☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2006年10月23日

もう…

いつも思う。
なんでこうギリギリ(一般的には遅すぎ)の状態で依頼が来るんだろう…。

私は「神」でも何でもないのですよ。
1ヶ月で成績を上げることがどれほど危険な行為か分かってほしい。。。教師、生徒共々瀕死状態になるんですから…。下手すりゃ、信頼関係築けずに即終了する可能性すらあるんですよ??

はぁ…。でもやらなきゃ、希望が叶わないからな。。。やりますよ。もちろんうやりますけど…。

あぁ〜、でも2ヶ月あれば素直な子でかつ定期テストレベルであればまず飛躍的な伸びが期待できるのにな(LDの子や会話の受け答えができない子は除く)。



私の限界ラインなのかもしれない…

だいたい最近パターンが見えてきました。
「素直な子」「会話ができる」「学年でも下から一ケタ」
という3つの条件が整っていると…

指導開始2ヶ月→平均点
指導開始4ヶ月〜6ヶ月→クラストップレベル
指導開始7ヶ月〜12ヶ月→卒業
こんな感じかな。



私の指導の場合、
○あとは自分で勉強できるだろう…
○私でなくとも大丈夫になった…

という場合、『卒業』という形で私は指導から外れています。その子にずっとついていたい気持ちもありますが、私を必要としている大勢の子のことを考えるとどうしても一人の子のためにずっと指導し続けるのはナンセンスだと考えています。

また、指導料も高いので、経済的負担を考えた場合、目的を達成したら、さっさと退陣するのがベターだと思ってます。



昨日、面談してきました。
これまた究極的に追い込まれている状況でした。
うん…
がんばります。


それと、現在私が担当している数名の子をグループのメンバーに引き継いでもらう準備をしてます。あとは優秀な彼らに任せたいと思ってますので(^^)


私は一番最初の一番難しい立ち上げのプロとして、頑張りますよ。(家庭教師としてはね)







posted by yuichi_saito at 13:41| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。