☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2012年04月23日

メルマガ1万名超えました。ご相談いただいてます。転記。

今日は読者の方からのメッセージをご紹介しますね。

海外在住のお父様からです。


----------------------------------------------------------------

いつもメルマガをよむたび、

大変共感させて頂く部分が多いとともに、

教育に対する熱意に非常に感心させて頂いております。


とある外国で、息子を日本人学校に通わせています。


現在小学6年ですが、日本人学校の規模が非常に小さく

中学からは日本の中学(東京)に通わせようと考えています。


公立ではなく、中堅の私立中高一貫校を考えていますが、

こちらで得られる東京の受験情報も限られていますし、

日本人学校では教育課程以上の教育は全く期待できません。


親が教えるしかないのですが、

4教科のおすすめな参考書、問題集や勉強方法等ありましたら

ご教授いただけませんでしょうか。 

よろしくお願い致します。

----------------------------------------------------------------


ありがとうございます。

最近は海外からのメッセージも増えてきました。


メルマガという媒体の影響もあるのでしょうか。。。


私にはよくわからないのですが、

海外で活躍される日本人も確実に増えてますもんね。


また逆に海外からの日本への留学生も確実に増えてます。


正式な数字はちゃんと調べないとわかりませんが、

生活実感として、コンビニなどの接客業のアルバイトの方を見てると、

海外の方(特に中国人や韓国人の方?)がやたら目につくようになりました。


「ここもか・・・」

「こっちもかぁ・・・」

と最近びっくりしています。



『10年後に食える仕事、食えない仕事』

という本が流行しましたが、、、


この現象がすでに身近に起きてると実感してます。


私も子どもたちを預かる身として、

この本は目を通させていただきましたよ。

http://goo.gl/YqBfA



これからの時代は、

日本人にできる付加価値を出せないと、

将来は本当にない・・・ですね^^;


著者の方の言う、、、

"重力の世界"

に引っ張られていくのだと思います。

↑誰にでもできる仕事は人件費の安い国の標準まで下がるだろう、とのこと。


・・・そう思うと益々子どもたちへの教育が大事になるとしか思えないです。




さてさて。

話が少しそれてしまいました。


問題集や勉強方法について回答しますね。


まず結論から申し上げると・・・


申し訳ないのですが、

この場でお伝えすることはできません。


というのも、個々人によって違いすぎるからです。


これは先日、出版社の方とのお打ち合わせでも出てきたのですが、、、


抽象的なアドバイスはできます。

でも抽象的なアドバイスをしたとしても、

実際に実行レベルまで落とし込みができないと思います。

(そういうケースが多いです)


もちろん具体的なアドバイスもできます。

でも具体的すぎるアドバイスをしたとしても、

現状を伺ってないので的外れになる可能性もあります。


子どもたちがありえないほどの、

無駄が多すぎる学習をしているのは、

このあたりをはき違えているように思うことが多いです。


数学の公式だって同じです。

使える条件を間違えたら何の役にも立ちません。

勉強方法もそうで、使う場面を間違えたら役に立ちませんから、



確実にその子にあったものをご提案したいので、、、

結局、総合的にカウンセリング(有料)をさせていただいた上で、

その子にあったものを提案させていただいているのが現状です。


無料で・・・

とのことであれば、ネット上で公開しているものもありますよ。

こちらは無料です。


●LFLコラム・ノウハウ

こちらには50本程度一般公開してあります。

http://www.lfl.jp/know/index.html


●ガイドブック

「花火チェック法」というひとつの手法についてです。

こちらはひとつについて深く書いたものです。

2万字程度にまとめたものを無料配布しています。

http://www.lfl.jp/service/guidebook.html


●ブログ

過去に3000記事近く書いてます。

その中に勉強法についても触れてます。

http://educationalgroup.seesaa.net/


●ツイッター

ブログ記事を300ほどに集約して情報発信しています。

https://twitter.com/#!/yuichi_saito

こちらは自動でつぶやいてます。

気になるものがあればチェックしてみてください。



上記はすべて無料公開してるものです。

そちらの中からご自身で参考になるものを抽出いただく・・・

というのが私にできることのひとつです。



他には、有料にはなりますが、各分野における、

プロフェッショナルの方の教材を参考にされるのもよいと思います。


■中学受験なら⇒ http://goo.gl/kvMUW

■高校受験なら⇒ http://goo.gl/3jRPB

■大学受験なら⇒ http://goo.gl/TqRGZ

■資格試験なら⇒ http://goo.gl/tjcOE

■東大記憶法!⇒ http://goo.gl/BcvA8

■数字10万ケタ暗記法!⇒ http://goo.gl/PRkqi


通常、このクラスの方々は、

セミナーに参加すると格安でも1万円〜3万円はかかります。


私も先日、渋谷で行われた東大記憶法の、

吉永先生のセミナーに3万円ほど出して参加してきました。

■東大記憶法!⇒ http://goo.gl/BcvA8


ただセミナーですと1回参加して終わり・・・です。


DVDなら何度でも繰り返し聞けます。


その中からお子さんにあわせて、

カスタマイズされるのもよろしいかと思います。



本当にお子さんにあったものを・・・

となるとカウンセリングが必要になります。

もうそれは避けられないと思います。



また、その方法を自分で取り組めればよいのですが、、、


その方法論でしっかりと学習体制を作りたい・・・

となると今度は定期的なサポートが必要になります。


マンツーマンでの指導です。



もしそこまでのサポートが必要とのご判断でしたら、

ご相談をお受けしますのでいつでもお気軽にご相談くださいませ。

http://www.lfl.jp/contact/index.html



私にできることはこのくらいなのですが、、、

すみません。



今週もがんばっていきましょう!




ではではー!

今日はこの辺で。

また次回お会いしましょう^^

齋藤裕一



■1万人超えました!ブログではちょっと書きにくいこともメルマガでは書いてます。■


●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 15:54| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。