☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2011年05月31日

「過去の延長線上で未来を考えるのではなくて、もっと自由に未来を考えて大丈夫ですよ。」

昨日、お母さまにお話したこと。

玄関先でだけど・・・


「過去の延長線上で未来を考えるのではなくて、もっと自由に未来を考えて大丈夫ですよ。」

「それも本人次第です」


まだ高校1年生なんだから。


本人がそう望めばそうなるけど、そう望まないならそれも難しいです。



人って過去の自分にとらわれたりすることがよくあると思うんだ。


お母さんはそれこそお腹のときにいるときからずっと自分の子どもと接してるわけだから、子どもの過去の記憶がたくさあるぶん、過去からの発想で未来を考えてしまいがちなんですよね。


でも、過去と未来は切り分けて考えてもいいと思うんだ。


今、自分がどんな状況だっていいじゃない。

今がどうこう、というよりもどんな未来でいたいのかをどれだけ鮮明に描けるのか、というほうがよっぽど重要だと思う。


その未来像を鮮明に描ける人ほど、それに向かってドンドン突き進んでいけるように思うからさ。


未来を描くってカンタンに言うけど、そう簡単なことじゃないのはわかってる。

でもだからこそ何度も何度も何度も考え続けることが大事だよね。



「過去の延長線上で未来があるわけじゃない。」

「なりたい未来があるからそうなるのだ。」


私はそう思います。


あなたはどう思いますか?






posted by yuichi_saito at 15:18| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。