☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2007年04月25日

指導方略

ちょっと掲載。


■23日(月)の指導について
(1)持ち物
(2)指導内容および指導方法の概略
(3)テスト形式での指導
(4)類推的な思考力を鍛える指導、
  数学における繋がりを意識した指導


(1)について。
前回、教科書・問題集・ノートを用意しておりませんでしたが、今回は用意をして
ありました。ただ用意と言っても、○○くんが指導開始する直前に「あっやべ…」と
言っていましたので、もしかするとあまり意識して持ち帰っていなかったのかもしれ
ません。その後自分のバックを探った結果、きちんとあったので良かったですが、
少々心配しました。

(2)について
まず教科書、問題集を確認しました。中2のときに使用していたものと同じもので
した。

今後、この教科書と問題集を使用して以下の流れで指導をしてきたいと思います。

[1]学校よりも先取りで教科書を用いて指導し
[2]教科書で間違えた問題に関してはチェックを入れる
[3]宿題としてチェックの入った問題および問題集から出題
[4]次回の指導の際に、間違いなおしおよび確認テスト
[5]定期試験前にチェックの入った問題の解きなおし

前回の試験の際と同様に、先取り型の指導を採用します。これは○○くんは学校の
授業だけでは理解ができないことが多いからです。私と一緒に先に内容を学習してお
けば、学校の授業で「わかる」「できる」体験が可能かと思います。自信にも繋がっ
ていくはずですので、引き続きこの戦略で行きたいと思います。

また、さっそくですがこの戦略の効果が出てきたようです。今回の指導の一番最初
に、○○くんが自分から「テストしてみっ!!」と言ってくれました。また「一時だけ
αにあがるかも」「俺、神だから」と自信満々な様子もみせてくれました。これは、
学校の宿題で出された問題でできないものがほとんどなかったことから来ているよう
です。自信を持って取り組んでくれていることにうれしく思います。○○くんには、
こういった体験が必要です。今後も、自信をつけられるように指導していきたいと思
います。


(3)について。
教科書を使用して、復習+α程度の内容を指導しました。今回は主に「展開」にな
りますが、教科書の問題は9割方できているので、テストを意識して時間制限付きで
指導しています。計算問題はまずは正確性を重視して指導し、その後、時間制限を設
けるのがベストです。「正確に」かつ「早く」解けるように訓練したいと思います。

また間違えた問題については、私のほうから正解をいきなり提示するのではなく、
間違いを発見させています。
自分で自分の答案をみて、間違いを発見できるようにな
れば、実際の試験の際にも発見できるようになります。こちらもあわせて訓練してい
きます。


(4)について。
数学を教える上で大切なことは、以前に学習した内容との関連付けです。はじめて
みる問題であっても、今まで学習した内容から類推してみて解けるのではないか?と
考え、実行することができるかどうかが大切です。
○○くんは数学の各単元を別々の内容として捉える印象があるので、できる限り以
前の内容と絡めて教えています。 
本日の指導でも、見たことのない問題に対して「ちょっとやってみる」と自分から
挑戦し、正解まで自力で導く場面が見受けられました。その後、「で、どうしたら
もっと簡単にできるの?」と聞いてきてくれました。
私のいつも導入方法に慣れてき
たようで、うれしく思います。これも指導効果がでてきているかなと思います。








指導のポイントは2点。
1、間違えていてもすぐに正答を教えず、間違いを探させる。
2、既習事項だけで解いてみるように本人に促す。


1について。
正答を教えられることに慣れすぎると、自分で間違いを発見する力が養えません。また、すぐに教えてしまうと、教えてもらうことが当たり前だ…と子供たちが学習してしまいます。

大切なことは人に教えてもらえることを学習させるのではなく、自分で間違いを発見するんだ…ということを学習させるべきです。ですので、たとえば計算問題10問中1問間違えているのであれば、それをすぐに教えるのではなく、それを発見するように促します。

具体的な教師の発言としては…
「間違ってるよ」
という情報提示で十分です。

余計な情報を与えすぎて、生徒の考える機会を喪失させてはいけません。数学を通して頭を使う(考える)機会を増やすことを目的にする指導であれば、情報量の過剰は大問題です…


当然ですが、上記のような教師の発言だけでは発見に至らない場合もあります。(これだけで発見できないからこそ教育が必要なのですから…)

じゃあ、みなさんならどう対応しますか??


答えさっさと教えちゃいちゃいますか?
(それで子供たちは何を学習するんでしょう?)





う〜ん…
上記の場合の対処法は内緒で〜す。
グループのみんなには情報提供しますが…

一応、私のほうで定式化していますので(^^)








2について。






すいません。
また今度にしますね…








ちょっと課題終わらない(^^;)

posted by yuichi_saito at 02:01| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ