☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2013年08月29日

学習しなければ、何歳になっても今のまま

勉強法を教わりたい子に。

特に、スタート時は少人数なのでお得感が強いです。

お子さんの勉強のやり方を改善します!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


昨日、今日といろいろなことがありました。

●異業種の方々との勉強会

⇒・・・20歳代のときは

 異業種の方の勉強会は参加してきませんでした。

 でも私も30歳。

 新しい視点を学習すべく、

 異業種の方々が参加する勉強会に出るように心がけてます。

 私は・・・教育業界しか知らない人間です

 それでも職業の話をするためになるべく多くの職種について

 勉強してきたつもりですが、さらにインプットを続けますね。


 「将来、何したいの?」

 子どもたちへのこの問いかけは私にとっては永遠のフレーズ。

 その何・・・を明確にさせるためにも、異業種の方から学びます。



●新しいご家庭での面談・体験がありました。

⇒毎度、いろいろなアドバイスをさせていただいてます。

 ネット上では到底書けないようなことももちろんあるんですよ。

 だからお会いした方にだけお伝えしている情報もあります。

 昨日のお母様は、メルマガの読者さんとのこと。

 とってもうれしいです。ありがとうございます!


 ここでひとつシェアすると・・・

 「学習しなければ、何歳になっても今のままなんだよ」

 ということかな。

 大学4年生でも、0.1時間を10分と即答することも。

 大学院生でも、掛け算九九が怪しいことだってあります。

 よく言われる、分数のできない大学生、って本当に存在します。

 1/2+1/3=2/5 と本気で答えるわけです。


 今できなくてもいつかできるようになる、とか。

 高校生になれば、自主的に勉強するようになる、とか。

 そんなことはありません。

 それは親の勝手な都合のよい解釈でしかないわけです。

 今、学習しなければ・・・、です。

 何歳になってもそのまま年を取ります。

 私も叔母は字が書けません。自分の名前が書けません。

 10歳から働きはじめていてまともに小学校も通ってないです。

 そんな叔母の口癖は・・・

 「学校にちゃんと通いたかった」

 と。

 高齢であまり先も長くない人生。

 人生を通じて学び続けることが大切だと思うんですよ。

 学ばなければ人はそのまま一生涯を終えることになると思うんですよ。


 LFLの理念が、

 ・Learning For Life

 なのは、この考え方から来ています。

 「人生のための学びである。」

 というメッセージをこれからも強く発信し続けて行きます。


 テストのための勉強はほんの一瞬にすぎません。

 もっともっと視点を大きくとらえてみてほしいと思ってますよ。




この勉強法オープン教室では、

そんな話もできたらいいなーと思ってます。

興味があればぜひ。

ご参加お待ちしていますね。


●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html





ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

学習しなければ、何歳になっても今のまま

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数3万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 14:11| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ