☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2007年04月06日

はじめて家庭教師を利用する方は断りたい。

はじめて家庭教師を利用する方は断りたい…


これが私のホンネです。
私の基本的なコンセプトとしては、他の家庭教師センターや個人で家庭教師をお願いしていた方で、結果がでない方を対象にした家庭教師グループでありたいと思っています。

理由は簡単です。
どんな状態の子であっても成績を伸ばすことができる自信があるからです。





なんだかこうやって率直に書くと偉そうにみえますが、これがホンネです。それだけ自信持ってます。



私のグループでは、大きくわけると…
・家庭教師間の情報共有システム
・協調学習に基づく評価研修
を取り入れてます。

詳しいことを書くと、同じ業界の方にパクられるので書きませんが、これらによって、「家庭教師」という孤立した個人を「家庭教師グループ」という団体としてつなげてます。


一人の生徒を「家庭教師」という一人の人間が担当するのではなく、一人の生徒を「家庭教師グループ」という複数の人間の集まりで担当しているイメージで捉えてもらえるとよいかもしれません。





なぜこんなことをするかって?


何でもそうですが、どうしても一人では思考に偏りがでます。その偏った思考に基づいた指導方法では、その子に適した指導を施すことが難しくなってしまいます。

もしかしたら、うまくその方の思考でその子の成績を伸ばせることもあるかもしれませんが、それは運がよかっただけではないでしょうか。

大切なことは、確率の問題でより多くの思考を持っている方であれば、その子に適した思考を用いて、指導をし、それだけ成績を伸ばすことが容易になります。つまり、思考を多く持っている方ほど、成功確率がどんどん高まります。



では、思考を沢山吸収していくにはどうするかですが…
一人で考えても、所詮は偏った思考である以上は、他の方の思考を取り入れるべきです。そうするとそのためのシステムが必要になります…




…従来の家庭教師センターと私のグループのイメージ図を書いてみました。以下のようになります。(クリックしてください)
slide1.jpg

slide2.jpg
(即席なので、こんなんですいません。他の表現方法も考えます。)



うまく伝わるかどうかはわかりませんが、家庭教師間の繋がりによって自分以外の思考を取り入れることが容易になります。




学校や塾では教師間の繋がりがあって当然ですが(ないところも多々ありますが)、家庭教師は孤独に成りがちです。それらをシステムを利用することで、可能にしました。

・お互いに刺激を与え合う
・思考を共有しあう


少しでも子供たちの成績向上に繋がるように、システムを改良し続けます。





posted by yuichi_saito at 01:42| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ