☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2007年05月11日

誠実さは文字だけの世界でも伝わる

とある本を読んでいたら、面白い研究内容を発見しました。

簡単に概略を書いてみますね。


これは性格の認知における研究になります。
人の性格って、几帳面な人とか明るい人とか、いくつかのカテゴリーに分類することができますが、以下のA〜Dの方法で分類することを考えます。


まず、AとBです。
A:自分自身を自己分析する
B:性格診断テストをする

上記2つの方法でのカテゴリー分けは一致するらしいです。


まあ、極力同じようになるように研究開発してるわけなので当たり前ですかね…



で、今度は上記のAのように、自分自身を自己分析してカテゴリーにわけるのではなくて、
C:対面にいる他人に自分自身のことを分析してもらう
ことを考えます。

そうすると、この場合もBとCのカテゴリー分けは比較的一致するらしいです…



まぁ、ここまでは想像通りかもしれません…


この研究はここで終わりではありませんよ。
ここからがスゴイです。


ここからさらに発展させて、今度は
D:チャット上で他人に自分自身のことを分析してもらう
ことを考えます。

対面にいる状態で分析してもらうのではなく、相手の顔や手振り身振り、表情などがわからない文字情報だけのチャットで相手の性格診断をしてカテゴリーに分けてみます。


そうするとどうなると思いますか?











これが…ほとんど一致しないそうです。
文字だけの情報から相手がどんな性格の人なのかを予測することが困難ということを物語っている研究成果かもしれません…

この本には、この結果の解釈として、「インターネットという書き言葉だけの世界では相手を騙しやすいことなどの今日的な問題の裏づけとなる研究だろう」とされていました…


はい。
怖いですね…



でも、唯一この研究の中で例外のカテゴリーがあったそうですよ。誰でも推測できて、ほとんど一致する性格があるらしいです…



それが…


誠実さや良心という性格です。





文字だけの世界であっても、この2つの性格は相手に伝わるみたい(^^)

なんだかうれしいですよね。
文字だけだとそんなに伝わらないのかって悲観してしまうような研究成果じゃなくて良かった…。




う〜ん。
この研究面白いわ。

きっとさらに発展させて色々やってるんだろうなぁ〜。この続きを知りたい今日この頃です…


















posted by yuichi_saito at 00:30| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。