☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2012年04月05日

自立型塾で依存体質に!?⇒"代替案"を考えること

昨日はまた新しいご家庭でお話を伺ってきましたよ。


教育観って本当おもしろいですね!


・・・私は保護者の方々と、

お話するのが妙なツボ?になってます。笑。


「なるほど〜。そういう考え方なのね」

と思うことが多いです。


もちろん目標設定をどうするのか・・・

にもよりますが、私自身の考え方とは別に、

他の考え方を出したりすることもよくあります。


強制的にこう考えろ・・・

なんてもちろんないですよ。


大事なことは"代替案"を考えることです。

そうじゃないとそもそもその案自体の良さもわからないからです。


ただ・・・

考えることができない場合も多いです。


普段からお子さんと接していると、

近視眼的になりすぎたりすることも多いですから。


だったら誰か、別の誰かに、

考え出してもらうことも大事かなと。

↑私がその役割を担うこともあります。



こういう案もあるし、そういう案もある・・・

と"複数案"があるなかでどうするのかが大事ですから^^

そうしないとより客観的な視点で考えてることにならないです。



◆今週末もまた別のご家庭にお伺いしてきます。

今回はお父様からお問い合わせをいただきました。


ご家庭のタイプ分類方法はいろいろあると思いますが、

↑というかする必要性もないのかもしれませんが。

大きな軸として、ひとつあげるとすれば、

お父様の教育への関心度でひとつ区分けできそうです。


お父様が積極的にお子さんの教育に関われば、

より多面的にお子さんの状況を把握することが可能です。

それこそよりたくさんの代替案が出てくる・・・ということです^^


◆また下記メッセージをいただきました。

うれしいです。

ありがとうございます!


-----------------------------------------------------
はじめまして。

メルマガいつも楽しみにしております。

このような熱意のある先生に教えてもらえたなら

大手進学塾に長時間通わなくてもよいのに・・・

といつも思っています。

よろしくお願いします。
-----------------------------------------------------

長時間通う・・・ケースって多いですよね。


場合によっては、

宿題まですべて塾でやらせる・・・

なんて塾もよくあります。


先日も問い合わせいただきました、

あるお母様とこんな会話をしました。


「先生と一緒にいるときは勉強するんですよ」

「だから先生を探してるんです」


・塾にいるときは勉強する

・先生といるときは勉強する

というケースですね。


これは後々、、、

大問題に発展する可能性があります。


これでよいと思っているケースもあるのですが、

これではいつまでたっても、

・塾離れ

・先生離れ

ができません。


塾依存症とでもいうのでしょうか。


依存体質ができあがってしまう可能性があります。


塾サイドはそれで全然よいです。繁盛しますから。

でも、このままでは一向に自立しません。


「うちは自立型の塾です。」

と、うたいながらも、実際は・・・

依存体質を育てているんじゃないかと思える塾も。。。



これでは塾に行かないと、

学習できない人になってしまいます。


もちろんそういう人に育てたいなら別です。


でも普通はそうじゃないはずです。


自立した人に、自分でやれる人に、

育てていきたいと思うのが親心ですよ。

↑と私は思ってます。


だから本来は塾依存にならないように仕向けていく必要があります。

先生依存にならないようにも仕向けていくことが求められます。

このあたりのバランスはとても大事かなと思います。



ということで、、、

今日はちょっと書きすぎました。。。

ワンポイントだけにしようと心がけてるつもりなのですが^^;

ネット上ですからね。。。


どこか一文でも参考になれたらうれしいです。


ではではー!

今日はこの辺で。

また次回お会いしましょう^^

齋藤裕一





■もうすぐ1万人に!ブログではちょっと書きにくいこともメルマガでは書いてます。■


●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 14:46| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。