☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2013年08月09日

効率よく合格するには?

今日は、LFL( http://www.lfl.jp/ )の打ち合わせ・研修です。

4時間ぶっ続けでディスカッションしてきます。


がんばりますー^^



さてさて。

効率よく合格するには?シリーズです。

連載にするつもりはなかったのですが・・・^^;


今日は効率を考えるときに大事な視点をお話しますね。



これは一度コラムとしても書いたことですが、

大事な考え方なので何度でもご紹介していきます。


効率性を重視しようとすると、すぐに

「どうやったらいいのか?」

ばかりに考えが及んでしまう子がいます。


これはよろしくありません。


一番効率のいい方法は、

●やらないこと

です。

やっていることをさらにスピードアップするよりも、

そもそもやっていることをやめるほうが遥かに早いです。


3時間かかることを効率よくして2時間に。

3時間かかることをやらなければ0時間に。


やらないことこそが最も効率性を高める要因になります。


だから、やり方を考える前に考えることがあります。

そもそも、これをやるのか?やらないのか?という視点です。


効率よく合格したいと考えているのなら、

今やっていることそのものを疑う必要があります。


そのままで時間短縮すれば合格するのでしょうか?

・これってムダじゃない?

とか、

・そもそもやらなくていいんじゃない?

ということはありませんか。



スピードアップをすることばかりにとらわれていませんか。

スピードアップよりもそれの存在価値を考えることが先です。


これは合格戦略立案にはとても大切な視点です。

「何をやるのか?」

その対象を間違えてしまうと、

どんなにやり方を考えても取り返しがつきません。


やり方を考える前に、

何をやるのか?何をやめるのか?

を考える必要があります。


やるべきことを適切に決めた上で、

やり方を考えていくのが正しい手順です。



LFLはこういったアドバイスもしています^^

お子さんごとに違う状況なわけです。

当然にやることが変わるのは当たり前ですね。


「何をしたらいいのか?」

も一緒に考えてます。

お気軽にご相談いただけたらと思います。


・・・下記は関連コラムです。

●何をやめて、何をやるのか?
http://www.lfl.jp/know/colum313.html



ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

一番効率がよいのは、やらないこと。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数3万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 14:21| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ