☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2007年04月10日

制約条件

制約条件のもとでどれだけのパフォーマンスを発揮することができるか…

私はこれが大切だと思う。


塾や予備校、家庭教師などで色んな子を見てきて思うことに、それぞれがそれぞれなりの制約条件下のもとで勉強をしているんだな…というのがあります。


本当に勉強だけに固執できる環境の子って意外と少ないのではないだろうか。仮に、もし悩みが勉強のことだけであれば、むしろその子はとても幸せなことかもしれない…。最近は、そう感じるようになってます。。。




ひとえに制約条件と言っても色々あります。具体的すぎると特定の子を指すことにもなりかねないので、私の場合をちょっと書いてみますね…


ブログでも何度か書いていますが、私の家庭は基本的に教育費にお金をかけない家庭です。(というか教育費を払えない家庭といったほうが正確?)

中学時代は塾に通わせてもらっていましたが、高校生になってからは何度頭を下げても通わせてもらえませんでした。

高校1年生の当時、お世話になった数学教師があまりにもひどくて、私としてはこんなんじゃどこにも大学行けないと切実に感じて何百回もお願いしましたが、ダメでした…。結局あまりの私のしつこさに、私の親は私に通帳まで見せて、家庭の経済状況を事細かに説明し、納得させる始末でした…

経済状況も分かっていましたが、どうしてもどうしても分かってほしくて私は家出する始末でした…(笑)その結果、高校3年生の1年間だけ行かせてもらえる約束をすることができました。。。


当然ですが、その1年間は必死に勉強しましたよ。できるだけ先生を使って、支払っている金額の2倍、3倍、4倍それ以上利用していたと思います。当時、学校の先生は全く信用できなかったので、予備校の先生と頭の切れる友人だけが頼りでした。

私にとっては、金銭面での制約条件が本当に大きかったです。



もちろん金銭面での制約条件は今でも続いています。
大学院に合格した際も、
「大学院に行くのはいいけど、自分でお金払ってね」
ですので…


院の費用や一人暮らしの費用を工面しながら、やることは並大抵の制約条件ではありませんよ。

よく「奨学金借りないの?」と聞かれたりもしますが、奨学金って要は借金です。私は絶対に借金をしたくない派なので、そんなことはできないです。

しかも、私は将来的に安定した大企業に就職するわけではないですし、塾や家庭教師といった不安定な職種を目指す以上は、そんな借金なんてしてる場合ではありませんよ…



金銭面に関することが私の主な制約条件ですかね…
一時は予備校や塾に通うことができる子が本当にうらやましかったです。うらやましくて、うらやましくて仕方なかったですよ。


でも、今はもう全くそんなことないな…
親は選べないですし、どの家庭に生まれるかなんて子供には選べないですからね…。周りの子をうらやましがっても何も変わりませんよ。。。


大切なことは、与えられた環境でいかにして自分の希望を叶えることができるか…です。こっちのほうがよっぽど大切じゃないですか!!



制約条件が厳しければ厳しいほどやりがいもありますし、成功したときの達成感もあります。


ある意味では、こうやって厳しい制約条件を課されることを楽しむことができるようになったのも、これまでの自分の歴史が物語ってるのかな??



勉強方法に関する勉強や試験の点数を取るための勉強を繰り返してきたのも、ひとえに安易に塾や予備校に頼らなかったお陰でもありますし…


人生どこで繋がるかわからないものです。
制約条件が厳しい子たちは、それが自分にとって結局プラスになるんだと思って、勉強に取り組んでほしい…


応援してます(^^)






p.s.
数学教師のひどさに関しては、今でもはっきり覚えてますよ…。

高校1年生のときの証明問題か何かを解いていたときのことです。私は私なりに考えて、先生とは違った解答を書きました。

そこで先生に
「これでも大丈夫ですか?」
と聞いたら、その先生は…
「ボクは考えたことないからわかりません」



私は唖然としました。
別に即答で返事を期待していたわけではありません。

授業中だったこともあるし、考えたことがないならないで、後日返事をもらっても良かったのに…


その教師は私の解答を全く考察もせずに、去っていきました。


本当に愕然としました。
失望しました…






まあ、私自身がこういった体験もあるためか、私はできるだけ生徒が自分で考え、書いた解答を大切にしています。解答集にあるような典型的なものを押し付けるのではなく、本人自らが汗と涙で書いた答案を大切にしてます。

だって、典型的解答を丸暗記したものよりも、こっちのほうがよっぽど価値あるものじゃないですか。


たとえ間違っていても、自分なりに果敢にアタックしたその姿勢を評価してあげたい…いつもそう思ってます。



posted by yuichi_saito at 01:23| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。