☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2013年04月20日

子どものことを誰に相談するのか? ⇒ ここを間違えなければ半分は解決!

先日、連日・連載で

公開アドバイスをさせていただきました。


一連のやり取りはブログでも公開しています!


●よい勉強方法を見つけるコツを教えます
http://educationalgroup.seesaa.net/article/355842593.html

●反抗期のときの親の声掛け手法
http://educationalgroup.seesaa.net/article/355992200.html



で、最終的には・・・

ご家庭ごとに状況に違いがありすぎるので、

「個別にご相談してくださいね。」

というアドバイスになりました。

こうならざるを得ないと思います。


結局、個別具体的な話は個別相談のほうが的確です。


ネット上はあくまでも

一般向けの共通テーマを扱うしかないのです。


その理由としては、

・お子さんやご家庭の情報量が少なすぎること、

・共通テーマでないと皆さんに興味を持っていただけないこと

などがあげられると思います。


たぶん単なるノウハウ提供なら、

1000個以上は可能だと思います。



実際に私のブログ上には、

2005年2月から換算して、

約3000記事のストックがあります。

約8年に渡ってノウハウを書き続けました。



こちらの中から解決策を見つけ出すのもアリです。


だけど、結局ほとんどの方が挫折してしまいます。



数学の問題を解くときにも、

「どの公式を使うのか?」

を考えることは大事です。


"適切な状況"で"適切な公式"を使わなければ答えにたどり着きません。


ノウハウも一緒です。

ノウハウは数学の公式のようなものです。

"適切なお子さんの状況"にあわせて"適切なノウハウ"を使う必要があります。


だから、

「あなたもこれをすれば成績があがる!」

なんて具体的なことは本来言えないです。

「あなたにはこれを」

「あなたにはこっちを」

「あなたにはこっちとそれを・・・」

という話になります。


実際に個別に現状をご相談いただいた上で、

ノウハウを提案したり実施することで初めて解決に向かいます。


成績不振なら、成績向上するでしょう。

やる気がないなら、やる気アップにつながるでしょう。

受験対策なら、合格するでしょう。

勉強習慣がないなら、勉強する習慣がつくでしょう。

赤点なら、赤点回避できるでしょう。

勉強嫌いなら、勉強好きになるでしょう。

親子関係が悪いなら、親子関係が改善するでしょう。


だってそれがLFL( http://www.lfl.jp/ )の存在価値ですもん。


仕事として、プロフェッショナルとして、指導させていただいています。

そこを達成できないのなら、そもそもの存在価値はないですよね・・・。


相談相手の選定はとても大事です。

「誰に相談するのか?」

さえ間違わなければ半分は解決されたも同然。

実力のない人にどれだけ相談しても解決しません。




先日、公開アドバイスをさせていただきました

お母様からまたメッセージをいただいています!


ありがとうございます^^


------------------( こ こ か ら )----------------------

度々のご回答ありがとうございます。
先生の熱意ある真摯で温かいご返答に感激しております。

それに対して『どうしよう…』と思うばかりで
全く行動に移せていない自分に気づきました。
とりあえず、子供と真剣に話し合いをしてみようと思います。
(出来るか不明ですが。)

それから又ご連絡差し上げたいと思います。

毎日のメルマガに励まされております。ありがとうございます。
どうぞこれからも悩める親の道標となられますよう、お願い申し上げます。

------------------( こ こ ま で )----------------------


メッセージありがとうございました。

--------------------------------------------------------
>とりあえず、子供と真剣に話し合いをしてみようと思います。
--------------------------------------------------------

前に一歩進めたようで何よりです!

お母様の行動を後押しできただけでも、

十分に価値を提供できたのではないかと思います。


この話は以前も触れたのですが、私は基本は、

●根本的な解決に至らないアドバイスは無価値

だと思ってます。


だからテキトーに言うことはしたくないわけです。

常に本気です。


そもそも相当に悩まれてるからプロに相談するわけです。

そんな方に、テキトーなことは言えないですよ。。。


ただ、情報不足の中でも

たまに公開アドバイスをしているのは、

●根本的な解決に至らなくても行動の後押しになることはある

という考えが一方ではあるからです。


私からのアドバイスが解決の

「キッカケになる」

ということですね。


昔は、キッカケを与える…

って全く好きじゃありませんでした。

だって無責任のように思えることが多いんだもん。

それと実力がない人が言うセリフにしか思えないってのもあります。


ただ最近は立ち往生している方には、

私がキッカケになることも大事なんだなと思い直してます。

*キッカケになるばかりで根本的な解決に至らないのはよくないと思ってます。



今、お子さんが反抗期とのこと。

反抗期もどれくらい?という程度問題があります。

程度によってはアプローチを変える必要があります。



私が以前出くわした一番厳しい状況のご家庭だと、

子どもがエアガンを買ってきてお母様に向かって・・・

ということはありました。



うーん。実話です。


それでも本人と2時間お話しして、

「一緒に勉強したい!」

と本人から言うようになりましたよ。


お母様はビックリ仰天されてましたが。。。



ひとつずつがんばりましょーね!


ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

「誰に相談するのか?」を間違えないようにしよう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■2万人超えました!ブログではちょっと書きにくいこともメルマガでは書いてます。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 23:32| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ