☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2011年06月01日

余計なことを書いて間違える後悔と、書くべきことを書かないで間違える後悔とどっちがいい?

書く後悔と書かない後悔。


テストのときってはっきりとは覚えてはないけど、

「たぶん・・・こうかな」

って思うときありますよね。


そんなときあなたはどうしてますか?どうしてましたか?


今日、生徒さんとそんなお話をしてきました。


「○○ちゃんは、余計なことを書いて間違える後悔と、書くべきことを書かないで間違える後悔とどっちがいい?」

その子はキッパリ!

「余計なことを書いて間違えたほうがいい」

と即答。


私はこの点についてはどっちを良しとして考えてるわけではないです。

ただどちらでいくのか自分なりにしっかり基準をもっていることは大切だと思っています。


だから、どっちでいくのか白黒つけさせるために上記の質問をして考えさせましたよ。



上記は数学の記述問題についての話ではあるのですが、私もうる覚えのことも書いて間違えるほうが書かないで間違えるよりはいいかな?なんて思って書くことにしています。


あっ。

ちなみに、一般論ではありますが、記号問題を筆頭に白紙よりは当然書いてあったほうがよいですよ。

当たる可能性を捨てちゃダメですから。



今日は、そんな生徒さんとのやり取りのひとコマをご紹介しました!








posted by yuichi_saito at 00:23| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。