教育」を子どもに施すことになる。

だから、こういう過ちが起きやすくなるんだと思えてしかたないんだよ。



自分の親から受けた教育や学校の先生から受けた教育や会社で受けた教育がすべてじゃないんだけど、人間は自分が経験したことをベースに物事を考えてしまう傾向にあるから、それらをベースに自分の子どもにも教育を施してしまう。。。

でも常識的に考えて、その行為がありえないなら、考え直してほしいとつくづく思ってしまうんだよ。


誤って子どもの手の平が切れて、保険証を子どもに投げつける親がどこにいるんだっつーの。

しかも、まだ幼稚園生だぞ。



本当にありえない。


はぁ・・・


親になるのに、何かの免許が必要になるわけじゃないけど、クルマみたいに免許制度とかにしたらこういうの減るのかな。。。もちろん更新が必要とかで(^^;)



この話を聞いてたら、そんなことすら思ってしまいました。。。









posted by yuichi_saito at 16:46| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。