☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2014年01月08日

勉強のペースメーカーになります。

勉強法を学習させたい方はぜひ!

本業プロ家庭教師らが徹底サポートします。

次回1月12日(日)18時〜21時です。

ご予約お待ちしてます!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

⇒ http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日はオープン教室の話を少し。


オープン教室を運営しはじめてから3か月。

オープン教室は通常のプロ家庭教師による、

完全マンツーマン指導のスタイルではありません。


今のところオープン教室は1対3が中心です。

まれに1対2になるときもありますし、1対4になることも。


で、やってみて思ったのですが、

1対3じゃとてもじゃないですが全員の成績をあげられないです。

お子さんの基礎学力がどのくらいあるのかにもよりますが、、、

やっぱり手取り足取りは無理ですね。


昔、学生時代に有名な塾フランチャイズの○○義塾で1対3やりました。

システムの限界を感じて私は1日でやめました。


あれじゃ、通ってる子どもたちがかわいそうです。


その後、数年経って・・・

○○義塾から何人もLFLへ引き継ぎを経験してますが、

保護者の方は成績アップを求めてるのになぜこの塾を選ぶ???

と思ってしまうケースがほとんど。



週1回90分で1対3。

ってことは個別指導は週1回30分だけですよ。


それだけで学校の授業をフォローできるわけないです。

しかも、○○義塾に通う子どもたちは学力の底辺層が多い。


そうすると、、、ただ椅子に座ってるだけの状態になります。


普段、私は完全マンツーマンでやってます。

だからお子さんが椅子に座ってるだけの状態になることはないです。

たくさんの質問を投げかけて考えさせますから。


だから、スタートしたばかりだと、

「疲れたようで終わったらすぐ寝てしまいました」

と保護者の方がよくおっしゃいます。

逆に言うと、普段どれだけ頭を使ってないかがわかります。



で。

オープン教室で1対3くらいでやってみて久しぶりに思い出しました。


ただ、ぼーっとしてる子がいるぞ。。。


先生と一緒にやらないと何もしないわけです。


このメルマガを読んでる読者さんのなかに、

お子さんが1対3の個別指導塾に通っている方いますか。

お子さんはやる気十分でしょうか。


もしやる気十分でないのならたぶんお金をドブに捨ててます。


「塾に通ってるから安心」

と考えて文字通り安心したいだけならよいとは思いますが、

たぶん本当に安心を買っているだけであとで大変な状態になります。


私は何度もそういう状態を目にしてます。。。


そんなことを言いながらも、

私のオープン教室は1対3〜4名です。

このオープン教室はいろんな目的で使っていて、

●マンツーマン指導+オープン教室

と組み合わせて指導しているお子さんも多いです。


1回3時間を長めに時間設定してます。

・ひとり一人に英語と数学の時間を確保すること

・3時間くらい休みなしで勉強する習慣付けをしてほしいこと

・勉強時間を自宅で確保できない子に

が主な理由です。


スポーツジムと似てるかもしれません。

月額固定額で運営してて来れるときだけ来てもらってます。


原則として、勉強方法の指導を中心にしてるので、

やる気あるお子さんなら十分に価値ある時間になります。


勉強内容ももちろん指導していますが、

勉強内容をガッツリやろうとすると時間が足りません。

勉強のペースメーカーとして機能させようと思ってますよ。


プロ家庭教師によるマンツーマンが一番効果が出ますが、

そこまで必要ない子とか家の事情で難しいお子さんらに対して、

ペースメーカー的な存在として接してます。


だから宿題をガンガン出してます。笑。

宿題を出せばやれる子は結構多いですから。。。



うーん。


今日はこういう話をしようと思ったんじゃないのに。

いつのまにかこんなお話になってました。笑。


また、明日、先日の出来事を報告したいと思います。





ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



追伸:

お子さんの「勉強」でお困りでしたら

私齋藤までお気軽にご相談いただけたらと思います。

▼ご相談はこちらから。
http://www.lfl.jp/contact/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

勉強のペースメーカーになります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数3万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告





posted by yuichi_saito at 14:10| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。